これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

社内会議・共有

本社会議を動画配信。意思決定がスピーディーに

E社(電機関係メーカー)

E社は、国内外に営業所や工場を持つ大手メーカーです。

これまでは、本社で定期的におこなわれる経営幹部会議で決まった内容について、文書などで営業所や工場に知らせていました。しかし、会社の規模が大きくなったこともあり、会議で決まった内容が迅速かつ正確に伝わらない点が課題となっていました。

そこで動画配信システムを用いて、国内外の営業所や工場に会議の内容をリアルタイムで伝えることにしました。

文書とは違い、動画は経営幹部の表情や話のニュアンスなども伝わります。離れた場所にいる営業所や工場の視聴者は、あたかも自分が会議に参加しているような臨場感が味わえます。

また、文書だけでは正確に伝わらなかった点や相違点なども減り、課題となっていた経営幹部の意思決定をスピーディーに現場へ伝えるという目的が、動画配信システムによって達成できるようになりました。

全社への情報共有に動画配信システムを活用

F社(大手家電メーカー)

F社では、定期的にマスメディア向けの定例記者会見を開いています。記者会見が終わると、さらに詳しい内容を知りたいメディアや顧客から問い合わせがあるのですが、それに対応する関連部署が記者会見での細かなやり取りを把握しきれていなかったため、回答できないことも多々ありました。

場合によっては、せっかくのビジネスチャンスを失うことになるかもしれません。

そこで、記者会見の様子をリアルタイムで閲覧できるよう、動画配信システムを導入。各地の関連部署では、これを見て対応するようにさせたことで、メディアや顧客から問い合わせにもスムーズにおこなえるようになりました。

また、配信した動画を録画もできるため、後日問い合わせがあった場合でも、録画した内容を確認しながら対応することで、より正確な情報を伝えることにも貢献しています。

なお録画した内容は、リアルタイムで見られかった担当社員も閲覧できることも、導入メリットのひとつになりました。

社内会議に使える動画配信システム

動画配信システムとは、主にインターネット回線を用いて、一般のお客様や社員向けにさまざまな動画コンテンツを配信できるサービスです。動画配信システムを利用している企業は、例えば全国に支店を持つ大企業やフランチャイズ展開している店舗、大学や専門学校など、いろいろな業種・業界のビジネスで活用されています。それでは今注目の社内会議に適している動画配信システムをご紹介していきましょう!

クラストリーム

社内会議での上席の声を社員に生で伝えるライブ配信が可能。チャット/コメント機能もありますので、会議中にリアルタイムで質問対応をすることもできます。さらに誰がどの動画をいつ何回再生したのかなど視聴履歴や課金状況のチェック、購入履歴なども分かり、管理もしやすくなります。

初期費用は無料、月額費用も30,000円~と、とても安価にはじめられるところも魅力です。

セキュリティ対策も万全で動画はストリーミング方式の配信、暗号化も備わっており、いずれも基本プラン内に入っています。スマートフォンで撮影した映像を即座に配信可能なので、事例をもっている社員に3分話してもらった映像を、すぐに全国に配信するスピード感も頼もしい動画配信システムです。

Jストリーム

年間800社、10,000案件の動画配信に関わっていて、大企業から大学・予備校、個人ユーザーまで、幅広いサービスを展開しています。これだけ多くの動画配信に関われるのは、高い品質を保つ技術力があるからです。

動画配信に関する技術を長年積み重ねてきた一方で、最新技術を常に導入し続けています。Jストリームでは、企画段階から納品後のサポートまでを専任のチームが担当する体制になっています。動画配信に関するさまざまな課題や疑問に、プロが的確にアドバイス。動画配信システムの有効な活用ができるようバックアップしてくれます。

また会議での双方向コミュニケーション実現、PCとネットワークだけで簡単・手軽にWeb会議を開催できます。OSの制約もないためWindowsやMacはもちろん、iOSやAndroidからの参加も可能です。

ビアプラッツ

システムにかかわる機器類はもちろん、ネットワーク回線や拠点間のLANを含め、すべてNTTグループが提供。

また、重要な会議などの際に「つながらない」といったトラブルを防ぐため、予備の回線も用意。さらに、確実な動画配信システムでデータセンターの安定した通信基盤と高いセキュリティを提供してくれます。

社内研修で動画配信システムを活用した後に、社員がどれだけ理解できたかを把握するためのテストやアンケートができる機能も、このほか閲覧者の視聴時間や、誰が閲覧していないかといったユーザー管理も簡単に把握できる管理者機能が充実しています。

社長挨拶や幹部会議での利用、大規模ライブ配信を利用することで全国の支店や営業所に向けてトップの意思伝達や情報共有を行うことが可能。

MOOGA

配信する動画にテロップを入れて、音声だけでは伝わりにくい内容の補足や、英語・中国語などのテロップを入れることで、海外の方にも閲覧できる動画配信にも役立ちます。

見せたい動画をまとめて登録できる動画配信リストを作れるほか、配信リストごとにグループを管理できる機能が搭載され、社員の属性に応じた情報を配信することなどが可能になります。

全国各地に店舗を持つ「株式会社丸井グループ」では「MOOGA」の動画配信システムを社内月例の会議や講演会などの動画配信に利用しています。シンプルな機能と、簡単な操作性が動画配信システム「MOOGA」の大きな魅力です。

誰でも分かりやすいシステムだから、初めて動画配信システムを利用する企業にも非常にお勧めです。

会議で動画配信を導入するメリットまとめ

業務がスピーディーになる

動画配信システム導入で人件費率の低下を防ぐことが可能です。

社内会議での決定事項など文書のみで伝えていたことによって起こっていた、受けて側の取違えや誤解など、仕事の滞りの原因ともなります。そこで動画配信システムを導入したところ、経営幹部の細かな表情や話の内容がニュアンスでも分かり、上席の意思決定もスピーディーに伝わりやすくなります。

また録画機能で録画した内容をリアルタイムで見ることが出来なかった担当社員も、空いている時間にどこからでも閲覧することができるのでライブを見逃してしまっても安心です。

タイムリーに情報を共有できる

国内外の営業所や工場に社内会議の内容をリアルタイムに伝えることができるので自身が会議に参加しているような臨場感を味わえます。

そして動画配信システムで視聴をしているので、まさに視聴している全ての人が同じ情報を「今」共有できるので文書での伝達とはスピード感が違います。

また会見の後の問い合わせなどにも動画配信ならスムーズに対応。

会見の様子を後から閲覧することで細かなやり取りも把握することができるので、問い合わせの為に割いていた時間を大幅にカットすることができます。今まで取りこぼしていたかも知れない問い合わせを時間の有効活用で、ビジネスチャンスにつなげましょう。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

ミルヴィ

システム専用サポートセンター完備!トラブル時はいつでも相談可能

初期費用:
100,000
月額費用:
50,000円~

公式HPで詳細をチェック

クラストリーム

お得な費用と丁寧なサポートが好評!暗号化配信でセキュリティも万全

初期費用:
無料
月額費用:
30,000円~

公式HPで詳細をチェック

MOOGA

動画へテロップ挿入できちゃう!編集機能が充実したサービス

初期費用:
50,000
月額費用:
49,800円~

公式HPで詳細をチェック