これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

社内会議・共有

本社会議を動画配信。意思決定がスピーディーに

E社(電機関係メーカー)

E社は、国内外に営業所や工場を持つ大手メーカーです。

これまでは、本社で定期的におこなわれる経営幹部会議で決まった内容について、文書などで営業所や工場に知らせていました。しかし、会社の規模が大きくなったこともあり、会議で決まった内容が迅速かつ正確に伝わらない点が課題となっていました。

そこで動画配信システムを用いて、国内外の営業所や工場に会議の内容をリアルタイムで伝えることにしました。

文書とは違い、動画は経営幹部の表情や話のニュアンスなども伝わります。離れた場所にいる営業所や工場の視聴者は、あたかも自分が会議に参加しているような臨場感が味わえます。

また、文書だけでは正確に伝わらなかった点や相違点なども減り、課題となっていた経営幹部の意思決定をスピーディーに現場へ伝えるという目的が、動画配信システムによって達成できるようになりました。

全社への情報共有に動画配信システムを活用

F社(大手家電メーカー)

F社では、定期的にマスメディア向けの定例記者会見を開いています。記者会見が終わると、さらに詳しい内容を知りたいメディアや顧客から問い合わせがあるのですが、それに対応する関連部署が記者会見での細かなやり取りを把握しきれていなかったため、回答できないことも多々ありました。

場合によっては、せっかくのビジネスチャンスを失うことになるかもしれません。

そこで、記者会見の様子をリアルタイムで閲覧できるよう、動画配信システムを導入。各地の関連部署では、これを見て対応するようにさせたことで、メディアや顧客から問い合わせにもスムーズにおこなえるようになりました。

また、配信した動画を録画もできるため、後日問い合わせがあった場合でも、録画した内容を確認しながら対応することで、より正確な情報を伝えることにも貢献しています。

なお録画した内容は、リアルタイムで見られかった担当社員も閲覧できることも、導入メリットのひとつになりました。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

ミルヴィ

システム専用サポートセンター完備!トラブル時はいつでも相談可能

初期費用:
100,000
月額費用:
50,000円~

公式HPで詳細をチェック

クラストリーム

お得な費用と丁寧なサポートが好評!暗号化配信でセキュリティも万全

初期費用:
無料
月額費用:
30,000円~

公式HPで詳細をチェック

MOOGA

動画へテロップ挿入できちゃう!編集機能が充実したサービス

初期費用:
50,000
月額費用:
49,800円~

公式HPで詳細をチェック