これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2024年04月22日

ビアプラッツ

NTTグループが提供する動画配信システム「ビアプラッツ」

ビアプラッツ_キャプチャ画像

画像引用元:ビアプラッツ公式HP(https://www.ntt-tx.co.jp/products/viaplatz/)

ビアプラッツは、NTTの子会社が提供する動画配信システムです。録画した動画の配信はもちろん、ライブ配信や動画へ図形や文字を書き込めるなど、多彩な機能を搭載しています。

また、社員研修などで使用する場合、アンケートや理解度テストなどの実施も可能。ちなみに、ライブ配信、書き込みなど、アンケート・理解度テストはオプションですので、別途費用が必要です。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
記載なし 5~30GB ストリーミング

費用

  パブリッククラウドサービス プライベートクラウドサービス
初期費用 55,000円 330,000円
月額費用 110,000円 330,000円~

※このほか、オンプレミス型システム(300万円~※税別)もあり。

こんな人におすすめ

ビアプラッツのシステムは、NTTの研究所が培ってきた動画配信技術をベースに開発されています。また、ピアプラッツのスタッフは、映像機器やネットワークに関する高度な知識と経験を保有しています。

以上に加え、「動画に図形や文字などを自由に書き込める」「テストやアンケートで学習効果を測定できる」などの特徴があるので、社員研修や教育に動画を活用したいと考えている方にも適しているかと思います。数千人規模の大規模ライブ配信に対応しているので、全国に会員を有する教育機関や企業であっても快適に利用できます。CSVファイルによるユーザー一括登録機能など、大規模ユーザーを管理しやすい機能を備えている点も見逃せません。

ビアプラッツには、以上の魅力などがあります。動画配信に興味をお持ちの方は、候補に加えてみてはいかがでしょうか。

「ビアプラッツ」3つのおすすめポイント

NTTグループという運営母体としての信頼感

ビアプラッツはNTTグループの一員であるNTTテクノクロスによって提供・運営されている動画配信システムであり、民間企業だけでなく官公庁などでも利用されることを前提として要件定義やシステム設計が行われています。そのため商品のプロモーションや研修会、説明会、さらには議会中継のようなものまで自信を持ってサポートしてもらえる環境が整えられており、企業母体や運営媒体としての安心感があることは重要です。

大人数が参加するライブ配信も可能

ビアプラッツはいつでもどこでも安定的に動画を視聴したり配信したりできる信頼性が重視されており、ユーザーIDと認証コードやパスワードを使った多段階認証によって利用者の信用性を確保しています。また、動画ごとにコンテンツの公開範囲を設定できる他、オンプレミス型とクラウド型の両方から任意のベースを選択できるため、自社の導入ニーズに合わせて利便性をカスタマイズしていけることも強みです。

大人数の同時アクセスでも配信品質を維持して、正確な情報共有を目指せます。

オプション機能で動画視聴後の理解度調査などもスムーズ

ビアプラッツでは基本仕様の他に複数のオプション機能が用意されており、動画視聴後に理解度テストやアンケート調査を実施して、視聴者からのフィードバックを次の動画作成やセミナー運営に活かしていけることが魅力です。

また、動画を視聴しながらリアルタイムの書き込みも行えるため、積極的なディスカッションによってリモート環境での会議や研修会の価値を高めていくこともできます。その他、関連ソリューションも提供されています。

こんなサービスにおすすめ

ノウハウ集や技能伝承

ビアプラッツには基本機能として簡易動画編集機能が搭載されており、動画編集ソフトを活用しなくてもブラウザ上でスムーズに動画を編集することができます。そのため、業務ノウハウや人材教育のカリキュラムなどを動画として配信したり、アーカイブにコンテンツを保存しておき社内共有できるノウハウ集や技能マニュアルとして活用したりする際にも有効です。

2段階認証によって無許可のユーザーが閲覧することを制限できるため情報漏洩リスクも軽減します。

情報発信や研修など

オプションとしてライブ配信機能を活用すれば、カメラとエンコーダを用意するだけですぐにライブ配信環境を整えることが可能です。

これまで動画配信やライブ配信を行った経験がなくとも、周辺機器をそろえれば速やかにライブ配信を行えるため、プロモーションやプレゼンテーションのための情報発信も行いやすくなるでしょう。

また環境構築が容易なため、複数拠点でリモート研修を行いたいような場合にもコストを抑えつつプランを進めていくことができます。

主な機能

以上の特徴に加え、高度な機能を備えている点もビアプラッツの魅力です。誰でも快適に利用できる環境が整っています。具体的には、次の機能などを備えています。

自動アップロード

デスクトップアプリケーションをインストールすることで、PC内の指定フォルダに納めた動画ファイルを自動でアップロードすることができます。設定をしておくとバックグラウンドでアップロードされるため、動画ファイルを登録する作業を省けます。大量の動画をアップロードする予定の方にうれしい機能です。

ログレポート

視聴ログや操作ログを表示することができます。再生回数・視聴時間のほか、曜日別・時間別・ユニークユーザー数・再生率なども確認できます。1分ごとのリアルタイム視聴数を確認することも可能です。様々な情報を得られるので、視聴者に届く動画を作りやすくなります。

