これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

動画配信システムの導入スターターガイド » 要チェック!ビジネス向け動画配信システムの選び方

この記事の最終更新日: 2022年03月17日

要チェック!ビジネス向け動画配信システムの選び方

お悩み人事ちゃん

動画配信システムを導入したいけど、機能やプランなど、たくさんあってわからない…。そういった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

以前よりも動画配信のニーズが増えてきたことから、サービスを提供する業者もたくさん登場してきました。その中から自社の求めるシステムを選ぶためには、動画配信システムにおけるある程度の知識と、優良な業者を選ぶコツが必要です。

ここでは、あなたの企業にピッタリな動画配信システムを選ぶために知っておきたい重要なポイントをまとめています。以下を押さえていれば、求めていた動画配信システムをきっと選ぶことができますよ!ぜひご確認ください。

動画配信システム選びに重要なポイント

使用目的に応じた機能があるか

どんな機能があるのかを調べることも大切ですが、それよりも重要なのが「動画配信システムを使って何をしたいのか」という使用目的を明確に決めることです。情報共有、社内研修、セミナー…など、具体的なビジネスシーンを思い描き、活用シーンに適した機能が備わっているシステムを選びましょう!

セキュリティレベルが高いか

配信する動画には、拠点との経営会議や情報共有など外部には漏らせない機密情報も多く含まれるでしょう。セキュリティ機能については、細心の注意を払い選択する必要があります。では、セキュリティレベルの高い動画配信システムとは、いったいどんなものなのでしょうか?

使い方はわかりやすいか

当然のことですが、動画配信システムを導入しても、使い方がわからなければ何の意味もありません。とはいえ実際に使用してみてからでないと、その使いやすさを実感することはできません。そこで、導入前に使いやすいシステムを提案してくれる業者選びのポイントをお伝えします。ぜひチェックしてみてくださいね!

動画配信システムはオープンソースでもある?

動画配信サービスには、「Kaltura」などに代表されるオープンソースタイプの製品も登場しています。パッケージ製品に劣らない機能とカスタマイズ性の高さ、安価に利用できる点などメリットが豊富であり、ビジネス利用にも向いています。

予算から考える!動画配信システム

近年注目を集めている動画配信ビジネスですが、予算やシステムが気になるところ。 何も考えずに始めると、予想以上に予算がかかって痛い目に合う可能性もあるので注意が必要です。 ここでは予算やシステムの選び方を紹介しています。各会社ごとの初期費用や月額費用、特徴をまとめているので ぜひチェックしてみてください。

動画配信システムの開発

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選