これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

動画配信システムの導入スターターガイド » 動画配信システムによるライブ配信なら何が良い?

この記事の最終更新日:

動画配信システムによるライブ配信なら何が良い?

近年リモートワークが徐々に普及するにつれて、ライブ配信が注目されています。ここでは動画配信システムのライブ配信でできることや、各動画配信システムのライブ機能・ウェブキャスティング機能について紹介していきます。

Web会議システムとどちらを採用するべき?

ウェブ会議システムとライブ配信システムを同じように考えている人もいますが、実は全く異なり、ライブ配信は一方通行のツールであり、一方のウェブ会議システムは双方向のコミュニケーションツールとなっています。そのためウェブ会議システムは送信者・受信者の双方がウェブ会議用の設備が必要です。また利用するたびにログインや調整作業を必要とするなどの手間を要するでしょう。さらに双方向による通信を快適にすることを重点に設計されているため、映像よりも音声を優先的に聞こえるようにシステムが構成されており、また視聴できる人数に制約があるケースも多々あります。

ライブ配信は基本的に一方通行のシステムですが、ウェブ会議システムとは異なりインターネットが繋がる環境・パソコンやスマートデバイスが用意できれば、誰でも簡単に閲覧することが可能です。大勢の方へ一斉に配信ができ、また視聴者数が増加しても高品質な音声・画像で配信することができます。

つまり双方向の通信が必要ではない場合には、ウェブ会議システムよりもライブ配信の方が適しているでしょう。

ライブ配信システムで出来ること

では、実際にどのようなことがライブ配信で行えるのでしょうか。ここでは具体的にライブ配信で可能な内容について紹介していきます。

社内研修

社内研修は従来であれば、研修を受ける社員を一か所に集め研修を進めていきます。また複数の拠点を構えている企業であっても、外部から講師を呼ぶ際には一か所に社員を集める必要があるでしょう。そうなれば大規模な会場を確保しなければならず、また交通費も負担しなければなりません。ライブ配信を使用することによって、複数の拠点を構えている企業であれば、それぞれのエリアで社内研修を受けることが可能です。その結果、会場費や交通費の削減に繋がり、また移動時間の無駄を省くことができるでしょう。

社内広報/情報共有

複数の拠点を構えている企業の場合には、表彰式や全体会議などのイベント時に本社に集合することも度々あるでしょう。しかし、その度にスケジュールの調整や場所、交通費などの手間や負担もかかってしまいます。ライブ配信を活用することによって、イベントや会議にかかる手間もなく配信することが可能です。

また、ほとんどの会議などは議事録を作成します。文章で情報共有をすると、どうしても正確に物事が伝わらないこともあり、こまかなニュアンスを伝えることが難しいでしょう。ライブ配信であれば、会議の細かなところまで共有でき、正確に会議の内容を共有することが可能です。

ライブ配信システムを活用した事例

IT技術に関する開発や運用、企画推進などを担当する事業においてライブ配信システムを導入。半期に1度の頻度でマネージャークラスの社員が集まり、目標や方針の情報を共有し、意識の統一を図るようにしていました。その時の内容を一人でも多くの社員にリアルな声を伝えたいと考え、会議のライブ配信を検討することに。ただ会議の内容によっては極秘の情報もあるため、記録に残さない形式のセキュリティ対策が必要でした。

サーバー導入型やクラウドなどの双方通行によるサービスを検討しましたが、環境を整えるためにはコストや時間を要してしまうことが判明。低コストかつ短期でシステム導入ができるライブ機能というサービスに至りました。通信の暗号化やストリーミング配信、特定ユーザーへの動画配信も可能という点も、活用するうえでは重要なポイントです。

ライブ配信における支援やサポートも受けられ、十分な準備を整えながら取り組むことができました。今後は企業全体に動画配信サービスを展開し、他の会議の配信やモバイルでの視聴などにも挑戦していきたいと思っているそうです。

セキュリティレベルの高い動画配信
オンプレミス版システムについて確認する

各システムのライブ配信機能

社内研修や情報共有ができるライブ配信。ここではライブ配信機能のある一部のシステムについて、どんな特徴があるのか、詳しくまとめてみました。ライブ配信のシステムをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

