これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2022年10月31日

使用目的に応じた機能があるか

動画配信システムの導入を検討するとき、まず決めるべきことは「動画配信の目的」です。具体的に、「誰に向けて」「どんな内容の動画を配信するのか」といったことを明確にしておきましょう。それを決めないと、必要な機能がないシステムを選んだり、余計な機能ばかりついている高価なシステムを導入したりと、間違った選択をする原因となってしまうんですよ。

まずは動画配信をする「目的」を決める

ケース:社員の営業研修で動画配信システムを用いたい

では、社員に営業力向上のための研修を、動画で配信したいというケースを例に挙げてみましょう。

配信する人数や動画の内容を明確にする

社内研修のイメージイラスト
  • 対象者:社内の営業メンバーのみ(50名)
  • 動画の内容
    新商品・サービスの説明、営業技術のノウハウの共有、写真のモチベーションアップ

目的が決まったら「機能」「サービス内容」をチェック!

上記のように、具体的な使い道をシミュレーションすることで、必要な機能やサービス内容が見えてきます。上記のケースを例にしてみましょう。

  • 視聴人数の規模
    社内の営業メンバーのみが視聴するのでしたら、その人数への共有が対応できるプランで事足ります。50名なら、大規模プランよりも安い費用で済みます。
  • ID・パスワードの発行
    営業のみの研修なら、動画にパスワードを設定し、必要メンバーにのみ共有することで、閲覧者を限定することができます。
  • セキュリティレベル
    自社の新商品やサービスを説明するのなら、情報漏洩を防ぐためにセキュリティレベルが高いシステムを選択することが重要です。
  • ライブ配信機能
    営業メンバーの時間が空いている際に動画を確認すれば良いので、ライブ配信という機能は不要です。

このように、目的を決めて機能を限定することで、無駄なコストの削減になります。なお、人数が増えたり、ライブ配信機能が必要になったりといった場合は、後からプランの変更や追加の対応をしてくれる業者がほとんどです。必要に応じて動画配信システムを活用しましょう。

ケース:セミナーや会社説明会で動画配信システムを用いたい

動画配信システムは、大多数に向けた会社説明会にも便利です。従来は会場に出向いて会社説明を受けなければなりませんでしたが、海外学生(視聴できる国については確認が必要)や地方の学生などは会場に出向くことが難しいのが現状。ですが、動画配信システムでの説明会であれば参加しやすくなるでしょう。

また、参加人数がはっきりしていないセミナーの場合などは会場が満席になることを考え、代替手段として動画配信システムを役立てることも可能となっています。大きな会場の確保が難しい場合などにも向いているでしょう。

予想される対象者と動画の内容

対象者:会社の規模による(数十人から100人以上)

動画の内容:会社説明に関する事業内容や仕事内容、企業の概念などの解説。セミナー。

必要な動画配信システムの機能

実際に会社説明会やセミナーで動画配信システムを使う場合、どのような機能があると便利なのでしょうか。必要なものとそうでないものについて解説します。

視聴人数の規模

会社説明会に役立てたい場合、その会社がどれくらいの規模なのかによって視聴人数は大きく変わってきます。また、セミナーの場合は参加者が多くなることを考えておきましょう。現地に足を運ぶセミナーだとお金も労力もかかりますが、自宅から参加できるのならばぜひとも参加したいと考えている方も多いです。

ID・パスワードの発行

事前にIDとパスワードを発行し、申し込み者を募る形式をとっている会社説明会やセミナーが多いです。例えば、事前申し込みは会社説明会の場合はどれくらいの学生が本気で会社説明会に臨みたいと思っているのかを判断する一つの基準にもなります。

セキュリティレベル

会社説明会やセミナーで話す内容によって必要性が変わってきます。必要性に合わせてセキュリティレベルが高いシステムを選択しましょう。

ライブ配信機能

基本的にライブ配信形式を取っている会社説明会やセミナーが多いものの、空いている時間に動画を見られるシステムを利用した方が視聴者は増えるでしょう。

チャット機能

あった方が良いです。メールやSNSで意見や質問を受け付ける方法もありますが、その場ですぐに質問をし、答えてもらえるわけなので、非常に便利なシステムだといえます。

ケース:社内研修で動画配信システムを用いたい

社内研修を動画配信システムで行うことにより、中途社員が入るたびに研修を行う必要がなくなります。また、新入社員の時間の都合が合わない場合なども、録画機能を使って時間がある際に確認できるのは大きな魅力です。中途社員がほんの数人の場合、その数人のために毎回研修を行うと効率が悪くなりますよね。そういった問題点もカバーできるでしょう。

配信の規模や内容について

対象者:会社の規模による(数人から100人以上)

動画の内容:新入社員研修のほか、スキルアップ研修やマネージャー向け研修など

社内研修に役立つ動画配信システムの機能

自社で行っている社員研修の内容をもとにし、どのような機能が必要か考えてみるとわかりやすいです。

視聴人数の規模

企業によって異なります。一度に参加する人数がそれほど多くないのであれば、費用が安く済む少ない人数向けのプランを選択しましょう。

ID・パスワードの発行

社内研修ということもあり、閲覧者は制限しなければなりません。IDやパスワードの発行は必要になるでしょう。

セキュリティレベル

社内研修ではその企業独自のノウハウによるスキルアップなどの説明もあるわけなので、セキュリティレベルは高くなければなりません。

ライブ配信機能

空き時間に動画を確認できるシステムを取り入れておいた方が視聴しやすくなります。また、閲覧履歴が把握できるタイプのシステムを取り入れておくと、研修を受けている人と、受けていない人の把握もしやすくなるでしょう。

オンプレミス版動画配信システムの特徴とおすすめ業者3選はコチラ!

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選