権限設定

管理権限はもちろん視聴権限も細かく設定できます。具体的には、動画ごとに視聴権限やコメント書き込み権限を設定できます。例えば、特定のユーザー、特定のグループのみに視聴を許可する、コメント書き込みを許可するなどです。以上のほかにも、ダウンロード・アップロードの権限なども設定できます。

埋め込みプレイヤー

動画を配信したいもののホームページのデザインは変えたくない方は多いはず。このような方に向けてビアプラッツは埋め込みプレイヤーを用意しています。動画を再生するプレイヤーをホームページ上に貼り付けることができるので、大幅なデザイン修正を行うことなく動画を配信できます。

マルチデバイス対応

スマホやタブレットが普及したことにより、動画をパソコン以外で視聴する方が増えています。ビアプラッツァは、PC・スマホ・タブレットでの視聴に対応しています。また、端末に応じたビットレートでの配信も行っています。

動画とスライドの連動

動画の理解度を高めるためにスライドを併用したいことがあります。このようなケースに備えて、ビアプラッツはスライドを連動させて表示する機能を備えています。動画とスライドは自由に切り替え可能です。また、決められたポイントからスライドへジャンプさせることも可能です。

以上が主な機能です。オプションサービスとして以下の機能も用意しています。

ライブ配信

PCとカメラがあれば動画配信を行えます。

動画へ図形などの書き込みとタイムライン上にコメントの書き込み

図形やコメントなどを利用することで、理解を促せるとともに視聴の負担を軽減できます。

アンケート・テスト

動画視聴後にアンケートやテストを行えるオプション機能です。

様々な機能を備えているので、充実した内容の動画を配信することができます。学習や仕事の理解度を高めたいなど、目的を持って動画を配信したいと考えている方にとって、利用しやすい動画配信システムといえるでしょう。

セキュリティレベルの高い動画配信
オンプレミス版システムについて確認する

「ビアプラッツ」は、こんな企業にオススメ

大手と契約したい企業

動画配信システムを提供している業者は数多くあります。そのため、どこの業者が良いのか選べないという企業もあるでしょう。大手が行っているシステムなら安心という企業にビアプラッツはいかがでしょうか。

ビアプラッツはNTTグループが提供している動画配信システムになります。システムにかかわる機器だけでなく、拠点間のLANやネットワーク回線に至るまで、すべてをNTTグループが提供。そのため安定した環境下で動画配信サービスを行うことができるでしょう。大手ならではの安心感は、ビアプラッツの魅力のひとつです。

大規模なライブ配信をしたい企業

日本全国に社員を抱えている企業も複数あります。そんな企業に対応しているのが、ビアプラッツです。

ビアプラッツなら、1000人以上が参加するような大規模な動画配信にも対応しています。さらに日本全国に拠点がある場合でも、ライブ配信機能で安定した配信を行うこともできるでしょう。もちろん仕事の都合などで、ライブの時間に視聴できない社員もいるはずです。自動録画を利用することで、後から視聴することも可能。そのため多くの社員に動画視聴を促すこともできるでしょう。

視聴後にテストを行いたい企業

重要な動画であっても流し見をする社員もいるかもしれません。また理解度も把握できなければ、動画配信の意味が半減するでしょう。ビアプラッツなら動画視聴のあとでアンケートやテストを行う機能をオプションで付けることができます。テストやアンケートを行えば、動画の理解度を把握することも簡単です。また、その機能を用いれば、充実した動画コンテンツの配信を行うこともできるでしょう。

導入事例

学校法人倉橋学園 キラリ高等学校

学校法人倉橋学園 キラリ高等学校は静岡にある私立通信制単位制高校です。週3日以上通学して授業を受ける「通学タイプ」と、通信による授業を主体とした「通信タイプ」を設けているのが特徴。インターネットを使った授業では、各教科の担任教諭が45分間の授業を自分でビデオ撮影し、本人がアップロードまで担当しています。2015年より「viaPlatz」を導入したことで、解像度が上がって板書がきれいに読めるようになったとのこと。また、PCだけではなく、スマートフォンやタブレットでも録画配信授業を受けられるようになり、生徒の利便性も向上したそうです。

サービスやアフターサービスなどについて

提供サービスとセキュリティ

手軽に使える低価格のものから大規模な構築が必要なものまで3種類のサービスがあります。

  • パブリッククラウド型:インターネット経由で動画配信サービスを提供する低価格帯のプラン
  • プライベートクラウド型:データセンターにお客様専用のプライベートクラウドシステムを設置し、インターネット経由で動画配信サービスを提供するプラン
  • オンプレミス型:お客様の組織内にあるプライベートネットワークに動画配信サービスを独自に構築する大規模プラン

セキュリティに関しては、パブリッククラウド型・プライベートクラウド型はSSL対応、ウィルス対応、IPS(不正侵入検知/防御)が標準装備されており、脆弱性や問題点などの発見時は迅速にセキュリティパッチを適用します。オンプレミス型は自社運用による閉域ネットワークのため、安全性が高い状態で動画を配信できます。

柔軟なサポート体制

長年培ってきた動画配信技術の経験を生かし、お客様からの機能改善要望に対して臨機応変に対応。また、映像配信やネットワーク、ソフト開発の専門家によるサポート体制をとっているので、トラブル発生時は問題解決に向けて迅速に対処してもらえる点も魅力です。

会社概要

  • 運営会社:NTTテクノクロス株式会社
  • 住所:東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー15F
  • 設立:2017年4月1日(NTTテクノクロス)

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選