これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の最終更新日: 2021年12月14日

動画配信システムを購入後にすることとは?

動画配信システムを購入したのはいいものの、その後にどのようにすればいいのかわからないと元も子もありません。ここでは、動画配信システム購入後のステップについてご紹介します。

動画配信におけるターゲットまたはコンテンツを決定する

ドーガくん:「動画配信に必要なのは、まずはターゲット。どういった視聴者に向けて配信するのか考えることで、動画も見られやすくなるだろう。

たとえば「就職活動している学生向けに企業の良さを全面アピールする」「会社の社員向けに社長や会長の挨拶を配信する」など、ターゲットに対してどのようなコンテンツを配信するのかによって、動画内容も必然的に大きく変わってくるよね。

また、細かいカテゴリに分けて配信することで、より届けたい人へ届くような動画になるよ。具体的には、「地域」「性別」「年齢」「興味関心」など。例を挙げると、「福岡の25〜35歳男性で、婚活パーティーに興味がある人」というようなターゲットの設定も可能だよね。

ちなみに、動画配信システムは動画に特化しているから、事前にターゲットとコンテンツを決めた動画ファイルは用意しておくように。」

動画配信の方法を決める

ドーガくん:「ターゲットとコンテンツ内容を決定したら、次は配信の方法を決めよう。動画内容によって、どのような方法で動画を配信するかは異なるんだ。配信方法は、おもに3つの方法があるよ。

ストリーミング配信

インターネット上でワンクリックすると閲覧できる方法で、一般的な配信方法だよ。

ライブ配信

テレビ中継であったり、生放送であったり、臨場感を伝えるのには非常に有効な配信方法だよ。別名「リアルタイム配信」とも呼ばれているんだ。

ダウンロード配信

その名の通り、動画ファイルをダウンロードすることで閲覧できるようになる配信方法。有料で配信するようなケースに多い方法だよ。」

Webサイトへどのように掲載するのか確認

ドーガくん:「「ストリーミング配信」「ライブ配信」にしても、Webサイト上に掲載する形がほとんど。その際に掲載方法はもちろんのこと、コードやタグもしっかり確認することが重要だよ。

それだけでなく、動画ファイルは基本的に容量がかなり膨大。そのときは、「エンコード」と呼ばれるファイルの圧縮作業が必要になるから注意してね。

動画の圧縮に関してはいくつかの種類があり、場合によっては専門的な知識が必要な場合もあるよ。ちなみにほとんどの動画配信システムでは、動画のアップロードと同時にエンコードも完了することがほとんど。

いずれにせよ、どのようにWebに掲載するのかはしっかりと確認しておこうね。」

公開動画をどのように管理するのか考える

ドーガくん:「動画ファイルの管理方法も、しっかりと考えておこうね。具体的には、「カテゴリ分別」「閲覧期間の設定」「ダウンロード数、閲覧者の制限」といったことが挙げられるよ。

たとえば、就職活動している学生向けに動画を配信しているのであれば、就職活動が終われば掲載を終了する必要があるよね。それぞれの動画で、どのように管理するのかしっかりと考えておこう。」

出力ログをしっかりと確認する

ドーガくん:「動画配信システムで動画を配信した場合、閲覧された際にログが出力されるよ。ターゲット層にしっかりと届いているのかマーケティング分析するためにも、出力ログをしっかり確認しておこうね。

ちなみに、「平均視聴時間」「デバイスごとの分析」などがあると、マーケティング分析の際に非常に役立つよ。」 動画配信システムの利用方法や仕組みを知っておくと、企業に非常に大きな効果をもたらしてくれます。まずは上記で示した5つのことを念頭に置いて、しっかりと準備することが重要。さまざまな場面で、動画配信システムを活用していきましょう。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル

millvi ポータル_キャプチャ画像画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)
月額費用:
110,000円~
データ転送料/月:
1,000 GBまで無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング

videog_キャプチャ画像画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)
月額費用:
13,800円~
データ転送料/月:
要問い合わせ
会員管理:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

まずはチェック!
初導入でも安心だと評判の
動画配信システム業者3選

クラストリーム
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル
millvi ポータル_キャプチャ画像
画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)

月額費用:110,000円~
データ転送料/月: 1,000 GBまで無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング
videog_キャプチャ画像
画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)

月額費用:13,800円~
データ転送料/月:要問い合わせ
会員管理:要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

※今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選