これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2024年04月22日

ミルビィ

ミルビィ_キャプチャ画像
画像引用元:ミルビィ公式HP(http://millvi.jp/)

セキュリティに強い動画配信システム「ミルビィ」

ミルビィ(millvi)は、動画配信に必要な機能をつけたクラウド型の動画配信システムです。パソコンやタブレット、スマートフォンでの閲覧はもちろん、フィーチャーフォン(ガラケー)にも対応した動画配信が可能。

また、セキュリティについても強化していて、ログインID・パスワードによる閲覧制限の他、国外アクセス制限、ドメイン制限などが備わっています。より、強固なセキュリティを求めるなら、通常のプランよりも「millviポータル」がおすすめ。会員制動画配信サービスで、課金機能などもついています。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
500~2,000GB ストリーミング

費用

ミルビィ

  エントリープラン プロフェッショナルプラン
月額費用 50,000円 120,000円

ミルビィポータル

  エントリー スタンダード プロフェッショナル
初期費用 100,000円 200,000円 200,000円
月額費用 50,000円 100,000円 150,000円

「ミルビィ」5つのおすすめポイント

セキュリティ体制を重視した動画配信

ミルビィでは高度な情報セキュリティを追求しており、暗号化ストリーミング配信やドメイン・IP制限、動画のたびに設定できるワンタイムURL、視聴可能ユーザーの認証といった情報セキュリティ対策機能によってリスクマネジメントを行っています

クラウドサービスとしてユーザーが常に最新バージョンを利用できる他、課金販売するコンテンツについてインターネット上に違法コピーが投稿されたり、不正にアクセスされたりといったリスクを軽減できるため、コンテンツの価値を維持しながらユーザーへの安心感を提供できることも重要です。

よりセキュリティレベルが高められる「millviポータル」

ベーシックなクラウド型動画配信プラットフォームとしてミルビィを利用するだけでなく、さらに厳重な情報保護やユーザー管理を追求したいと考えている場合、「millviポータル」を利用することも可能です。

millviポータルはクライアントが自社専用の動画ポータルサイトを構築できるサービスとなっており、動画を配信したり投稿したりするだけでなく、メール配信やアンケート調査、テストといった複数の機能を活用できます。

ユーザビリティに配慮して導入しやすさを重視

ミルビィは動画を配信する側にとっても視聴する側にとっても使いやすいUIを重視しており、動画プレイヤーとしてあらかじめ10種類の異なるインターフェイスが用意されていることもポイントです。

それぞれのインターフェイスはテンプレートを変更するだけで簡単に切り替えられることが可能となっており、自分に合わせたデザインや使用感を選べることが特徴です。動画配信に必要な機能もパッケージングされていて、登録から配信まで最短5分で始められる他、疑問があれば動画の専門チーム「カスタマーサクセス部隊」のサポートも受けられます。

気軽に試せる無料トライアルと複数のプラン

ミルビィではスタンダードプランやプロフェッショナルプラン、さらに大規模なプランなども用意されており、月間転送量やストレージ容量、月額費用といった複数の要素を比較検討しながらニーズとマッチングすることが可能です。

また、正式導入の前にミルビィの使用感を確かめたい方のために、14日間の無料トライアルも用意されており、トライアル製品を実際に使ってミルビィの利用メリットや操作性をきちんとチェックしてから導入プランを検討することもできます。

様々な企業やプロジェクトへの導入実績

ミルビィの公式サイトでは、実際にミルビィを導入した企業に関する導入事例も複数紹介されており、その導入実績はサービス開始以来、2022年4月10日時点で700社以上と伝えられています。

導入した目的や活用法も、社内教育や商品のプロモーション、人事関連業務など多岐にわたっており、それぞれの企業にとって利用メリットを見当できることは魅力です。

※参照元:ミルビィ公式ホームページ(https://millvi.jp/product/millvi/)

こんなサービスにおすすめ

ファンクラブの運営

ミルビィでは自社独自の動画配信プラットフォームを構築できるため、オリジナリティを重視した動画配信サービスを検討することができます。また、情報セキュリティについても安心感を提供できる機能が追求されており、登録会員の個人情報を保護したり、違法なコピー動画が外部へ拡散・流出したりといったリスクを回避しやすいことも重要です。

社内向け情報の共有

IP制限によって外部からのアクセスを遮断したり、動画へアクセスできるユーザーを社内や関係先に限定したりすることで、大切な機密情報や人材教育マニュアルなどを扱いながら情報共有や社員教育を進めることができます。

セミナーや研修の模様をリアルタイムで配信できるだけでなく、オンデマンド動画配信にも対応しているため、任意のタイミングで情報を取得できることも強みです。

商品説明・オンボーディング

マルチデバイス対応のため、パソコンやスマートフォンなどユーザーが自分の好きな方法で動画を観たり情報へアクセスしたりすることができます。

また、商品説明動画を視聴しているユーザーの属性や傾向について視聴分析を行えるため、プロモーションだけでなくマーケティング戦略としても有効性を追求していくことが可能です。

セキュリティレベルの高い動画配信
オンプレミス版システムについて確認する

「ミルビィ」はこんな企業にお勧め!

