これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年12月17日

IBMビデオストリーミング

IBMビデオストリーミング_キャプチャ画像

画像引用元:IBMビデオストリーミング公式HP(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)

IBMが提供する動画ストリーミングシステム「IBMビデオストリーミング」

アメリカのコンピューター関連会社であるIBMが提供している動画ストリーミングシステムが「IBMビデオストリーミング」です。ライブやオンデマンドの動画コンテンツをセキュアに配信できるシステムとなっています。

録画された動画コンテンツの管理や、動画ホスティング、ライブチャットなどの複数の機能が用意されています。セキュリティーとプライバシーを保護しながら、ビジネスにおいて動画を活用するのに必要な機能が備わったシステムかつライブ配信やWebセミナーなどに活用できるプラットフォームです。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
要問合せ × 1TB~5TB ストリーミング

費用

  シルバー ゴールド プラチナ
初期費用 要問合せ 要問合せ 要問合せ
月額費用 15,180円 要問合せ 要問合せ

こんな人におすすめ

イベントに出席した多くの視聴者を、顧客に変化させるためにリアルタイム測定を行います。配信動画を録画することができますので、後から視聴者に共有する、非公開動画として管理するといったこともできます。

また、ストリーミングや動画ホスティングに特化したシステムとして、セキュリティを向上させた安全性の高い動画配信が可能となっています。分析結果に基づいて、マーケティングに役立てることもできます。拡張性の高い動画プラットフォームを探している方が便利に利用できるサービスです。

「IBMビデオストリーミング」3つのおすすめポイント

細かな測定で顧客化につなげる

イベントで視聴者を引き付けることができ、測定を徹底することでパフォーマンスの向上に役立てます。これらの分析によって、動画視聴者を購買層として取り込める可能性が上がります。

リアルタイムのチャットやユーザー投票機能

埋め込みでユーザー管理をしたり、ユーザー投票機能を備えたチャットがあるので、視聴者との距離を縮めることができます。

安全な配信が可能

IBMのクラウドベースの動画ストリーミングソリューションは、ライブ配信やオンデマンドのイベントが安全に配信されるように考慮されています。動画コミュニケーションをシンプルにすることで、セキュア機能を向上させた動画配信が可能となりました。

主な機能

オンライン採用活動を効率化させる様々な機能がある動画配信プラットフォームですが、主に便利な機能をご紹介します。

HDライブ配信

フルHDコンテンツが視聴者に届けられます。ビットレートや解像度の制限なく配信できるので、視聴者のストレスをためることがない動画配信が可能となりました。

動画の録画

非公開動画として録画する機能があります。録画した動画は視聴者に共有しないこともできます。

ライブチャット

リアルタイムにチャットができるので、視聴者との距離が近くなります。ユーザー投票機能もあるので、視聴者とコミュニケーションを図ることができるでしょう。

マルチCDN

複数のコンテンツ配信ネットワークにアクセスできるので、拡張性が高くなっています。グローバルに動画配信をしたいときでも対応できるシステムです。

マルチデバイス

画面サイズや帯域幅に関係なく、ほぼすべてのデバイスでライブ配信やオンデマンド動画の再生ができます。視聴者がデバイスに関係なく利用できるサービスです。

カスタイマイズ機能

自社のブランドに合わせてカスタマイズ可能です。過去の配信のハイライトを表示させたり、次回の予告などを再生させることができます。

ループ機能

動画が特定の時間に再生できるようにスケジュール設定したり、自動でループ再生されるようにできます。

導入事例

ライブ配信

ライブ配信を行うときに活用しています。特にグローバルに展開させたいときでも、複数のコンテンツ配信ネットワークにアクセスできるという拡張性の高さを活かせるでしょう。

Webセミナー

ビジネスにおけるセミナーを開催する際に、会場を探したりするなどの手間が発生しました。しかしオンラインで動画配信できるようにしたことで、参加人数の大小にかかわらず満足度の高いセミナーを開催できています。また動画を録画しておけるので、視聴者が後から何度も視聴できるのも魅力的です。

サービスやアフターサービスなどについて

無料以上のプランであれば電話サポートが付随しているので、いつでもカスタマサポートが問題点を解決してくれます。

会社概要

  • 運営会社:日本アイ・ビー・エム株式会社
  • 住所:東京都中央区日本橋箱崎町19-21
  • 設立:1937年

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選