これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2023年10月19日

OneStream

OneStream_キャプチャ画像
画像引用元:OneStream公式HP(https://one-stream.site/)

簡単に動画サイトを作成できる「OneStream」

OneStreamは手間や時間をかけずに動画サイトを構築したい企業におすすめです。動画をアップロードするだけでサイトが作成できるため、サイト構築の知識に自信がなくても問題ありません。月額料金も10,780円~と安価なため、導入・運用コストを抑えたい場合にも適しているでしょう。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
~10GB/~30GB/無制限 ストリーミング

費用

  基本プラン プロプラン ビジネス
プラン
エンタープライズ
プラン
初期費用 0円 0円 0円 別途お見積り
月額費用 税込10,780円 税込21,780円 税込43,780円 別途お見積り

「OneStream」4つのおすすめポイント

ノーコードで会員動画サイトを制作できる

OneStreamは初めて利用する人でも直感的な操作性を提供できるよう設計されており、利用者の目線に立ったUIをコンセプトにしていることが特徴です。会員用の動画サイトを構築するために役立つ様々な機能がパッケージングされたオールインワンサービスになっている上、ノーコードでサイトデザインを自由に調整できるため、オリジナリティを追求していきたい人にとってもメリットがあります。

全てのプランにおいてユーザー数やデータ転送量が無制限になっており、将来的な会員の増加にも備えられます。

ユーザビリティを高めた動画配信プラットフォーム

OneStreamでは配信したい動画を簡単にアップロードできるようになっており、それぞれの動画は任意のタグ追加やカテゴリ分類を行うことで視聴者が見つけやすいように工夫することが可能です。

動画配信だけでなくライブ配信やリアルタイムのコメント機能、グループ管理機能など様々な機能がまとめて搭載されているため、動画配信ページを作成するために新しいアプリやシステムを追加インストールするといった必要はありません。

オプション機能も選択できる

OneStreamの各プランには動画配信やユーザー管理、分析評価などに必要な基本機能だけでなく、それぞれのプランに応じたオプション機能も用意されています。

サブスク型課金や承認機能、アンケート機能、動画のセット販売や単体販売、カスタムID認証といった色々な機能やサービスを利用できるため、プランを比較検討する際の参考となります。

なお、エンタープライズプランであればAndroidやiOSのスマホアプリも活用可能です。

無料体験が可能

OneStreamの導入価値を検討するために、事前の無料トライアルを利用することもできます。トライアルに申し込んで無料体験を始める際は決済登録も不要になっており、使用感が気に入らなければ使用を中断する際も簡単です。

無料体験期間は申込みから30日間となっており、無料トライアルでアップロードした動画やプレイリスト、会員情報などは正規版へ引き継ぐことができます。

セキュリティレベルの高い動画配信
オンプレミス版システムについて確認する

「OneStream」はこんな企業にお勧め!

オンライン動画ビジネスを検討している企業

学習塾やジムなどの教室を経営している企業におすすめです。OneStreamを活用することで動画配信を簡単に行えるため、オンラインスクールやeラーニングサイトなどの動画ビジネスに役立つでしょう。

社内研修などを効率的に行いたい企業

社内研修は人材が入社する度に行いますが、対面での実施では何度も同じことを話す・指導者側の時間を確保しなければならないなどのデメリットもあります。そこでOneStreamを活用すれば社内研修の動画を提供すればよいため、手間を省けます。リモートワーク中の社員へのマニュアル提供にも役立つでしょう。

セミナーを開催する企業

たとえばセミナー講師がOneStreamで動画を作成すれば、アーカイブ配信として会員限定公開することが可能です。基本プランでもユーザー数は無制限ですから、会員が増加しても問題なく運用できますね。

導入事例

学会発表のオンデマンド配信

医療分野で学会運営や発表のサポートを行っているシー・ワークス合同会社では、コロナ禍によってリモート環境での学会発表やオンライン開催へのニーズが高まった事情を受けて、OneStreamによる動画配信サービスを導入しました。

テンプレートを使ってスムーズな作業を進められた上、発表内容に関連した患者情報が流出したり不特定多数の視聴を制限したりできるクローズドな配信環境を構築したことで、利便性とセキュリティ性を同時に確保できたそうです。

※参考元:OneStream公式ホームページ(https://one-stream.site/posts/fQryS4tu)

オンライン講座

出版業界から様々なメディア展開までカバーする株式会社新潮社では、オンライン講座として「本の学校」を運営しており、そのプラットフォームとしてOneStreamを活用しています。OneStreamにした決め手は、複数の動画配信サービスを比較検討した結果、コストパフォーマンスにおいて最も適正性が高いと判断したからであり、またUIやUXが分かりやすくITスキルに乏しい人であっても安心して使いやすいと判断されたからでした。

※参考元:OneStream公式ホームページ(https://one-stream.site/posts/BNBOQXIJ)

動画サブスクサービス

編み物の業界における新分野としてワイヤーバッグ作りの普及に努めている一般社団法人手編みワイヤーバッグ協会では、動画配信による情報発信を行っています。

OneStreamは小規模事業者のニーズにもマッチしたプランや価格帯が用意されており、デザインについてもIT初心者が使いやすいと感じたことがポイントだったそうです。

またサブスクの課金期間も複数の選択肢を用意し、ユーザーが気軽に登録しやすくなったことも重要でしょう。

※参考元:OneStream公式ホームページ(https://one-stream.site/posts/Z2Xg81pq)

OneStreamのサービスとは

OneStreamでは初期導入支援サポートを行っています。また、1on1サポートも行っており、導入に不安のある企業でも安心して利用できるでしょう。

OneStreamのアフターメンテナンス

OneStream ではエンドユーザ向けのヘルプデスクを設置しています。日中であれば365日間対応してくれるため、急なトラブル時にも安心して頼れます。ただしヘルプデスクサポートサービスはBusinessプランのみが対象のため、導入後もしっかりとしたサポートを受けたい場合はBusinessプランの導入をおすすめします。

会社概要

  • 運営会社:株式会社ルートチーム
  • 住所:東京都中野区弥生町2-41-17 TCIC 208
  • 設立:2018年6月27日
  • 導入企業:公式サイトに記載なし

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選