これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

Jストリーム

動画配信の評判が高い「Jストリーム」

Jストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:Jストリーム公式HP(https://www.stream.co.jp/)

動画配信システムを探している方なら、Jストリームという会社名を、一度や二度は聞いたことがあるでしょう。1997年に世界初のストリーミング専業サービスプロバイダーとして設立したのがJストリーム。年間800社、10,000案件の動画配信に関わっていて、大企業から大学・予備校、個人ユーザーにまで、幅広いサービスを展開しています。

各社からの評判も良く、動画配信業界をけん引するパイオニア的な存在といっても過言ではありません。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
△(オプション) 50~1,000GB ストリーミング

費用

  J-Stream Equipmedia
初期費用 50,000円
月額費用 100,000円

※Web会議などライブ配信サービスは、要問い合わせ

「Jストリーム」3つのおすすめポイント

動画配信システム市場でシェアNo.1

Jストリームの動画配信システムを利用する企業は、およそ800社。アカウント数は1,200件以上で、年間10,000案件もの動画配信に携わっています。これだけ多くの動画配信に関われるのは、高い品質を保つ技術力があるから。動画配信に関する技術やノウハウを長年積み重ねてきた一方で、最新技術を常に導入し続けています。

世界的なスポーツイベントや、テレビ局のネット配信などにも携わり、映像のプロからみてもJストリームの評判は上々です。

さまざまな用途に対応できる充実機能

動画配信で必要な機能が幅広いこともJストリームの特徴です。例えば、メイン商材である「J-Stream Equipmedia」の場合、ID・パスワードによる認証や課金機能はもちろん、動画広告サービスやeラーニングシステムにも活用できるなど、さまざまな利用シーンに使える動画配信システムを構築できます。

サポート体制も評判

技術力はもちろんですが、豊富な実績と経験から生み出されたサポート体制がしっかりしている点もJストリームのウリでしょう。Jストリームでは、企画段階から納品後のサポートまでを専任のチームが担当する体制になっています。

動画配信に関するさまざまな課題や疑問に、動画配信のプロが的確にアドバイス。有効な活用ができるようバックアップしてくれます。

こんなサービスにおすすめ

3つのおすすめポイントからわかる通り、Jストリームは信頼性の高い動画配信システムです。ここで気になるのが、「どのようなサービスに活用できるか」ではないでしょうか。Jストリームは次のサービスなどにオススメです。

最初におすすめなのがLIVE配信を行うサービスです。具体的には、イベントのLIVE配信や講演会のLIVE配信などにJストリームを活用することが出来ます。LIVE配信に必要となるのが、ネットワークのキャパシティとLIVE配信に欠かせない専門的な知識・経験です。Jストリームは、十分なネットワークのキャパシティと専門的な知識・経験を有するスタッフをそろえています。また、不特定多数に向けた配信から視聴者を限定した配信まで対応しています。ニーズにあわせて質の高いLIVE配信を行えるので、JストリームはLIVE配信サービスにおすすめです。

SNSキャンペーンやメディアの露出などで、一時的にアクセスが集中する場合の動画配信にもJストリームは最適です。Jストリームは、大容量・大規模配信で培った技術により、予測されているアクセスの集中から突発的なアクセスの集中まで柔軟に対応し安定した配信を実現します。安定した配信は、顧客満足度やコンバージョン率の向上につながります。

そのほかでは、コンテンツの収益化を目指したいときにも活用できます。収益化モデルは課金モデルと広告収入モデルに分かれますが、Jストリームはどちらにも対応可能です。あるいは、動画を使った商品紹介やプロモーションなども対応できます。動画を収益に結び付けたいときもJストリームを活用できます。

導入事例

外国為替・外貨保証金取引業

Jストリームを導入した企業のひとつが、外国為替・外貨保証金取引などを展開している会社の事例。同社は、投資家へ情報提供する手段としてWebセミナーを活用していました。これまで利用してきたWebセミナー配信システムの問題点は、強制的に広告が表示されて回避にコストがかかること。この問題点を解決するためJ-Stream Equipmediaを導入しました。サービス導入後、高画質のWebセミナーを広告表示なしで配信することに成功しています。これにより、視聴中の離脱率が低下するとともに視聴者の満足度が高まっています。

化粧品・栄養補助食品の開発・製造・販売業

化粧品・栄養補助食品の開発・製造・販売などを行う会社の事例。オンラインプロモーションの一環としてLINEを活用した施策を実施しました。施策開始から1年ほど経過したところで友だち申請が大きく増加。LINE経由のアクセスによりオンラインショップがダウンしてしまう懸念が生まれました。この対策として導入したのがJストリームのCDNextです。CDNextは、安定した動画配信を実現しているCDNを手ごろな価格で導入できるサービス。同社のオンラインショップの動作は、LINE友だち登録数1,500万人を超えても安定しています。

CG・映像クリエイター向けの総合雑誌出版業

CG・映像クリエイター向けの総合雑誌を出版している会社の事例。新事業のひとつとして、同ターゲット向けに日本語動画チュートリアル販売サイトをオープンしました。Jストリームは、Webサイトの構築から動画の販売・配信のシステムまで必要な機能を提供しています。株式会社ボーンデジタルがJストリームを採用する決め手となったのがシステム拡張性の高さ。単に、動画販売サイトを構築するだけでなく、希望するサービスをうまく組み合わせられる点と今後のサービス拡張に対応できる点が評価されました。日本語動画チュートリアル販売サイトは、ユーザーから「求められていたサービス」などの評価を獲得しています。

テレビショッピングECサイト業

テレビショッピングECサイトの運営を行っている会社の事例。販促施策のひとつとして、J-Stream Equipmediaを採用しECサイト内でテレビショッピング番組を動画として配信しています。動画未視聴者に比べ動画視聴者は2%以上商品購入率が高いなどの成果につながっています。

会社概要

  • 運営会社:株式会社Jストリーム
  • 住所:東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6F
  • 設立:1997年5月

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

ミルヴィ

システム専用サポートセンター完備!トラブル時はいつでも相談可能

初期費用:
100,000
月額費用:
50,000円~

公式HPで詳細をチェック

クラストリーム

お得な費用と丁寧なサポートが好評!暗号化配信でセキュリティも万全

初期費用:
無料
月額費用:
30,000円~

公式HPで詳細をチェック

MOOGA

動画へテロップ挿入できちゃう!編集機能が充実したサービス

初期費用:
50,000
月額費用:
49,800円~

公式HPで詳細をチェック