これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年09月06日

セミナー

セミナーの動画配信で効率&参加者がアップ!

I社(経営コンサルティング会社)

企業経営に関するコンサルティングサービスや、定期的にセミナーを開催しているI社。

セミナーには毎回100名近くの参加があって人気も上々なのですが、都合が合わずに参加できない方々のために、気軽にセミナーを見てもらえるようなツールを探していました。

当初はセミナーの様子を撮影した動画をDVDにして送るといったサービスも検討したのですが、DVDの制作や在庫管理などの手間がかかることが難点です。そこで注目したのが動画配信システムでした。

これなら、動画配信用のVTRをひとつ用意してサーバーにアップするだけ。定期的におこなうセミナーのほぼすべてを動画でアップできるようになりました。

動画を閲覧するには、ログインID・パスワードを設け課金制としました。これにより、自社に興味のある企業の的を絞り込みやすくなり、効率的な経営にも助かっています。

また、ウェブ上に動画を置くことで既存ユーザーだけでなく新規ユーザーの獲得にも貢献。実際のセミナーへの参加希望者が、さらに増えるといった効果も出ています。

販売店向けセミナーに動画配信を活用!

J社(中堅商社)

J社では、自社で扱う商品に関する販売店向けセミナーを定期的に開催しています。

販売店は全国各地にあるため、これまでは担当者が各地のセミナー会場をまわり説明していたのですが、コストや手間を考えると非効率的です。

そこで、本社でおこなうセミナーの動画をリアルタイムで配信でき、誰でも気軽に参加できる動画配信システムの導入を検討。できるだけコストを抑えるために、クラウド型のサービスを選択することにしました。クラウド型だとサーバーなどの用意も不要なので導入も早く、スムーズに始めることも選んだ理由のひとつでした。

動画配信システムの導入により、セミナーの開催頻度が増えました。さらに、一堂に会するセミナーだけでなく、社内の会議室などで撮影した動画もアップロード。

販売店により多くの情報を伝えられるようにもなり、理解を深めて販売できるようになったと感じています。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
100,000円(※税不明)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)