これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年09月06日

導入する上でのメリットとデメリット

オンプレミス版のメリット・デメリット

オンプレミス版の動画配信システムを導入するメリットとデメリットを紹介します。

オンプレミス版のメリット

(1)セキュリティの面で安心

社内サーバー、社内ネットワークを活用するため、社外秘の機密情報を配信しても外部に漏えいする心配が極めて低いです。

(2)インターネットを介さない

仮に外部インターネットに障害があったとしても、社内ネットワークが生きていれば動画配信システムを利用できます。オフラインでも利用できるわけです。

(3)カスタマイズしやすい

サーバーもネットワークも、システム環境は社内にありますから、カスタマイズも自由自在。ユーザー数の変更や利用者の声を反映させるのも容易で、自社の使い方により適した動画配信システムを構築できます。

(4)ランニングコストが安い

クラウド型のように、月々のホスティング費用はかからず、バージョンアップや外部業者にメンテナンスを依頼するとき以外に大きな費用が生じることはありません。

オンプレミス版のデメリット

(1)初期費用がかかる

動画配信システムを利用するには、専用のソフトウェアをインストールする必要があります。また、自社に動画専用サーバーを持たない、あるいはサーバーはあるが動画データを入れる余裕がない場合、サーバーの購入費用もかかります。

(2)サーバーに負荷がかかることも

重い動画データを自社サーバーで管理することで、サーバーに負荷がかかります。場合によっては、会社全体のネットワークに影響が出たり、システムダウンしたりするリスクもあります。

(3)すぐに使えない

クラウド版のように、動画配信システム業者と契約したらすぐに使えるとは限りません。動画配信ができるようシステム環境の構築をする時間や、構築したらテストをする期間など、数カ月は必要です。

(4)専門のエンジニアが必要

運用担当のエンジニアがいなければ、万一のトラブル時にスピーディーな対応ができません。既存のシステムエンジニアを要する会社でも、動画配信に関するノウハウを身に付けることが求められます。

オンプレミス版がピッタリの企業とは

何よりもセキュリティを重視したいという業種に、オンプレミス版はオススメです。例えば、銀行や保険会社などの金融機関、証券会社、病院などの医療機関、警察や消防などの公的機関などが、オンプレミス版を選ぶ会社が多いようです。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選