これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

ビアプラッツ

NTTグループが提供する動画配信システム「ビアプラッツ」

ビアプラッツ_キャプチャ画像

画像引用元:ビアプラッツ公式HP(http://www.viaplatz.com/)

ビアプラッツは、NTTの子会社が提供する動画配信システムです。録画した動画の配信はもちろん、ライブ配信や動画へ図形や文字を書き込めるなど、多彩な機能を搭載しています。

また、社員研修などで使用する場合、アンケートや理解度テストなどの実施も可能。ちなみに、ライブ配信、書き込みなど、アンケート・理解度テストはオプションですので、別途費用が必要です。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
×(なし) 5~30GB ストリーミング

費用

  パブリッククラウドサービス プライベートクラウドサービス
初期費用 50,000円 1,000,000円~
月額費用 40,000円~120,000円 250,000円~

※このほか、オンプレミス型システム(ライセンス料:1,600,000円~)もあり。

こんな人におすすめ

ビアプラッツのシステムは、NTTの研究所が培ってきた動画配信技術をベースに開発されています。また、ピアプラッツのスタッフは、映像機器やネットワークに関する高度な知識と経験を保有しています。信頼性の高い動画配信システムと評価できるので、安心して利用できる環境をお求めの方におすすめです。

以上に加え、「動画に図形や文字などを自由に書き込める」「テストやアンケートで学習効果を測定できる」などの特徴があるので、社員研修や教育に動画を活用したいと考えている方にもおすすめです。数千人規模の大規模ライブ配信に対応しているので、全国に会員を有する教育機関や企業であっても快適に利用できます。CSVファイルによるユーザー一括登録機能など、大規模ユーザーを管理しやすい機能を備えている点も見逃せません。

ビアプラッツには、以上の魅力などがあります。動画配信に興味をお持ちの方は、候補に加えてみてはいかがでしょうか。

「ビアプラッツ」3つのおすすめポイント

NTTグループという信頼感

ビアプラッツの最大のウリは、NTTグループが提供する動画配信システムという信頼感でしょう。システムにかかわる機器類はもちろん、ネットワーク回線や拠点間のLANを含め、すべてNTTグループが提供。また、重要な会議などの際に「つながらない」といったトラブルを防ぐため、ビアプラッツでは予備の回線も用意。さらに、データセンターの安定した通信基盤と高いセキュリティで、確実な動画配信サービスを提供してくれます。

大人数が参加するライブ配信も可能

数千人が参加するような動画配信にも、ビアプラッツは対応。全国に多くの拠点がある企業でも、安心して利用できます。もちろん、ログインIDやパスワードを持っている人でなければ閲覧できないといった閲覧制限や、ユーザー一括登録機能による制限も可能。管理のしやすさも、ビアプラッツの特徴です。

さまざまな効果測定機能

例えば、社内研修で動画配信システムを活用した後に、社員がどれだけ理解できたかを把握するためのテストやアンケートができる機能も、オプションとして搭載。大学や予備校などの学習管理システムとしても活用が可能です。このほか閲覧者の視聴時間や、誰が閲覧していないかといったユーザー管理も簡単に把握できる管理者機能が充実しています。

主な機能

以上の特徴に加え、高度な機能を備えている点もビアプラッツの魅力です。誰でも快適に利用できる環境が整っています。具体的には、次の機能などを備えています。

自動アップロード

デスクトップアプリケーションをインストールすることで、PC内の指定フォルダに納めた動画ファイルを自動でアップロードすることができます。設定をしておくとバックグラウンドでアップロードされるため、動画ファイルを登録する作業を省けます。大量の動画をアップロードする予定の方にうれしい機能です。

ログレポート

視聴ログや操作ログを表示することができます。再生回数・視聴時間のほか、曜日別・時間別・ユニークユーザー数・再生率なども確認できます。1分ごとのリアルタイム視聴数を確認することも可能です。様々な情報を得られるので、視聴者に届く動画を作りやすくなります。

権限設定

管理権限はもちろん視聴権限も細かく設定できます。具体的には、動画ごとに視聴権限やコメント書き込み権限を設定できます。例えば、特定のユーザー、特定のグループのみに視聴を許可する、コメント書き込みを許可するなどです。以上のほかにも、ダウンロード・アップロードの権限なども設定できます。

埋め込みプレイヤー

動画を配信したいもののホームページのデザインは変えたくない方は多いはず。このような方に向けてビアプラッツは埋め込みプレイヤーを用意しています。動画を再生するプレイヤーをホームページ上に貼り付けることができるので、大幅なデザイン修正を行うことなく動画を配信できます。

マルチデバイス対応

スマホやタブレットが普及したことにより、動画をパソコン以外で視聴する方が増えています。ビアプラッツァは、PC・スマホ・タブレットでの視聴に対応しています。また、端末に応じたビットレートでの配信も行っています。