クラストリーム

視聴可能なユーザー数によって、適切なプランを選択することができる動画配信システムです。ライブ配信においては、世界標準の映像技術によって高画質な配信を実施。配信された映像は録画することもでき、また保存も可能です。専任担当者が状況や要望にあった配信環境をアドバイスし、プランを提案してくれるので安定したライブ配信が実現できるでしょう。ただライブ配信ではセキュリティ面に不安を抱く人もいるでしょう。クラストリームは暗号化した映像コンテンツが配信され、さらにSSLを活用することで盗聴へのリスクも削減。透かし表示機能など情報漏洩を防止する対策を備えています。そんなシステムが構築されているにもかかわらず、低価格で提供しているのも魅力のひとつでしょう。録画配信以外にもライブ配信も可能なシステムが3万円から活用することができます。これほどの低価格を実現できるのは、ライブ配信を数多く実現できた実績があるからではないでしょうか。

ミルビィ

ライブ配信だけでなく、ライブの運用やコンサルティング業務も担ってくれるミルビィ。どのようなデバイスでも視聴できるように多種多様のデバイスに対応しており、さらにCDNを活用し数万人単位の人数の視聴も可能です。そのため大勢の社員が勤めている大企業にも向いているでしょう。もちろん安定した高画質で配信できなければ大勢に視聴できても意味がありません。ユーザーの環境に応じて画質を変えられるマルチビットレート配信にも対応するなど、安定性を一番に考えてライブ配信を行ってくれます。ライブ配信を見逃す、再度視聴したいというユーザーに対しては、オンデマンド配信ができるのも特徴的。管理画面より視聴したいライブ動画をダウンロードすることが可能です。ダウンロードしにくいストリーミング配信、暗号化、ドメイン制御、IP制御など高いセキュリティも整っているのもミルビィの魅力のひとつでしょう。

Jストリーム

ライブ配信で多くの実績を誇る企業で、ライブをどのように行っていくのか、収録からネット配信に至るまで、専任のスタッフが総合的にサポートを実施。ライブ配信に必要となるリソースを顧客のニーズに応じて的確に組み合わせ提供してくれるでしょう。たとえばライブ配信を行う場合、会場・出演者・配信ネットワーク・カメラなどの機材・ディレクターや技術スタッフなどの人材などが必要になってきます。Jストリームは、これらのリソースを全て用意してくれるので、何もない状態から開始することが可能です。もちろん撮影だけ、など必要な部分のみをサポートすることもできます。追いかけ再生機能やコミュニケーション・演出機能など充実の機能を取り揃えているため、様々なシーンで活用できるでしょう。

ビアプラッツ

NTTグループが提供しているライブ配信システムです。日本における通信を携わる最大大手とも言えるNTTグループなので、信頼性は高いでしょう。システムに必要な機材やネットワーク回線など全てNTTグループが提供しています。また万が一のことを考えビアプラッツの予備回線も整っているため、繋がらないというトラブルを回避することができるでしょう。ライブ配信は自動的に記録を行っているので、後日VODにて視聴することも可能です。基本システムには視聴者設定や権限設定、スライド連動、簡易動画編集、視聴ログなど様々な機能が備わっています。もちろん外部への流出を防ぐためにIPアドレスやリファラによるアクセス制御などを実施し、セキュリティ対策を構築。AD連携や書き込みディスカッション、理解度確認テストなどのオプションもあり充実したサービスになっているでしょう。

ULIZA

サービスを導入するにあたってコスト面を不安視する企業もあるでしょうが、ULIZAであれば月額型や短期間利用できるスポット型から選択することができます。さらに、そのまま利用することができるトータルのパッケージをクラウド型で提供するので、よりスピーディにライブ配信システムを導入することができるでしょう。高額な機材を導入する、ライブのエンコードの専門的な知識などは一切必要なく、リーズナブルかつ汎用のライブのエンコーダーを活用したライブ配信を運用することが可能です。追いかけ再生、動画コンテンツ配信のためのネットワーク増強などさまざまなカスタマイズをすることができ、状況に応じたプランを手に入れることができるはずですよ。「PLAY STUDIO」と呼ばれるレンタルスタジオの提供や、ライブ配信運用サービスによるライブ配信のすべてを代行するサービスの提供も可能です。

