これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の最終更新日: 2022年11月22日

会社説明会

新卒向け会社説明会に利用した事例

A社(大手商社)

A社では、新卒向け会社説明会に動画配信システムの導入を検討していました。

それまでA社は、採用担当である人事部の社員が各大学を訪れて会社説明会を開いたり、また地方では会場の確保や運営などの打ち合わせのために何度も足を運んだりするなど、業務効率の点からもっとシンプルなカタチにできないかと考えていました。

そこで着目したのが、動画配信システムでした。動画配信システムを活用すれば、人事部の社員が各地を回ったり会場をおさえたりする手間も省け、より効率的な会社説明会を開けます。

また、地方出身者で説明会場に行くのが難しいという学生も、パソコンやスマートフォンを通して会社説明会のライブを閲覧することで、A社のことをより詳しく知ってもらうこともできます。

なお、閲覧するにはあらかじめウェブ上で申し込みをおこない、ログインIDとパスワードを配布することで、本気度の高い学生の人数もわかってきました。そして、学生から質問などがあればチャットを用いて質問できるようにするなど、臨場感のある会社説明会を開催しました。

こうした取り組みにより、採用にかける予算もおさえられ、また幅広い層の学生が応募してくれるといったメリットも生まれました。

投資家向け会社説明会に利用した事例

B社(大手電機メーカー)

以前より動画配信システムを用いて、個人投資家向けの会社説明会を開催していたB社。経費削減もふまえ、今回からはクラウド型の動画配信システムで説明会をおこなうようになりました。

新しい動画配信システムでは、パソコンだけでなくタブレットやスマートフォンでも閲覧できるので、新しい投資家の獲得も期待しました。

結果、前年よりも増加し、そのほとんどがタブレットやスマートフォンからのアクセス。しかも、既存の投資家はわずかで新規の投資家が閲覧してくれおり、B社の魅力をより広く周知させることも実現しました。

また、動画配信システムを通じて閲覧している投資家には、メールやSNSで質問などを受け付けました。

会場で会社説明会を開くと、手を挙げて質問する人は少ないのですが、パソコンやスマホからだと気軽に送れるため、より多くの意見を集められました。

さらに、投資家向けのアンケートも、会場に集まる投資家よりも具体的な意見が多く、今後の経営にとても参考になったそうです。

このように、投資家との対話も積極的になることで、新しく株主になってくれる個人投資家も増えました。

会社説明会に使える動画配信システム

クラストリーム

新卒向けや投資家向けの会社説明会におすすめなのがクラストリームの動画配信。ユーザー限定型のため、限られたユーザーに視聴してもらうことができます。

ライブ配信では低遅延配信機能により遅延を2~5秒程度に抑えることが可能。配信した動画をコンテンツとして再配信することもできます。

また、限定動画配信サービスをスピーディにスタートできるのもクラストリームの魅力。視聴専用のホームページや会員管理などの機能が揃っているため、動画を用意すればOK。不明点があってもサポートしてくれるため安心です。

ULIZA

クラウド型動画配信システムであるULIZAは、簡単に動画配信を行えるのが魅力的。2009年のサービス開始以降さまざまな企業への導入実績があり、官公庁やメディアなど幅広い業種で活用されています。

動画配信に必要な機能はパッケージ化されており、希望に応じてオプション機能を追加できる仕組み。チャットツールや会員管理オプション、プレイヤー拡張機能オプションなどを利用できます。

また、ULIZAでは配信スタジオやライブ配信代行サービスも用意しているため、配信環境や配信の精度に不安のある場合にも安心です。

デジコン

ライブ配信サービスやオンデマンド動画配信、CDN動画配信、クラウド動画配信などを提供しているデジコン。ライブ配信サービスでは大規模配信やクローズドな配信まで幅広く対応しており、現場でのカメラ撮影から配信ページの準備まで行ってくれます。

パソコンはもちろんスマートフォンやテレビなどでも視聴できるため、ユーザーが視聴しやすいのも魅力的。ライブパッケージプランはレギュラーとラージの2種類があり、同時視聴者数が2,000人以上でもオプションにて対応。配信規模に応じたプランを選べます。

Jストリーム

多くの企業が利用しているJストリームの動画配信システム。導入実績が豊富であり、動画の企画・製作からライブ配信、オンデマンド配信、コンテンツ配信ネットワークのほかにもwebサイト制作やシステム開発まで対応してくれます。

動画配信プラットフォーム「J-Stream Equipmedia」では企業における使いやすさを追求。説明会や株主総会、社内情報共有などのシーンで活用されており、動画の管理・配信・効果検証に欠かせない機能を提供しています。サポート体制も充実しているため、動画配信に関する疑問や不安の多い企業にもおすすめ。大規模配信などのアクセス集中にも対応可能です。

会社説明会で動画配信を導入するメリットまとめ

コストカットにつながる

動画配信システムで会社説明会を行うメリットのひとつに経費削減があります。

会場で会社説明会を行うにあたっては担当者が何度も足を運ぶなどの交通費や会場使用料など費用の面が負担になります。また会社説明会後の報告資料作成に時間がかかってしまったり終了後の質疑応答も大変な事です。

動画配信システムを利用すれば担当者が現地におもむく必要もなく社内で熟考した説明を展開できます。

そしてチャット機能で会社説明会を見ながら閲覧者は質問を投稿することができ担当者からのリアルな回答をもらうことができるのです。

このように動画配信システムでコストカットと会社説明会前後の手間を省け視聴者とのコミュニケーションも図ることが可能になります。

閲覧者との距離を縮められる

動画配信システムによって会社説明会をパソコン、タブレット、スマートフォンで閲覧可能。

会社説明会に行きたいが決められた主要都市でしか行われないため出向くのが難しいという人などは特にタブレット、スマホで閲覧が出来るということはとても身近で距離が近くに感じるものです。

会場での質問が苦手という方でもタブレット、スマホであれば気軽に質問ができるので、閲覧者と距離を縮めるのに効果的です。

また閲覧可能になるログインIDとパスワードで本気度の高い学生の人数も把握することができます。

オンプレミス版動画配信システムの特徴とおすすめ業者3選はコチラ!

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル

millvi ポータル_キャプチャ画像画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)
月額費用:
110,000円~
データ転送料/月:
1,000 GBまで無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング

videog_キャプチャ画像画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)
月額費用:
13,800円~
データ転送料/月:
要問い合わせ
会員管理:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

まずはチェック!
初導入でも安心だと評判の
動画配信システム業者3選

クラストリーム
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル
millvi ポータル_キャプチャ画像
画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)

月額費用:110,000円~
データ転送料/月: 1,000 GBまで無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング
videog_キャプチャ画像
画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)

月額費用:13,800円~
データ転送料/月:要問い合わせ
会員管理:要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

※今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選