これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2024年04月22日

ImageFlux Live Streaming

ImageFlux Live Streaming_キャプチャ画像
画像引用元:ImageFlux Live Streaming公式HP(https://www.sakura.ad.jp/services/imageflux/livestreaming/)

低遅延かつ高画質が強みの「ImageFlux Live Streaming」

ImageFlux Live Streamingはさくらインターネット株式会社が運営するコンテンツ配信サービスです。低遅延・高画質の配信を実現しており、大規模配信にも対応可能。すべての機能を試せるトライアルを用意しているため、まずは機能や性能をチェックしてみると良いでしょう。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
要問合せ 1GB~数百TB ストリーミング

費用

  • データ転送料:データ転送量1GB当たりの従量課金
  • ストレージ使用料:ストレージ使用量1GB当たりの従量課金

公式サイトにおいて、初期費用に関する記載はありませんでした。なお、月額料金は従量課金のため、使用状況によって異なります。詳細についてはImageFlux Live Streaming に直接問い合わせることをおすすめします。

「ImageFlux Live Streaming」3つのおすすめポイント

低遅延・高画質で映像を配信できる

ImageFlux Live Streamingの強みは、低遅延かつ高画質でのライブ映像配信ができること。大容量バックボーンネットワークにより安定した配信を実現しており、片方向配信だけではなく双方向配信にも対応可能。オンラインセミナーやスポーツ中継、オンライン講義の配信などに活用できます。
なお、遅延の目安は数万人規模のライブ配信では5秒程度ですが、オンライン講義やセミナー配信などでは0.5秒程度の低遅延でストレスなく配信を行えます。

また、ImageFlux Live Streamingは4K配信(最大4K 30fpsまで・ビットレートは15Mbps まで)が可能。高画質な映像と音声の配信はもちろん、音声のみ、映像のみの配信もできます。さらにカメラ映像だけではなくパソコン画面の配信もできるため、幅広い用途で活用できるでしょう。

突発的なアクセス集中にも耐えられる

たとえば多人数向けの大規模配信をおこなったとき、アクセスが集中してサーバーがダウンしてしまうのではないか?という不安もあるでしょう。そこでImageFlux Live Streamingでは、大容量回線を用意しサーバー負荷を分散させ、表示速度の低下やサーバーダウンを防止しています。そのため、突発的なアクセス集中にも耐えられるため安心です。

設計~運用まで任せられる

ライブ配信環境構築の基盤となるImageFlux Live Streaming。オリジンサーバーや配信システムの設計・構築・運用はすべて運営会社であるさくらインターネット株式会社がおこなってくれます。そのため用意されたストレージに映像などのファイルをアップロードするだけで配信できます。手間のかかるシステム構築をお任せできるため、コンテンツの拡充や管理に集中できるのが魅力です。

セキュリティレベルの高い動画配信
オンプレミス版システムについて確認する

「ImageFlux Live Streaming」はこんな企業にお勧め!

低遅延で大規模配信を行いたい企業

ImageFlux Live Streamingはサーバーの高負荷対策を行っているため、多人数がアクセスする大規模配信もストレスなく行えます。低遅延はもちろん、高画質なのも嬉しいポイント。スポーツ中継や会員限定の配信などにおすすめです。

双方向の配信を行いたい企業

たとえばオンライン講義やweb会議など、配信者と視聴者でコミュニケーションをとりたい場合もあるでしょう。ImageFlux Live Streamingは双方向の配信にも対応しているため、複数のブラウザ間でコミュニケーションをとりながら配信を行うことができます。

ImageFlux Live Streamingの導入事例

「遅延が少ない」「高画質な映像を配信できる」という魅力をもつImageFlux Live Streaming。ここでは、ImageFlux Live Streamingの導入事例を紹介します。

導入事例1. 「株式会社オムニバス・ジャパン」

スマートフォンでAR体験ができるサービスを提供している株式会社オムニバス・ジャパン。ライブ配信映像にも対応できるよう、ImageFlux Live Streamingを導入しました。WebRTCを利用することで遅延も少なく、高画質を実現。セキュリティも信頼できたのだそう。またImageFlux Live Streamingが保守や運用のサービスにも対応していることで、安心感もあるのだといいます。

導入事例2. 「IVSテレビ制作株式会社」

ImageFlux Live Streamingの導入によってポスプロ業務用の動画共有システム開発・構築を実現した事例です。コストを抑えながらも低遅延・高画質の映像共有ができ、編集所に人を集めなくても業務を進められるようになりました。

ImageFlux Live Streamingのサービスとは

ImageFlux Live Streamingは従量課金型のコンテンツ配信サービスです。使用した分だけの料金がかかるため「毎月同じ料金を支払っているが、ほとんど利用していない月もあるためムダに感じる」ということがありません。定額料金ではないため使用量に応じて毎月の費用が異なるものの、使用量が少ない月は費用を抑えられるのが魅力的ですね。

ImageFlux Live Streamingのアフターメンテナンス

ImageFlux Live Streamingはライブ配信を行うためのシステム設計~運用までお任せできるサービスのため、導入後はコンテンツ配信を行い管理するだけでOK。もちろん不明点などがあれば問い合わせ窓口から相談可能です。

会社概要

  • 運営会社:さくらインターネット株式会社
  • 住所:大阪府大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル11階
  • 設立:1999年8月17日
  • 導入企業:ARAV株式会社、IVSテレビ制作株式会社、株式会社オムニバス・ジャパンなど

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選