これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2022年03月17日

会員制動画配信サービスの構築方法

特定の視聴者に向けて動画配信を行うサービスを構築するには、いくつかの方法があり、気を付けるべきポイントや各方法でメリット・デメリットがあります。ここでは、会員制動画配信サービスの構築方法について種類やメリット・デメリットなどを解説します。

会員制動画配信サービスとは

会員制動画配信サービスとは、会員登録している視聴者に向けて動画を配信するサービスです。サブスクリプション型のサービスにおいて採用されている場合が多いという特徴があります。

サブスクリプション型のサービスの他、社内会議や特定のプロジェクト、教育機関の授業などで利用されることもあります。サブスクリプション型のサービスで採用する場合は、視聴者が快適に再生できるか、同じようなサービスを提供する他社との差別化が図れるかなどが重要です。

会員制動画配信サービスの種類は何がある?

会員制動画配信サービスには、「ライブ配信システム」「オンライン授業」「オンラインサロン」の3種類があります。

ライブ配信システム

「ライブ配信システム」は、コンサートやライブ・イベント・スポーツの試合などを中継し、視聴者にリアルタイムで配信するものです。配信者・視聴者と双方向のコミュニケーションが可能で、臨場感があるのがメリットです。編集作業は不要なのでその分、手間と費用もおさえられます。しかし、環境構築をしっかりしないと通信や機材トラブルなどのリスクがあります。

オンライン授業

「オンライン授業」は、動画配信された授業やレッスンを受講するサービスです。視聴者にとっては、場所や時間を選ばずに受講できるメリットがあります。しかし、実際に対面で受講する場合と比較するとリアルな雰囲気に欠けることや、集中やモチベーションを維持しにくいというデメリットもあります。

オンラインサロン

「オンラインサロン」は会員限定のコミュニティで、会員となった視聴者に向けてさまざまなコンテンツを配信します。サービス内容はサロンによってさまざまで、質の高いコンテンツを視聴・閲覧できて、同じ事柄に興味をもつ人やサロンによっては著名人とコミュニケーションが取れるのがメリットです。

サロンによってサービス内容は大きく異なるため、会費に見合ったサービスが受けられない場合もあることがデメリットです。内容をよく確認してからサービスを利用することが大切です。

会員制動画配信サービスに必要な機能

サービス利用に関する機能

サービス利用に関するものでは、最低限、以下の機能が必要です。

  • 会員登録機能:会員情報を登録する機能です
  • ログイン機能:IDとパスワードでサービスの利用を管理する機能です
  • 決済機能:サブスクリプション型のサービスの場合は必要です
  • 動画一覧機能:配信する動画を一覧で見られる機能
  • 動画視聴プレイヤー:配信動画を再生する機能です

また、次の機能もあると便利です。

  • 検索機能:動画一覧の中から視聴したい動画を検索できる機能です
  • お気に入り機能:好みの動画を簡単に探し出せるよう登録しておく機能です
  • プレイリスト機能:好みの動画好みの順番で登録しておく機能です
  • 関連動画表示機能:再生した動画に関連した内容の動画を自動で表示する機能です

管理に関する機能

会員制動画配信サービスの管理では以下の機能が必要です。

  • 動画コンテンツ管理機能:動画のタイトルや説明テキストなどを一括管理できる機能です
  • ユーザー管理機能:ユーザーの数や属性、利用状況を確認できる機能です
  • 売上管理機能:売上の記録と分析ができる機能です

ストリーミング機能は必要

先にあげた機能の他、配信に関してはストリーミング機能が必須となります。ストリーミングサーバを利用すると動画の視聴したいところから再生できるため、快適に視聴するには欠かせない機能と言えます。また、ライブ配信ではサーバに負荷が集中してもスムーズに視聴できることが求められます。ストリーミングサーバは、通信速度を自動調整し、スムーズに通信を行ってくれるので、一時的に負荷が集中しやすいライブ配信では必須の機能です。

会員制動画配信サービスの作り方・構築方法

会員制動画配信サービスの作り方・構築方法には大きく分けて3つの方法があります。

パッケージで構築する

会員制動画配信サービスに必要な基本的機能が一つにまとまったパッケージで構築する方法です。費用をおさえることができるとともに開発期間も短くてすみます。独自機能の追加などカスタマイズも可能なので、自由度の高いパッケージであれば、他社のサービスと差別化を図ることもできます。デメリットは、フルスクラッチでの開発ほどには自由度が高くないので、場合によっては実装できない機能もあることです。

フルスクラッチで開発する

フルスクラッチと呼ばれる、全くのゼロから構築する方法です。自社独自のオリジナルの機能付与や自由なカスタマイズが可能なのがメリットで、他社サービスとの差別化が可能です。デメリットは費用が高額で、開発期間も長くなってしまうことです。

既存のプラットフォームで自作する

VimeoやOneStreamなどの既存のプラットフォームを利用して会員制動画配信サービスをはじめる方法です。既存のプラットフォームを利用する方法なので、通信や接続が安定しており、プランによっては手厚いサポートもあるので、安心感があるのがメリットです。デメリットは、初期費用や月額費用がかかり、ランニングコストがかさんでしまう点と他社との差別化が図りにくい点です。

会員制動画配信サービスの開発にかかる費用

会員制動画配信サービスの開発にかかる費用は、おおよそ以下のようになっています。

  • パッケージで構築する:50~100万円程度(ランニングコスト別途)
  • フルスクラッチで開発する:100万円~(ランニングコスト別途)
  • 既存のプラットフォームで自作する:月額数千~数十万円(初期費用別途)

パッケージで構築する方法やフルスクラッチで開発する方法は、実装する機能や必要な容量などによって費用も変わってきます。また、既存のプラットフォームで自作する方法ではプランや利用するプラットフォームによって大きく費用が異なります。

会員制動画配信サービスに関するQ&A

動画配信サービスを会員制にするメリットは?

セキュアな環境の中で限られた視聴者に良質なコンテンツを届けることができます。サブスクリプション型のサービスに採用し、収益化も可能です。また、優良顧客である会員とのコミュニケーションツールとしても利用できます。このように会員制にすることで、さまざまなメリット得られます。

収益化につなげるためのポイントは?

配信するコンテンツの内容によって一概には言えませんが、共通しているのはターゲット・目的・コンセプトを明確にし、SEOなどにも配慮して運用することです。動画の品質を高めることも欠かせません。

会員制動画配信サービスの構築を外注する際に注意すべきことは?

会員制動画配信サービスをパッケージで構築する場合や、フルスクラッチで開発する場合に外注業者を検討する場合は以下の点に注意しましょう。

  • エンジニアの質と実績
  • 相見積で費用を確認
  • 社内に運用できる人材がいるか確認

どうしても費用をおさえたいと考えて価格ばかりに目が行きがちですが、エンジニアの質と実績もしっかりチェックしましょう。また、費用に関しては相見積もりをとって複数社を比較することも大切です。

会員制動画配信サービスを構築した後は自社内で運用していくことになるので、自社独自のカスタマイズを施したり、機能を実装したりした場合はその機能を理解し、管理できる人材が必要です。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選