これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

HOME » 規模・業態から見る企業の社内動画配信活用シーン » 学会での動画配信活用シーン

学会での動画配信活用シーン

大学教授の学会を記録した録画配信

研究機関でもある大学に勤めている教授などは、定期的に学会で発表を行います。基本的に講義よりも研究や学会を優先させるのですが、自分が発表しない場合などは遠出の手間を省くために学会へは行かないこともあります。

そこで、大学教授達が集まる学会を録画したものを、後日改めて動画配信するところが増えています。この方法を採用することで、実際にその場所へ行かなくても内容を把握できますし、論文だけでは分かりづらいことを後々確かめることができます。

また、録画配信を行うことで、学生などの学会の対象ではない人も簡単に見られます。専門的な研究結果を発表する学会だからこそ、詳しく見たいという人は多くいます。動画配信システムを活用することで、こうしたニーズを手軽に満たせるため、導入する学会も増えているのです。

ライブ配信を活用した学会例

学会での活用例としては録画配信が一般的ですが、ライブ配信を活用することでより議題に沿った内容を議論できます。学会を全てライブ配信して、どこで閲覧できるようにすることもできますし、反対にどこからでも学会へ発表や意見交換するために参加することもできます。

例えば、遠方にいるため現地まで行けない人でもライブ配信を活用して、学会で発表を行えることがあります。さらに、専門家と中継を繋ぐことで、学会の内容をより深く掘り下げることも可能です。

また、医療従事者の学会の場合、手術中のライブ映像を見ながら討論などを行うことができます。特に、手元を写した映像を複数人で見学する場合、手術室に入れない人数でも同時に見学ができるため、より多くの人の理解力や技術力の向上に繋がります。

ただし、患者の病状などを配信する場合は、患者の個人情報の地理扱いには十分に気をつけなくてはいけません。そのため、録画配信などでは学会の会員だけに配信するなどの対策が必要となります。

教育内容の配信

医療学会などでは、治療や病気への予防を一般の人へ向けた動画配信を行っているところがあります。病気の詳しい内容などは、知っておくと便利に活用できる知識が多いのですが、一方で文字に起こすと難しく内容がわかりにくくなってしまいます。

そこで、動画を編集し配信することで病気の内容や対策が理解しやすくなるのです。さらに、学会で配信した動画を教育期間での活用にも繋がります。すると、病気への認知度が上がるだけでなく、病気への理解度の向上にも繋がるため、偏見などを無くす目的にも使用できます。

また、風邪の予防法など子供へ向けた専用の動画を作成しているところもあります。子供への解説動画は、は学校だけでなく家庭でも活用でき注目度も上がっています。ただし、こうした啓蒙活動は有料動画にしてしまうと効力が薄くなってしまいます。

ですので、専門的な内容は有料配信、啓蒙目的の内容は無料配信といったように使い分ける必要があります。もちろん、全ての内容を無料で配信することも効果的ですので、予算などを踏まえてどのように運営・活用していくのか考えていきましょう。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

ミルヴィ

システム専用サポートセンター完備!トラブル時はいつでも相談可能

初期費用:
100,000
月額費用:
50,000円~

公式HPで詳細をチェック

クラストリーム

お得な費用と丁寧なサポートが好評!暗号化配信でセキュリティも万全

初期費用:
無料
月額費用:
30,000円~

公式HPで詳細をチェック

MOOGA

動画へテロップ挿入できちゃう!編集機能が充実したサービス

初期費用:
50,000
月額費用:
49,800円~

公式HPで詳細をチェック