ギガキャスト

ライブ配信を定期的に活用する予定がない企業も多々あるでしょう。ギガキャストではプリペイド制を採用しており、利用したい時だけ利用することが可能です。もちろんギガキャストのシステムに慣れ、ライブ配信の回数が増えてくれば月額や年間利用に変更することもできます。そのため状況にあったプランを利用でき、無駄なコストを省くことができるでしょう。またライブ配信を初めて利用する企業も多く、システムの操作が不慣れなケースもあり、またシステム操作を覚える時間も割けないということも。ギガキャストなら運営支援サービスを提供しており、初めて利用する企業でも問題なく取り入れることができるでしょう。システム設定や登録などの作業はすべてお任せできるため、安心して利用を開始することができます。

メガDOGA

「Livemo」はメガDOGAが提供しているライブ配信システムのことで、インターネット上で行うセミナーや講演会に特化したクラウド型のASPとなります。誰でも操作しやすいように管理画面も直感的に操作ができるようになっており、運用自体も簡単です。さらに圧倒的なコストパフォーマンスを実現しており、毎月どのくらい利用してもコストが変わらない固定制を採用。また閲覧環境は場所や時間によってさまざまでしょう。どんな環境下でも閲覧することができ、受け手の環境に左右されないため気軽に閲覧できるのも魅力的です。配信も専用アプリから行うため、非常に簡単でしょう。視聴登録機能・なりすまし防止機能・質問フォーム機能・動画管理機能・視聴ログ機能など豊富な機能が搭載されている点もうれしいところ。システム導入時の登録からアフターサポートまでワンストップで対応してくれます。

Bizlat

映像配信サービスに必要なコンテンツを一元管理しており、円滑にサービスの運用ができる機能が備わっているソフトウェアのパッケージです。ライブ配信だけでなく、VOD配信にも対応しており、視聴端末も幅広く展開しているため使い勝手が良いです。大きな特徴が既存システムと連携することができる点でしょう。そのためコストをかけずにシステム機能を拡張することができます。さらにASPサービスの展開など将来を見据えたライブ配信の基礎を築くことが可能です。すべて自社で開発しているので、顧客それぞれの機能を追加したり、変更することもできます。そのため顧客に適した映像配信システムを提供してくれるでしょう。また専任スタッフが迅速なサポートを行ってくれるので、何かシステムに問題が発生したときでもスムーズに解決することができます。

デジコン

動画配信を携わり15年以上の経験を持つデジコン。多種多様な配信サービスを実現し、優れたコストパフォーマンスでサービスを提供してくれます。撮影・エンコード・ウェブ制作に至るまで動画配信に関わる全てのことをワンストップで実施。年間365日ライブ配信を行った実績もあり、これまで培ってきたノウハウによって適したサービスを提案してくれます。ライブ会場のような大規模な配信からセミナーなどの小規模な配信まで幅広い案件の配信にも対応。画質にこだわるような企業のためには完全HD対応のライブ配信も実現しています。しかし超高画質の映像の場合、視聴するためには端末スペックもある程度のものが必要になってしまうでしょう。そんなケースにも配慮するようにHD映像とSD映像を同時にライブ配信することも可能です。そのため、さまざまな環境でもライブ配信を視聴することができます。

ネクフル

ネクフルのメディアクラウドは動画オンデマンドやライブ配信システム事業のこと。あえてパッケージ化しないことによって、必要のない機能を省け、顧客ごとに必要な機能を構築することが可能です。そのため余計なコストをかけずに、ローコストで動画配信システムを運用することができるでしょう。動画配信プラットフォームやリニア配信、ライブコマース、ライブチャットなどにも対応しています。インフラの設計からデザインの構築までワンストップ開発で行うため、すべて一貫して担当してくれるでしょう。一度アップロードすることで、パソコンやスマホなど様々なデバイスに自動的に変換されるため、様々な環境下で動画を視聴することができます。

