これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2023年03月28日

オンプレミス版を導入すべき業種は?

社内向け動画配信が多い会社はオンプレミス版で!

オンプレミス型動画配信システムは自社の社内ネットワークを利用することで高いセキュリティを実現するだけでなく、回線速度に縛られない軽快な動作を実現します。もちろん自社ネットワーク利用のメリットは動作だけではなく、セキュリティレベルの高さにもあります。

オンプレミス版の動画配信システムは、サーバーもネットワークも社内にあるため、比較的セキュリティの高いシステムだといえます。外部のインターネット回線を介さないため、第三者が触れられるところでのやり取りをしなくてもいいのが特徴です。

クラウド型では、導入が容易・インターネット上で運用するため手軽で利用しやすいという点はありますが、第三者の手が入りやすいネットワークを利用するため、どうしてもセキュリティの面では不安が残ります。

実際、オンプレミス版の動画配信システムを導入している企業をみると、個人情報を多く扱う企業やセキュリティポリシーの厳しい企業などが多く採用しています。具体的にいくつか挙げてみましょう。

銀行・保険会社・証券会社

銀行や信用金庫、保険会社、証券会社などの金融機関では、個人情報保護の観点から、社外秘の機密情報を多く取り扱っています。特に情報の取り扱いには厳しい業界で、どこの会社でも漏えいなどには細心の注意を払っています。

現状ではセキュリティポリシーの観点から、動画配信システムを採用できないところもあるようですが、インターネット回線を利用しないオンプレミス版の動画配信システムであれば、情報漏えいのリスクは極めて低くなります。

現在では、本店と全支店との情報共有、社内研修や全体朝礼などの際に動画配信を活用しているところも増えているようです。遠方から時間を合わせて集まったりする必要が無くなるので、スケジュール調整なども不要になります。

病院・医療機関・製薬メーカー

病院などの医療機関など、個人情報保護の観点から機密情報の取り扱いに厳しい業界です。また、製薬メーカーにおいては、社外秘の機密情報を数多く扱っていることでしょう。

こうした世界でも、セキュリティが強固なオンプレミス版の動画配信システムであれば、漏えいを高い割合で防げます。

また、こういった業界では即時に共有する情報が多く、その共有にも時間やコストが少なからずかかります。それらを動画配信することで、時間とコストの削減も見込めるのです。

また、一部医療機関では救急車と病院とをつなぐ動画配信システムを導入し、救急搬送されてくる患者の様子を病院の医師が見極め、適切な治療に結びつけているという事例もあります。

警察・消防

各署との捜査の打ち合わせや幹部講話など、機密性の高い情報や関係者のみで共有したい情報を、セキュリティの高いオンプレミス版の動画配信システムで、より具体的かつ迅速に伝えることができます。

また、災害現場で適切な人員・車両の配置が求められる消防で動画配信システムが導入され、災害現場の様子を指令室にリアルタイム配信するなどといった利用もされています。

海外では、緊急通報システムと統合して、より的確な対処をおこなう目的で動画配信システムを活用しているところもあるようです。

このように、セキュリティが厳しい、社内のみで配信したいという動画の多い業種では、オンプレミス版の動画配信システムがすでに活用されているのです。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選