これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

社内研修

動画配信システムを使った研修で求心力をアップ!

C社(IT関連企業)

C社では、動画配信システムを用いた社員研修の実施を検討していました。目的は、社員研修を多く開催することで会社の求心力を高めるためです。

できるだけ経費をかけないようにするため、当初は無料で使える動画配信サイトの利用も検討しました。

しかし、セキュリティの点から有料でも法人向けの動画配信システムを使うべきとの声があり、後者の方を導入しました。法人向けの動画配信システムだと、ログインIDやパスワードを持っている人しか閲覧できないしくみです。

導入後、さまざまな点で効果が現れました。研修内容を録画しておけば、社員は時間があるときにどこからでもアクセスして研修内容を閲覧できます。このため、いちいち場所を確保する必要もなくなりましたし、中途社員が入社するたびに研修を開催するといった手間も省け、経費の削減にもつながりました。

また閲覧履歴も把握できるので、研修を受けていない社員が誰なのかも把握しやすくなりました。

このように社員研修の省力化により、今まで以上に研修の機会を設けることができるようになりました。

動画配信による研修で人的コストを大幅削減!

D社(大手商社)

社内効率化の一環で、現在活用している営業管理ツールを改善することになったD社。対象となる営業社員は2,000人をこえ、しかも全国に散らばっています。

このレクチャーのために、担当者がいちいち回っていては効率化の意味がありません。

そこで、動画配信による研修を決めました。

導入効果として真っ先に現れたのが、人的コストの大幅削減です。研修担当者の準備や場所の確保といった手間が省けたのはもちろん、営業社員もスケジュールの空いた時間にパソコンやタブレットで研修内容を閲覧できるので、時間を有効活用できます。

また、文書や口で説明するよりも、映像で見せた方が理解しやすいという一面もあります。おかげで、新しい営業管理ツールの導入も、これまで以上にスムーズにスタートできました。

なおD社では、今後は外部向けのプロモーションに動画配信システムを活用できないか模索しているようです。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

ミルヴィ

システム専用サポートセンター完備!トラブル時はいつでも相談可能

初期費用:
100,000
月額費用:
50,000円~

公式HPで詳細をチェック

クラストリーム

お得な費用と丁寧なサポートが好評!暗号化配信でセキュリティも万全

初期費用:
無料
月額費用:
30,000円~

公式HPで詳細をチェック

MOOGA

動画へテロップ挿入できちゃう!編集機能が充実したサービス

初期費用:
50,000
月額費用:
49,800円~

公式HPで詳細をチェック