これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の最終更新日: 2021年12月14日

動画販売の活用例や販売方法をご紹介

インターネットやスマートフォンの普及により、いつでもどこでも気軽に動画が視聴できるようになりましたね。それに伴い「You Tube」や「ニコニコ動画」といった、動画の配信市場も活発になりました。有料動画を配信することで利益を得るようなところも増えています。

動画をうまく活用すれば、会社のビジネスも大きく強化できることもあるかもしれません。今回は最近人気の動画販売についてご紹介します。

動画販売の活用例をご紹介

ドーガくん:「動画販売は、さまざまなところで行われているよ。ここでは動画販売の活用例について紹介するね。

セミナー

基本的に、インターネット上で動画販売する場合のセミナーを「Webセミナー」または「オンラインセミナー」と言うよ。

動画販売の活用として、セミナー内容を有料で販売するところも多いんだよね。会場で開催されるようなセミナーとは異なり、参加状況がWeb上で確認できて、さらに録画したセミナー動画も使い回しできちゃうから便利だよね。

それだけでなく、参加者も疑問に思ったことなどをチャット機能などで気軽に質問できるのも動画配信ならでは。

課金制にすることで、自社に興味のある人だけが見てくれるのでビジネスにも有利。気軽に見れちゃう点において、新規のユーザーを獲得しやすいのもメリットだよね。

授業・講座

予備校や教材を作っているようなメーカーは、授業や参考書の内容を動画にして販売することで利益を得ているところも多いよ。

全国に数多くの校舎を持っているような大手予備校では、動画配信サービスを活用することで受験生が家にいても授業が受けられるような環境を可能にしたよ。

それだけでなく、授業を動画で受けた場合聞き逃したところも繰り返し再生できるから復習しやすいよね。

教材サービスにおいても、DVDにした場合コピー被害に逢う可能性もあるけど、動画であればよりリスクを軽減する方法もあるよね。

このように動画販売によるビジネスは大きな広がりを見せているよ。今後もぜひ注目したいよね。」

販売方法についてご紹介

ドーガくん:「動画を販売する方法も実はさまざまだよ。ここでは、動画販売の方法について紹介するよ。ぜひ参考にしてみてね。

動画配信サイトに投稿

最も一般的なのが、動画配信サイトに投稿すること。「ニコニコ動画」では、無料動画だけでなく有料動画として配信もできるよ(「You Tube」は2018年元旦に有料コンテンツ機能は廃止されました)。個人だけでなく、法人チャンネルを作成している企業も多いんだよ。配信するのは無料だから、気軽にできちゃうのは大きな特徴だよね。

法人向け動画配信システムを活用

上記のような動画配信システムだけでなく、法人向けの動画配信システムを活用しても配信できるよ。法人向けだけあってほとんど配信にはお金がかかるけど、それだけメリットも多いのが特徴だよ。

大きな特徴として挙げられるのが、サポートがしっかりとしていること。お金を払って動画配信をしているだけあって、機器はもちろんのこと動画の企画・撮影・編集まで手助けしてくれるところもあるよ。

それだけでなく、暗号化配信などセキュリティ面でもしっかりと配慮してくれるのも大きなメリット。多くの人が参加するようなセミナーでは高いセキュリティ環境は必須だよね。さらに、大規模配信に対しても負荷分散してくれることもあるので、安心して動画販売できちゃうよ。

こうした法人向けの動画配信システムを選ぶとき、何を基準にして選べばいいかわからないよね。具体的には以下のポイントで選ぶといいよ。

まずはどこの会社が運営しているかということ。動画配信システムのサービスを提供している会社はいっぱいあるよ。過去の実績などをしっかりと見ておかないと、「動画の視聴ができない」ということになるかも。

それだけでなく、どんな配信方法が利用可能かも知っておきたいところ。

動画の配信方法には、「You Tube」などが使用している、動画を再生しながらデータを読み込む「プログレッシブダウンロード配信」、動画配信専用サーバーを使用することによる、大規模配信が可能な「ストリーミング配信」、コンテンツの著作権を保護して配信してくれる「DRM配信」、動画データを端末にダウンロードして視聴する「ダウンロード配信」の4つがあるから、しっかりと確認しておく必要があるよ。

それだけでなく、サポート面が充実しているかも重要なポイントだよね。メールや電話によるフォロー体制がしっかりとしていると安心できるよね。」

このように、動画配信も利用次第では大きなビジネスチャンスです。ぜひこの記事を参考にして、動画販売で利益を得ていきましょう。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル

millvi ポータル_キャプチャ画像画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)
月額費用:
110,000円~
データ転送料/月:
1,000 GBまで無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング

videog_キャプチャ画像画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)
月額費用:
13,800円~
データ転送料/月:
要問い合わせ
会員管理:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

まずはチェック!
初導入でも安心だと評判の
動画配信システム業者3選

クラストリーム
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル
millvi ポータル_キャプチャ画像
画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)

月額費用:110,000円~
データ転送料/月: 1,000 GBまで無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング
videog_キャプチャ画像
画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)

月額費用:13,800円~
データ転送料/月:要問い合わせ
会員管理:要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

※今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選