これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年12月09日

COBO動画配信システム

COBO動画配信システム_キャプチャ画像
画像引用元:COBO動画配信システム公式HP(https://www.cobohd.co.jp/moviesystem.html)

ASP型~独自開発まで提供可能な「COBO動画配信システム」

COBO動画配信システムは株式会社コーボー・ホールディングスが運営する動画配信システムです。低価格なASP型から独自開発まで対応してくれるため、希望に合ったシステムを構築できるでしょう。また、課金型動画配信を行うための機能が用意されているのも嬉しいポイントです。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
要問合せ 要問合せ ストリーミング・プログレッシブダウンロード

費用

公式サイトに費用に関する記載がありませんでした。詳細についてはCOBO動画配信システムに直接お問い合わせください。

「COBO動画配信システム」3つのおすすめポイント

ASP型から独自開発まで提供可能

COBO動画配信システムはASP型から独自開発までさまざまな形態に対応しています。そのため、「使用するハードウェアを固定せずにインターネット上でサービスを利用したい」という場合はASP型を、「SDK対応など用途に合ったシステム構築を行いたい」場合はシステム開発から依頼すると良いでしょう。

ストリーミングやプログレッシブダウンロードに対応

COBO動画配信システムの配信方式はストリーミングとプログレッシブダウンロードを採用しており、オンデマンド配信はもちろんライブ配信にも対応可能です。
たとえばライブ配信にてイベントやセミナーの中継を行ったり、企業ホームページに動画タグを貼り付けて企業PR動画を配信することができます。また、配信先はパソコン・スマートフォン・タブレットなど端末を問わないため、より多くのユーザーにストレスなく視聴してもらえるでしょう。

動画の収益化システムも構築できる

COBO動画配信システムでは動画で収益を得るシステム構築に必要な機能を揃えているため、課金型の動画配信も行えます。たとえばお試し視聴の設定や課金フローの挿入など、ユーザーサービス提供のための基本的なシステム構築が可能。なお、低価格でのカスタマイズ構築にも対応してくれるため、予算を考慮した動画収益化システムが構築できるでしょう。

なお、動画の収益化ではユーザーの動画視聴環境に応じた配信管理が大切ですが、COBO動画配信システムではユーザーの通信環境を踏まえた動画管理機能を備えています。またセキュリティ対策としてパソコン向けにRTMPやRTMPTプロトコルを、スマホ向けにはHLSやRTSPプロトコルを利用。不正ダウンロード防止や著作権保護などの機能も用意しています。

「COBO動画配信システム」はこんな企業にお勧め!

課金型動画配信で収益化を目指す企業

COBO動画配信システムは課金型動画配信で収益を得るためのデータベース構築が可能なため、動画で収益を得たい企業におすすめです。
ユーザーが使用する端末の通信環境に適した配信を行えるほか、不正ダウンロードなどのセキュリティ対策も充実。とくに情報セキュリティ技術は運営会社である株式会社コーボー・ホールディングスが強みとしている技術のため、信頼して課金型動画配信を行えるでしょう。

COBO動画配信システムの導入事例

公式サイトに導入事例に関する記載がありませんでした。

COBO動画配信システムのサービスとは

COBO動画配信システムは低価格ASP型から独自開発まで幅広く対応可能な動画配信システムです。ニーズに応じたシステム構築が可能なため、用途に合った動画システムを導入できるでしょう。
なお、サービスの詳細や初期費用、月額費用などは公式サイトに記載されていないため、興味のある方は問い合わせフォームや電話で直接問い合わせることをおすすめします。

COBO動画配信システムのアフターメンテナンス

公式サイトにアフターメンテナンスに関する記載がありませんでした。

会社概要

  • 運営会社:株式会社コーボー・ホールディングス
  • 住所:東京都新宿区新宿6-24-22 リレント新宿2階
  • 設立:2003年5月1日
  • 導入企業:公式サイトに記載なし

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選