これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2022年10月31日

使い方はわかりやすいか

喜ぶ人事ちゃんイラスト

動画配信システムを選ぶ際、機能はもちろんですが、それよりも「使い方のわかりやすさ」も注目すべきポイントです。せっかく導入しても、動画配信システムを使える人がいなければ、何の意味もありませんものね。

ただし、使い方といっても実際に使ってみないとわからない…という声もあると思います。そこで、本格的に導入する前に、わかりやすい動画配信システムを選ぶポイントをいくつかご紹介しましょう。

初めてでも使える
動画配信システムを選ぶチェックポイント

1)ホームページの内容を要チェック

専門用語ばかりの説明をしているサービスは避けて!

まず、動画配信システムを扱う業者のホームページをチェックしてみましょう。大切なのは、「そこに書いてある内容を理解できるか」という点。専門用語がたくさんあって、「正直、何がいいのかわからない!」と思ったら避けた方が無難です。その段階で、ビギナーにもわかりやすいシステムを提供しているのかが疑問ですよね。

オプション料金についてちゃんと書かれている?

機能によってはオプション料金が大量にかかるサービスも存在します。掲載されているプランの料金内で、自分の企業に必要な機能が収まっているのか、といった点も見ておきましょう。

明確に記載されていれば見積もりを依頼してみるとよいでしょう。料金は安いが、オプションかどうか記載されていないといった不親切な業者は、見積もり後に値上げを要求してくる可能性も。

サービスについてわかりやすく書かれているか

動画配信システムを選ぶうえでもっとも重要なのはサービスの内容です。料金や品質を比較する前に、まずはどのようなサービスを提供しているのかをチェックしてみてください。 具体的には、配信方法(ストリーミングなど)や課金機能の有無、容量などが一覧となって表示されているか、また実際の動画画面のサンプルやデモ動画が表示されているかを確認します。

サービスの内容がわかりにくい場合、ホームページ内を隅々まで読み込まなければならず、他の動画配信システムと比較するのに手間がかかってしまいます。 複数のサービスを提供している動画配信サイトであれば、イラストや図などを駆使して一目で違いがわかるように工夫しているところが理想的です。

セキュリティ体制が整っているか

動画配信サービスの中には無料のものも数多くあります。しかしそのようなサービスはセキュリティ面での不安があり、個人情報などの管理が充分に行われていない可能性があります。 ビジネス目的で動画配信システムを利用するならば、セキュリティレベルが高く安心して利用できることが大前提となります。

目的の機能が実装されているか

動画配信サービスには、課金機能やアンケート機能、コメント機能などさまざまなサービスが実装されています。 動画配信サービスにはそれぞれ特色があるため、目的の機能が実装されていることをしっかりと確認してから申し込みを行うようにしてください。

2)サポート体制についてチェック!

導入前に把握しておいて!サポート体制の有無

いくらホームページがわかりやすくても、導入後にいろいろ困ることが出てくることでしょう。そんなときに頼りになるのが、業者のサポート体制。その体制がしっかり整っているのかも、導入前に把握しておきましょう。

サポートのない業者が多いのが現状…

動画配信システムを提供する業者には、サポート体制が整っていない会社が多いです。事前にホームページなどでチェックして、それでもわからないようだったら問い合わせてみましょう。

メールやチャットでサポートが受けられるか

動画配信システムを扱ううえで、疑問に感じたり扱いがわからない場合に重宝するものがサポート機能です。ホームページ上に問い合わせ用のメールやチャットが表示されていれば、気軽に質問を受け付けてもらえるでしょう。

問い合わせとは別にFAQページを作り、よくある質問を一覧にまとめている動画配信サービスサイトもあります。はじめて動画配信サービスを利用する場合は、丁寧に細かいところまでサポートしてくれるサービスを選ぶようにすると安心です。

24時間365日体制ならさらに安心

動画配信サービスを利用する際、時間外の問い合わせにも対応してくれる24時間365日サポートサービスならさらに安心感があります。システムの運用・監視はもちろん、トラブルにも迅速に対応してもらえるので、万が一の事態にも慌てる心配がありません。

中にはマンツーマンでサポートを行う電話サービスを実施している動画配信サービスもあります。目的やニーズに合わせて、最適なサポートを選ぶと良いでしょう。 サイト内にQ&Aを掲載しているサイトもありますが、簡略的な質疑応答のみでは問題が解決しない場合もあります。その際には、電話窓口やメール、チャットなどを使って問い合わせをすることになりますが、必ずしも24時間365日体制ではない点に注意が必要です。

3)お試しデモ版はちゃんと用意されているか

実際にお試しできるデモ版が利用できる

どうしても心配…という企業さんは、やはり実際に使ってみるのがイチバン!動画配信システムを提供する業者のなかには、「30日間お試しキャンペーン」のようなデモ版を用意しているところもあります。

お試し期間の際は、スタッフの対応もチェックして

システムの機能や使い勝手はもちろんですが、業者の担当スタッフが丁寧に説明してくれるかといった点も要チェック!今後のサポート体制をうらなう重要なポイントです。デモ版を用意しているところの多くが「無料」ですので、実際に試してから決めましょう。

お試しデモ版でシミュレーションをしながら確認

動画配信システムを利用する際に必ずチェックしておきたいのがデモ版。使い勝手はもちろんのこと、実際の画面の大きさやツールの使いやすさ、各種機能が使いやすいかどうかなど、前もって確認しておきたいところです。

お試しデモ版は、すべての動画配信サービスが備えているものではありませんが、気になる場合は各社に問い合わせをして、デモ版が利用できないか聞いてみるのも一つの方法です。 デモ版が用意されていなければ、購入後のシミュレーションができないためあまりおすすめはできません。ビジネス目的で、動画を綺麗にわかりやすく配信しようと考えている方は、必ずデモ版の使用をおすすめします。

オンプレミス版動画配信システムの特徴とおすすめ業者3選はコチラ!

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

利用目的で選ぶ動画配信システム3選