これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の最終更新日: 2022年11月29日

C-stream

C-stream_キャプチャ画像
画像引用元:C-stream公式HP(http://www.omiya-s.com/c-stream.php)

気軽に始めやすい動画配信「C-stream」

大宮商会が提供しているウエブ・ストリーミング配信です。大宮商会とは1981年に設立された35年以上の歴史を持った企業で、映像・音声の収録や配信以外にもDVD・CDの企画・制作やタブレットなどのアプリの企画・制作なども手掛けています。これほどまでに長く継続的に事業展開を行っているという点でも信頼に値するのではないでしょうか。また企画・制作・配信に至るまでワンストップで行っているため、トータルでサービスを受けることができるのも魅力的です。どうしても動画を初めて配信する場合には、どのような形式で制作をしたら良いのか戸惑うことが度々あるでしょう。トータルサポートを受けられれば、戸惑うたびにサポートを行ってくれるためスムーズに動画配信に進むことができます。また動画のエキスパートがサポートを行うため、視聴者に伝わりやすい動画制作を行うことが可能です。より質を求めるのであれば、そういったエキスパートのサポートを受けるのは一つの手でしょう。

C-streamは大宮商会が開発した完全クラウド型のシステムになります。そのためインターネット環境が整っている場所であれば、気軽に専用サイトにアクセスし動画の投稿から配信、消去まで一貫して作業を行うことが可能です。出張などで色々な地方や海外に行くような方にとっては、非常に使い勝手が良いシステムと言えるでしょう。

またC-streamは低価格さも強みになっています。動画配信を行う場合には初期費用や毎月数万円単位の費用がかかってしまうケースがほとんどです。場合によっては数十万円以上かかることも。そうなれば費用面から動画配信を行えないこともあるでしょう。C-streamなら初期費用は掛からず、さらに5,000円から動画配信をスタートすることが可能です。多く活用する月には容量をアップすることもでき、利用頻度によって上手く調整することができます。さらに動画保管容量や配信規模は無制限。そのため配信動画の投稿数や配信規模が大きくなったとしてもシステムの変更を行うこともなく、継続して利用することができるでしょう。

オリジナルシステムの開発や専用サーバーの設置、VPNなど様々なサービスにも対応しています。そのため動画配信における必要なサービスを一通り受けることができるでしょう。費用面を抑えながら、質の高い動画配信を行いたい企業などにはオススメのシステムです。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
要問合せ 10GB~ ストリーミング

費用

  • 初期費用:無料
  • 利用料金:5,000円~

「C-stream」3つのおすすめポイント

完全クラウド型の配信システム

動画配信のシステムは様々なタイプがあり、それぞれのタイプによって使い勝手が大きく変わってくるでしょう。C-streamが提供しているのは完全クラウド型のシステムです。そのためインターネット環境さえ整っていれば、専用のサイトでログインを行い動画の投稿や配信、削除処理など、さまざまなことを行うことができます。そのため外出先でも気軽に動画配信ができるでしょう。

5,000円から始められる動画配信

動画配信を行うためには初期費用や毎月数十万円程度負担を強いられることがあります。そうなれば費用面で導入を行えずに諦めてしまう企業も多いでしょう。C-streamであれば初期費用も必要なく、また毎月5,000円という低価格で動画配信を行うことができます。1GBから追加することができ、動画配信が多い月には課金を行い、容量を増やすことが可能です。そのため利用が少ない月ならコスト削減に繋がるでしょう。また配信規模が分からないような企業にとっても、毎月の固定費が抑えられているという点はC-streamの魅力と言えます。

様々な端末でストリーミング配信が可能

配信は常にパソコンなどで行うとしても、視聴する側はどのような端末で見るのかは分かりません。パソコンを使う人もいれば、スマートフォンやタブレットというケースもあるでしょう。端末を限定してしまうと、せっかく視聴したいという意欲を持っている方まで除外してしまう可能性があります。C-streamならOSや機種などに関係なく、様々な端末での動画配信を実現。そのため視聴する側にとっては気軽に動画をチェックすることができ、視聴数アップに繋がるでしょう。

こんなサービスにおすすめ

C-streamは以上の特徴などがある動画配信システムです。具体的に、どのようなサービスに活用できるのでしょうか。

C-streamの魅力と言えば、低価格という点。導入するにあたって、5,000円からスタートできるのは、動画配信を初めて取り入れる企業にとっては嬉しい要素ではないでしょうか。そのためC-streamは動画配信を初めて利用するような企業に合ったシステムと言えます。コストを抑えながら動画配信を行うことで、今まで気が付けなかった企業の問題点や業務負担軽減などを実感できるでしょう。活用頻度が増えてくれば、その都度容量をアップすればよいため手軽に動画配信を始めることができます。コスト面で動画配信を悩んでいた企業は、是非相談をしてみてくださいね。

導入事例

C-streamの導入事例は、公式サイトに記載がありませんでした。ただ1981年から続いている企業が運営しているということを考えれば、数多くの導入実績があるでしょう。そのため動画配信におけるノウハウはしっかり培っていると思われます。

C-streamのサービスとは

C-streamのサービスは以下のものがあります。

  • エンコード形式 MP4動画・コーデック:h.264+AAC
  • スマートフォン・タブレット対応
  • プレイヤータグ埋込サイトのSNS共有
  • 許可ホスト設定

プレイヤーが指定できる機能多数

C-streamは複数のエンコード形式に対応しており、スマートフォンとタブレットの両方で利用可能です。

プレイヤーはサイズを4種から指定でき、設定にて非表示にもできる関連リンクボタンを3つまで、SNS共有ボタンにてプレイヤータグ埋込サイトでのシェアにも対応しています。

また、スマートフォンとタブレット、それぞれに対応したプレイヤーを設定することで、プレイヤーがスマートフォンであるかタブレットあるかを自動認識することができます。これによってそれぞれのデバイスにより適した動画配信が可能であり、視聴者側もスムーズにコンテンツを利用できるようになっています。OSと機種を動画配信者が意識する必要はなく、形式を切り替えるといった作業や設定もいりません。色々なデバイスでのストリーミング配信を簡単に行えます。

C-streamのアフターメンテナンス

C-streamのアフターメンテナンスは見当たりませんでした。

会社概要

  • 運営会社:株式会社大宮商会
  • 住所:埼玉県さいたま市見沼区東門前352
  • 設立:1981年8月

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル

millvi ポータル_キャプチャ画像画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)
月額費用:
110,000円~
データ転送料/月:
1,000 GBまで無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング

videog_キャプチャ画像画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)
月額費用:
13,800円~
データ転送料/月:
要問い合わせ
会員管理:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

まずはチェック!
初導入でも安心だと評判の
動画配信システム業者3選

クラストリーム
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル
millvi ポータル_キャプチャ画像
画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)

月額費用:110,000円~
データ転送料/月: 1,000 GBまで無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング
videog_キャプチャ画像
画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)

月額費用:13,800円~
データ転送料/月:要問い合わせ
会員管理:要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

※今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選