動画とスライドの連動

動画の理解度を高めるためにスライドを併用したいことがあります。このようなケースに備えて、ビアプラッツはスライドを連動させて表示する機能を備えています。動画とスライドは自由に切り替え可能です。また、決められたポイントからスライドへジャンプさせることも可能です。

以上が主な機能です。オプションサービスとして以下の機能も用意しています。

ライブ配信

PCとカメラがあれば動画配信を行えます。

動画へ図形などの書き込みとタイムライン上にコメントの書き込み

図形やコメントなどを利用することで、理解を促せるとともに視聴の負担を軽減できます。

アンケート・テスト

動画視聴後にアンケートやテストを行えるオプション機能です。

様々な機能を備えているので、充実した内容の動画を配信することができます。学習や仕事の理解度を高めたいなど、目的を持って動画を配信したいと考えている方にとって、利用しやすい動画配信システムといえるでしょう。

導入事例

ライブ配信

社長挨拶や幹部講話での利用、大規模ライブ配信で利用することで全国の支店や営業所に向けてトップの意思伝達や情報共有を行うことが可能。ライブ映像は自動でVOD化されるため、新製品の紹介やセミナーなどのイベントに参加できなかったお客様へも配信可能です。

また、イントラネット(閉域網)を使用することで決算報告や事業計画といった機密性の高い社内報を配信できます。

安全教育・技能伝承

安全教育の現場では映像を使った教育が行われてきましたが、動画上に図形を書き込んだり特定シーンにコメントを書きこんだりすることで、注意喚起やノウハウの蓄積を行うことができるほか、コメントを元にして特定のシーンをピンポイントで検索し、視聴することが可能です。

海外配信

日本語だけでなく英語表記にも完全対応するため、海外に拠点を持つ企業への映像配信のほか、複数のビットレートで配信するため、海外の帯域の細い地域でも視聴ができます。また、時差が大きい国向けには自動VOD化機能を使い、ライブ配信終了後にVODを配信することが可能です。

Webレッスン・オンライン授業

授業を撮影してVOD配信を行っている学校で、動画視聴後に理解度を確認するテストやアンケートを行ったり、ライブ映像を視聴できなかった生徒に対してVODを配信したり、CSVファイルを使ってクラス編成に応じた視聴権限の管理を行うことができます。

新人研修・新人教育

紙ベースのマニュアルでは分かりづらい業務手順を動画で撮影し、動画上に図形を書き込むことで確実かつスピーディーに作業内容・手順を教えることができます。また、時間の限られている新入社員研修でのビデオ予習や、業務内容を撮影したシーンにコメントを書き込むことで振り返り学習などにも使えます。

社員教育・スキルアップ

成績優秀な社員の手法を動画に撮影しコメントを付けて配信することで、研修費用の削減や社員のスキルアップを図ることができます。また、外食産業では全国どこでも均一のサービスが受けられるよう本部で制作した映像を元に各店舗で学習したり、各店舗の実践映像を本部がチェックしたりすることでサービスの品質を均一に保つことが可能です。

サービスやアフターサービスなどについて

提供サービスとセキュリティ

手軽に使える低価格のものから大規模な構築が必要なものまで3種類のサービスがあります。

  • パブリッククラウド型:インターネット経由で動画配信サービスを提供する低価格帯のプラン
  • プライベートクラウド型:データセンターにお客様専用のプライベートクラウドシステムを設置し、インターネット経由で動画配信サービスを提供するプラン
  • オンプレミス型:お客様の組織内にあるプライベートネットワークに動画配信サービスを独自に構築する大規模プラン

セキュリティに関しては、パブリッククラウド型・プライベートクラウド型はSSL対応、ウィルス対応、IPS(不正侵入検知/防御)が標準装備されており、脆弱性や問題点などの発見時は迅速にセキュリティパッチを適用します。オンプレミス型は自社運用による閉域ネットワークのため、最も高い安全性で安心して動画を配信できます。

柔軟なサポート体制

長年培ってきた動画配信技術の経験を生かし、お客様からの機能改善要望に対して臨機応変に対応。また、映像配信やネットワーク、ソフト開発の専門家によるサポート体制をとっているので、トラブル発生時は問題解決に向けて迅速に対処してもらえる点も魅力です。

会社概要

  • 運営会社:NTTテクノクロス株式会社
  • 住所:東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー17階
  • 設立:1985年7月

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

ミルヴィ

システム専用サポートセンター完備!トラブル時はいつでも相談可能

初期費用:
100,000
月額費用:
50,000円~

公式HPで詳細をチェック

クラストリーム

お得な費用と丁寧なサポートが好評!暗号化配信でセキュリティも万全

初期費用:
無料
月額費用:
30,000円~

公式HPで詳細をチェック

MOOGA

動画へテロップ挿入できちゃう!編集機能が充実したサービス

初期費用:
50,000
月額費用:
49,800円~

公式HPで詳細をチェック