これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2021年09月06日

Youtube

YouTubeの概要と特徴

無料動画配信システムの代表といえばYouTubeです。YouTubeの概要と特徴やメリット。商用利用する際の注意点などを解説します。

YouTubeの概要

YouTubeは、2005年にスタートしたアメリカのベンチャー企業。翌2006年には、Googleのグループ会社となり、誰もが知っている有名動画サイトになりました。

YouTubeの特徴

YouTubeの特徴は、まず無料で利用できる点と認知度の高さから拡散力が非常に高い点です。世界中に多くのユーザーがいてSNSとの連携が強く、拡散力を高める仕組みがあります。

ライブストリーミング・無料スタジオなどの利用も可能で、独自のブランドチャンネルを作ることもできます。Googleの検索に表示される機会もあるので、検索から企業アピールに繋げられます。

YouTubeを利用するべき企業

YouTubeを利用するべき企業は、新規顧客を獲得したい中小企業。YouTubeは大人から子供までユーザー層が広く、予算もテレビCMを打つよりも大幅に少なく済みます。YouTubeマーケティングの手法は大きくわけて3つです。

YouTubeチャンネルの制作

これはYouTubeにおいて、多くの情報をまとめることができる機能です。例えるなら、自社のホームぺージのようなものです。

ユーザーが動画に興味を持って「チャンネル登録」してもらえば、動画の更新をしたときにそのユーザーの目に入りやすい位置に表示されます。

インフルエンサーの活用も不可欠

YouTubeにおけるインフルエンサーは「YouTuber」と呼ばれ、その拡散力を活かし自社の商品やサービスを紹介してもらうといった方法があります。

影響力の高いYouTuberは、チャンネル登録をしているユーザーが非常に多く、広範囲へのアプローチが可能になるのです。

YouTube広告の活用も大事

YouTube広告は、「TrueView」と呼ばれています。地域・年齢・関心があることを設定して配信できるので、ユーザーの属性にターゲティングした配信ができます。データに基づき、無駄のない効率的な広告が出せるのです。

企業がYouTubeを利用する際の注意点

企業がYouTubeを利用する際の注意点は、動画作成をする前準備として戦略と企画の設計をしっかり練ることです。プロモーションやブランディング・ターゲットを整理しておかないと、コンテンツの質が高かったとしても効果は半減してしまいます。自社のSNSを立ち上げる必要もあり、専門の部署の設置・管理などのコストがかかってしまうことも考慮しなくてはいません。

加えて、最近よく目にする「炎上」についても対策も重要です。運用上のマニュアル・ポリシーを作成し、問題が起きないようにコストをかける必要があります。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選