初めて動画配信システムを導入する企業

ミルヴィの最大の魅力が、使い勝手の良さ。非常に簡単な操作で動画の配信などが行えるので、インターネットに詳しくない企業や動画配信が初めてという企業におすすめです。動画をアップロードした後で、割り当てられたタグをつけて配信するだけ。さらに、どんな形式ファイルであっても再生する端末にサイズやフォーマットを自動であわせてくれます。そのため専門知識ゼロでも動画配信を始めることができるでしょう。

またソーシャルメディアへの投稿も、管理画面にアカウントを登録するだけで動画のアップが1クリックで終了です。またアップした動画の更新や削除なども、管理画面で一括管理できるので非常に分かりやすいでしょう。

セキュリティを重視したい企業

ミルビィは他の動画配信システムと比較して、強固なセキュリティ体制を兼ね備えています。もちろん、企業の情報を守るための「millviポータル」が利用できる点も魅力的ですが、ユーザーによるコピーを防止する機能も実装。さまざまな面でセキュリティを強化しています。

動画配信システムをお試ししたい企業

これから本格導入するにあたって、一度動画配信システムを試してみたいという企業には、30日間の無料お試しがおすすめです。ミルビィなら3つのプラン全てがお試しできるので、実際に導入した場合と同様の環境で、システムを試せます。

サポートを受けたい企業

サポートが充実しているのもミルビィの魅力のひとつ。動画配信をはじめた企業にとって、何から始めたら良いのか分からないことも多いでしょう。そんな方のために動画制作トレーニングパックのサービスがあります。動画の企画から撮影方法、編集に至るまで動画制作に必要な技術を丁寧に教えてくれるサービスです。そのため多くの人に動画を見てほしい企業にとっては嬉しいシステムと言えるでしょう。

すべて任せたい企業であれば、「動画制作おまかせパック」も用意されています。丸ごと任せることができるので、しっかりとサポートを受けることができるでしょう。つまりサポートの内容も必要度合いによって選択することが可能です。本当に必要と思うサポートを選択すれば、充実した動画配信を行うことができます。

ミルビィの導入事例

動画配信システム「ミルビィ」のメリットは、使いやすく幅広いネットワークにアプローチできる利便性です。導入している企業は「株式会社アミューズ」「カーコンビニ倶楽部株式会社」など多岐にわたり700件以上(2021年12月時点)。業種を問わず活用されています。

導入事例1. 「株式会社アミューズ」

アーティストの「コンテンツ」配信をメインとしています。テレビなどではなかなか見ることができない“そのままのアーティスト”が楽しめるため、ファンからはもちろん、少し興味があるという人も気軽に楽しめるのが大きなメリット。

パソコンやスマートフォンなどほぼすべてのデバイスで閲覧できるうえ、画像や音声などしっかりと安定した配信が可能なところが魅力的です。

導入事例2. 「カーコンビニ倶楽部株式会社」

日本全国に直営・FC加盟を含む1,000店舗を持つ「カーコンビニ倶楽部株式会社」では、動画配信システム「ミルビィ」を“社内の情報共有手段”として活用しています。

情報の共有や技術のスキルアップ・セミナーなどを行なう場合、多くの人数を集めて一斉に共有するのが効率的ですが、全国各地に店舗を持つ「カーコンビニ倶楽部株式会社」ではそう簡単に従業員を集めることは不可能。

そのため、移動の時間や手間を必要とせず“情報共有”する手段として動画配信システム「ミルビィ」を導入しました。

ミルビィを選んだ決め手は「誰でも操作が簡単にできる」という利便性。シンプルで分かりやすく誰でも使えるから、すべてのスタッフに確実に配信することができます。

ミルビィのサービスとは

ミルビィのサービスは以下のものがあります。

  • 会員制動画配信サービス「ミルビィポータル」
  • 動画販売サイト構築システム「ミルビィポータルEC」
  • 動画を利用したオンライン学習サービス構築システム「ミルビィラーニング」

豊富な機能と、目的に応じてより専門性のあるサービスを展開しているからこそ「シンプルでわかりやすい操作性」を実現している動画配信システム「ミルビィ」。使い方に合わせて機能を選ぶことで、より効果的に集客またはビジネスを展開することができます。

スマートフォンアプリを利用すれば動画の編集から配信まで、すべてを行なえるのが非常に魅力的。限られた時間を有効に利用したい人にもオススメです。

「ミルビィ」公式サイトでは、ミルビィ使用にあたっての具体的なFAQが豊富に掲載されており、わからないことがあってもすぐに問題解決できる環境が整っています。このような細かい配慮も多くの企業から支持され続けるポイントですね。

さまざまな動画配信方法を細かくサポートするためITソリューション企業との連携も行なっているので、本格的な動画配信を利用するならぜひオススメのサービスです。

ミルビィのアフターメンテナンス

システムに詳しくなくても、1週間ほどで動画配信システムを利用することが可能な「ミルビィ」はアフターメンテナンスも充実しています。

動画配信システム「ミルビィ」の利用料金は5万円。30日間の無料お試し版もあるので、じっくりと使ってみてから利用するかどうかを決めることができます。

会社概要

  • 運営会社:株式会社エビリー
  • 住所:東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル B1
  • 設立:2006年10月2日
  • 導入企業
    株式会社アミューズ、株式会社ナノ・ユニバース、カーコンビニ倶楽部株式会社、キャノンマーケティングジャパン、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 ピティナ、スリープロウィズテック株式会社、エン・ジャパン、コニカミノルタ、ウェディングパーク、シスメックス、株式会社ライトワークス、株式会社学研教育出版、ピーエスシー、アクタス、アクセルエンターメディア、加藤ミリヤオフィシャルファンクラブサイト(一部抜粋)

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選