Mediasite

ユーザーニーズに応じたサービスを展開しているシステムです。ライブ配信を行う場合には専用のレコーダーが必要となり、またライブ配信終了後にはスグにオンデマンド配信が可能となります。オンデマンド配信の場合にはレコーダーを用いずに、それぞれの映像を選択することが可能です。最大で3映像をストリームし、静止画を同期し配信することもでき、視聴者側で視聴方法を変更することもできます。必要な回線容量を最大限抑えて動画配信できるのも魅力的でしょう。Mediasite Video Platformシステムによって端末の違いを自動で判定。端末に適した配信を実現することが可能です。YoutubeやiTunesUに公開することもできるなど、ニーズに応じてオプションサービスを活用し使い勝手のいいシステムへと作り替えることができるでしょう。

02 STREAM

手軽・楽チンを最大限追求した動画配信システムで、管理者スキルに影響を受けることなく動画のアップロードや共有、管理まで画面上で行うことができます。運用のツールもたくさん備わっているので、動画配信のあとの管理もスムーズに行えるでしょう。マルチデバイスに対応しており、動画や音声素材をアップロードすることで6種類の仕様に自走的にエンコードを実施。パソコンやタブレットなどのさまざまな環境へ配信することが可能です。自動的に判別するため、手間もかからずにマルチデバイスでの再生ができます。またライブストリーミング機能も搭載。ユーザー自身でパソコンなどのデバイスに応じたインターネットライブの配信を簡単に行うことが可能です。また一度作成した配信画像は何度も再利用することもでき、ライブ終了後にはオンデマンド動画として公開することができるなど利用しやすいサービスが豊富です。

PrimeStage

年間400本ものライブ配信を担っている実績(2021年9月調査時点)を誇っています。要望に合わせて機材やスタッフを用意することもでき、当日の配信だけでなく事前の準備から撮影までトータルでサポートしてくれるため初めてでも利用しやすいでしょう。パソコン用のFlashビデオ形式を活用したタイプや、タブレットやスマートフォン向けのHLS形式など様々なタイプの配信に対応可能です。また暗号化を採用しており、セキュリティにもしっかり取り組んでいます。さらに構内に限定する、視聴者を限定する、日本国内に限定するなど要望に合わせた視聴制限にも対応。配信の設備は、ライブ配信に適したシステムをASPで提供してくれます。失敗が許されないようなライブ配信も手掛けた経験もあり、ノウハウもあるためサポートもしっかり行ってくれるでしょう。体制も完備しているからこそ、どんな要望にも柔軟に応えてくれますよ。

ニコニコ動画

日本国内では会員登録数も多い大規模なサービスで、 若年層では知らない人はいないほど、高い認知度を誇ります。ニコニコ動画では「ニコニコ生放送(通称ニコ生)」としてライブ配信を提供しています。

ニコニコ動画の特徴とも言えるのが、オタク文化と密接に関わっているという点。独特な世界観や動画を配信しており、オタク世界においては影響力がかなり大きなものになるでしょう。オタク世界と言っても、その独特な世界観から誕生したトレンドやブームも多く、決して侮ることができません。ニコニコ動画では一般会員とプレミアム会員があり、一般会員の場合は動画登録数が50本までと限定されるため、投稿数が多い場合には無制限のプレミアム会員がオススメです。とくに企業で運用する場合には、過去の動画によって影響力が左右されることもあるので安易に消去しない方が良いでしょう。

GLORIAS-HD

インターネットの放送システムにおいて10年以上運用してきた実績を誇る企業で、数々の経験やノウハウを持った動画配信サービスを提供しています。大画面でも美しい画像を提供できるフルHDを提供。高価なハードウェアに依存するのではなく、高画質かつ安定した映像配信が行えるように独自でシステムを構築。そのため高品質な動画配信をリーズナブルで利用することができるでしょう。すべてのiOS端末やAndroid端末に、なめらかなライブ配信を実現。どうしても広告など目障りなものが入りやすいですが、GLORIAS-HDであれば広告をすべて排除することも可能です。また希望する広告を挿入することもできるため、より理想的な動画配信のカタチを作ることができるでしょう。ほかにも視聴者とやり取りができるチャットにも対応。動画配信の感想や要望などリアルな声をやり取りすることが可能です。もちろん文字だけでなく、画像の貼り付けもできるのも嬉しいポイントでしょう。

