これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の最終更新日: 2022年11月22日

企業PR

新サービスなどの企業PRを動画配信システムで!

G社(鍼灸接骨院チェーン企業)

鍼灸接骨院をチェーン展開するG社では、施術内容や新サービスをはじめとする企業PRを伝えるために、動画配信システムを導入しました。

こうした情報は、動画配信システムの導入以前からホームページなどに掲載してPRしてきましたが、文書と画像だけでは正確に伝えきれないところが課題となっていました。また、会員限定に配信したいコンテンツを有効活用することも目的でした。

動画配信システムを導入後は、会員限定で配信することも可能に。視聴ログを分析して、会員によりメリットのある情報を発信できるようになりました。

また、施術内容については施術のポイントを動画でわかりやすく解説。会員の理解度も深まったと実感しています。

新しいサービスの紹介には、ライブ配信も活用。以前は、セミナー会場などで紹介していたこともあって、場所の確保など手間やコストがかかっていたのが、動画配信システムによって削減。視聴者にも効果のある企業PRができるようになったそうです。

このほかG社では、求人活動やCMなど全社的に動画活用を進めることを検討しています。

動画配信システムでサイト全体のアクセス数が向上!

H社(地方信用金庫)

H社では、以前より動画配信システムを活用した企業PRに力を入れていました。しかし、動画を追加するたびにサーバーを圧迫するリスクがあることや、コストの面から、クラウド型動画配信システムへ乗り換えることになりました。

低コストで多くの動画を配信できるようになったことで、店頭に来られない顧客にもより深い情報を提供できるようになりました。

また、動画が増えたことでホームページのアクセス数も増加。動画から関連ページへリンクさせるなど、企業PRに大きく貢献しています。

当初は企業PRが目的だった動画配信システムですが、現在では採用情報への活用、総代会で会場に入れなかった方への動画配信、産休・育休といった長期休暇中の社員への情報共有など、さまざまな点で動画配信システムを活用しているようです。

企業PRに使える動画配信システム

MOOGA

低価格で動画配信システムを導入できるMOOGA。編集機能が充実しており、動画にテロップを入れることもできます。さらに画質にもこだわりをもっているため、自社商品のアピールにも効果的。視聴者に伝わりやすい動画づくりが可能です。たとえば家電製品などを扱う企業では、動画配信システムを活用することで商品の魅力を伝えやすくなります。写真や文章だけではイメージしにくい詳細な機能もアピールできるでしょう。

また、MOOGAは各端末に合った配信ファイルへの自動変換が可能。スマートフォンやパソコン、タブレットなど、ユーザーが使用したい端末で視聴できるのが魅力です。

ギガキャスト

ライブ動画配信に特化しているギガキャスト。セミナー配信向けに開発されたシステムのため、高画質で細かい文字まで読み取りやすいのが魅力です。また、講師とパワーポイントのスライドを交互に映せる仕様になっているため、配信者と資料を効果的に映すことができます。

さらに、セミナーに欠かせない告知ページや申し込みフォームの作成、メール送信、チャットや質疑応答が可能なコミュニケーションツールなども搭載。視聴者とコミュニケーションを取りながら企業や商品の魅力をアピールできます。

Bizlat

パッケージ化されたシステムに必要な機能を追加できるBizlat。コストを抑えつつもスピーディに導入でき、運用しやすいのが魅力です。

さらにパソコンやスマートフォンなど幅広い端末に対応でき、ユーザーに合わせた動画のピックアップやおすすめコンテンツの提示も可能。動画配信の知識や経験がなくても操作しやすいのも嬉しいポイントです。

また、Bizlatでは65か国の言語に対応しており、翻訳や字幕挿入を自動で行うことが可能。世界規模で企業PRをしたい場合にもおすすめです。

【番外】YouTube

多くの利用者数を誇るYouTubeは、企業PRにも活用できます。たとえば企業アカウントを作成して商品PRや採用動画を発信すれば、潜在層にもアピールすることができるでしょう。