クムクラウド

ビジネスシーンに動画配信を採用し、より快適性や業務の効率性を向上することを考えてつくられたシステムです。従業員やパートナー、顧客など全ての関係者がビデオを用いて発信することができます。またデスクトップやモバイル機器などから録画・編集・共有が可能です。Qumu アプリを活用することで、ユーザーは気軽にライブのビデオやオンデマンドのビデオを製作し、視聴もでき、非常に使い勝手がよくなっているでしょう。スライドや投票、フィードバックなどをビデオと同期することで視聴者が分かりやすいビデオを提供することができます。またビデオにインタラクティブな機能をプラスすることで、利用形態・時間に関係なくユーザーの理解度を向上し、情報の保持率アップにも繋がるでしょう。

アルフストリーム

企業内・外に向けての映像配信を得意としている企業です。社長の挨拶や社内研修、非公開型の環境下でのVOD販売や動画配信にも対応。視聴する側の環境に関係なく動画配信ができるように、複数のデバイスにエンコードする機能が搭載しています。1つの動画をパソコンやスマホ、タブレットなどに対応できるように自動的に変換してくれるので、気軽に視聴することができるでしょう。また配信側にとっても自動変換は手間もかけることがないので負担もほとんどありません。さらに配信側にとっても便利な点としてスマホで完結できるところでしょう。動画の撮影・アップロード・配信まですべてスマホで行うことが可能です。アプリで動画する場合には、画像の品質や撮影時間の条件などを細かく設定することができる機能も搭載しており、自分好みで動画配信することができます。

NetATTEND

映像配信型のセミナーなどに力を入れているシステムです。コンサルティングから企画・撮影・制作までを充実の体制でサポートしており、スタジオも保有しているため撮影場所の提供も可能。どうしても動画制作の費用はわかり難く、最悪の場合には追加料金を請求されることも。NetATTENDなら追加料金は一切発生せずに透明性を持った料金体系を実現しています。視聴者から配信も戸へチャットを通じてコミュニケーションを図れる機能を搭載。リアルタイムで質問などを行うことによって、より理想的な動画配信を実施することができるでしょう。また視聴しているユーザーがどんな方なのかなどを細かく分析することも可能。視聴者がどのようなニーズを抱いているのかを検討し、本来求めるターゲッティングしたほうが良いユーザーを発見することができるでしょう。

admintTV

とっても簡単な使い方など配信側や視聴側にとって魅力的なシステムを提供しています。視聴者が時間に関係なく動画を見ることができるVODに対応しており、ライブを安定的に配信するためのCDNにも対応。また視聴側がどのようなコンテンツでも視聴できるように自動的に圧縮や返還を行うため、視聴環境を選びません。さらに再生回数や視聴時間などを動画単位や複数の動画での解析を行うことで、より質の高い動画を作成することができるでしょう。動画配信を行う上で情報が漏えいするリスクは避けたいと思うはず。admintTVなら色々なアクセス制限を掛けることができます。DRM、パスワード設定、ドメイン制限、IP制限、One Time URLなどの対策を講じているため、安心して利用できるのではないでしょうか。

MOVIE LIBRARY

動画を効率よく配信・共有することができるように作られたシステムです。パソコンのプラウザからクラウドの管理システムに動画をアップロードするといった流れだけで動画を配信し共有することができます。また配信した動画をチャンネルごとに監理することも可能なので、チャンネルに関係するユーザーだけが視聴できるため外部に流出することもありません。さらに視聴ユーザーごとの専用ポータルサイトも設置。共有中の動画を全てポータルサイトから視聴することが可能です。ユーザーごとにカスタマイズすることもでき、自分好みのポータルサイトを創り出すことも。これ以外にもコミュニケーションをより図るために様々な便利な機能も完備されており、リアルタイムで共有が可能なライブ配信やタグ発行などの便利なオプションも取り揃えてあるので、ニーズに沿ったシステムを手に入れることができます。

Bizcl@sstream

高いセキュリティと手軽さを兼ね備えているシステムです。セキュリティ面では、セキュリティの専門家が色々な事態を想定し対策を講じています。暗号化を施したストリーミング方式を用いているため、動画のダウンロードや抜き取りはできません。さらにSSL対応や暗号化、透かし表示などによって、外部への漏えいリスクも最善を尽くしています。そのような高いセキュリティ対策を実施しながらも、最短5分で動画配信を開始することができ非常に手軽なシステムになっているのも魅力的。録画した動画をアップロードするだけなので、余計な作業は必要ありません。勿論リアルタイムにライブ中継することも可能で、マルチデバイスに対応しているなど利用しやすい要素を沢山あるでしょう。さらに動画視聴には基本的にIDやパスワードが必須なので、視聴者を限定した配信も可能です。

DOUPA

ユーザー自身で手軽にライブ配信をすることができ、ライブ配信を行った画像は全て録画することも可能です。そのためライブが終えた後にオンデマンド形式の公開をすることも。パソコンやスマホなどのマルチデバイスの配信にも対応しており、視聴側のことを考えた配信も使いやすいポイントと言えるでしょう。またタイムラインに同期しコメントをプラスすることもできます。テキスト入力だけなので難しい操作もなく簡単にコメントを表示でき、より分かりやすく伝わりやすい動画を作ることが可能です。DOUPAではストリーミング配信を採用しており、動画ファイルが端末内にキャッシュされることがありません。さらにSSLなどの暗号化も行われているため、セキュリティ対策もしっかり配慮しています。

VIDEOCLOUD

「ライブ配信をより身近なものにしたい」という思想の元デザインされた、直感的なインターフェイスが魅力のひとつです。スケールに応じた配信ができるので、1回のイベントや365日放送するような規模の配信にも対応しています。先進的なライブ配信を提供しており、プレロール広告やバンパー広告、サーバーサイド広告などを挿入することもできるので、広告による収益を得るシステムを築くことも可能です。新たな視聴者を増やす取り組みも積極的に実施しており、ひとつの動画配信プラットフォームからSNSへの投稿まで対応しており、幅広い方に動画の存在をアピールすることができるでしょう。日本のみならず世界規模の視聴者に信頼性の高いコンテンツの提供をサポートしてくれます。

videog

シンプルな料金体系を実現しており、回数や帯域などすべてが使い放題という特徴を持っています。連続6時間程度の長時間にわたるライブ配信を実施した実績もあり、安定した動画配信を実施することができるでしょう。マルチビットレート配信を採用しており、視聴者の環境に応じて動画を配信するためのビットレートを選択。そのため、どのような環境下でも視聴者が快適に動画を見ることができます。またエンコーダーは、XSplit、Flash Media Live Encoder (FMLE)、Wirecastなど多数を使用することが可能です。その結果、だれでも簡単に高画質の動画を配信できるなど使いやすさも追求されています。もちろん視聴者数をリアルタイムで確認することができ、どのような動画が視聴者を惹きつけるのか検討する材料に活用できるでしょう。

smartSTREAM

NTTスマートコネクトが提供しているライブ配信のサービスです。日本でも有数のインターネット拠点でもある大阪の堂島NTTデータセンターにシステムを設置しており、複数のIXや大手のISPとダイレクトに接続することができます。そのため大容量のバックボーンを持っているため、アクセスが集中したとしても安定かつ高品質なストリーミングサービスを提供することができるでしょう。データセンターと一体化したシステムなので、柔軟なサポート体制を整えています。システムを導入する際だけでなく、利用時の不安点や疑問点にも迅速に対処してくれるので、いつでも快適に動画配信することが可能です。予算に応じて様々なプランを提供してくれるため、無理なく動画配信システムをスタートさせることができるでしょう。

C-stream

完全クラウド型の動画配信システムです。ライブ配信だけでなく、事前に収録した動画の配信にも対応。運営している会社は映像制作にも携わっているなど、動画制作にあたっての知識やノウハウも豊富なので、様々な点をサポートしてくれるでしょう。初めて動画配信を開始したいという企業にとっても、心強いサポートを受けられるためスムーズに配信をスタートさせることができます。C-streamでは専用サーバーに動画をアップロードし配信を実施。動画自体をダウンロードし、再生する必要もありません。そのため動画の盗難の予防に繋がり、企業内だけで動画を共有したいという配信にも向いています。専用のサーバーも2台確保しているので、万が一1台がトラブルを起こしてもスグにカバーすることができます。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選