また、人気YouTuberとのタイアップにより拡散力を高めることも可能。インフルエンサーの力を活用することで、商品や企業の認知度アップが期待できます。

YouTubeでは24時間365日多くのユーザーが動画視聴を行っており、企業や商品を認知していないユーザーも多いもの。そのため「企業や商品の認知度をアップさせたい」という企業におすすめ。たった1つの動画でもユーザーの興味を惹きつけることができれば、企業アカウントやその他の動画へ促すことも可能です。

企業PRで動画配信を導入するメリットまとめ

多くの情報を効果的に伝えられる

商品紹介や採用動画など、企業PRでの用途には動画配信が効果的。写真や文章のみではユーザーに与えられる情報が少ないものの、動画では動く映像と音声をフルに使って情報を届けられます。さらにテロップを活用すればより印象付けることができるため、短時間で多くの情報を伝えることが可能です。

場所や時間の制約を受けずに宣伝できる

動画はユーザーの視聴する場所や時間の制約を受けることがありません。たとえばテレビCMなどはそのタイミングで視聴していなければ認知されませんが、動画はユーザーの好きなタイミングで視聴できます。いつでも動画視聴が可能なことで、店舗や企業の営業時間外にも宣伝を行ってくれるのも動画配信の魅力です。

SNSで拡散されれば宣伝効果アップ

動画配信なら、ユーザーがSNSを使って知人や友人に動画を拡散してくれることも。動画を配信するだけでユーザー自らが動画を宣伝してくれるのです。さらに親しい人から紹介された動画は信頼性が高いと判断されるため、PR効果もアップします。

動画配信システムによってユーザーの買い物に臨場感を演出!

オンラインショップやECサイトを通じて買い物をする際、購入を検討している商品がどんなものかということについては、実際にお店に行って買い物をする時ほど詳しく知ることはできない場合が多いでしょう。
お店では、実際に商品を手に取ってみることができますし、実物を前に、店員さんから商品の説明を詳しく聞くことも可能です。オンラインショップやECサイトは買い物をする上では非常に便利な反面、商品に対しては「こんな感じかな」とユーザーが予想しつつ購入しているという面が少なからずあったのではないでしょうか。

そこで、オンラインショップやECサイトに動画配信システムの導入することによって、動画というツールを使って、より詳しい商品説明をユーザーに提供することが可能になります。
今まで何枚かの画像と商品の紹介文でしか内容を確認できなかった商品に、動画による詳しい紹介が入ることで、企業にとってはその商品の良さをアピールできる機会が増えることになりますし、ユーザーにとっても、商品を購入する前により多くの情報を仕入れることができるようになります。
つまり、動画配信システムの導入は、売る側にも買う側にもメリットが増えるというわけなのですね。動画配信システムは、オンラインショップやECサイトの弱い部分を補う役目を担っているのです。

実際に動画配信システムを取り入れた例を見てみると、店舗ごとに事前予約をする仕組みで、30分の番組枠の中で最大10個の商品を紹介・販売することができるようになっています。配信に関しては、「いいね」の投稿や、ユーザーからのコメントを受付する機能が備わっていますので、動画紹介についてのダイレクトな反応をチェックできるというメリットもあります。
お店にわざわざ足を運ぶという手間なしで、購入を検討している商品の詳しい情報を手に入れられるのが動画配信システムのいいところ。情報がたくさん入ることで、商品に対する興味も増し、ユーザーの購買意欲をかきたてられる可能性も高まるのではないでしょうか。

動画配信システムの導入による通販サイトでの購入率アップの効果

動画配信システムに関する興味深い調査結果が【E-Commerce Video Benchmarks Report Q2 & Q3 2013】というレポートによって米国で発表されています。

それによると、【動画を見た場合の商品の購入率が、動画を見ていない場合に比べ、1.81倍も高くなる】ということが分かりました。
そのレポートから分かることは他にもあります。まず、通販サイトに動画がある場合、その動画の視聴率は平均で12.1%と高くはないにも関わらず、視聴を始めた人の65%が、その動画を全体の8割まで見ているというのです。
動画の最後の方には、商品を取り扱う会社の宣伝や、他の商品の紹介などが入るということを加味すると、動画を視聴し始めたら、多くの人が興味を持つということがこの結果から分かるのではないでしょうか。その結果、購入率のアップにつながると考えられます。

さらに、動画による紹介がついている商品については、その購入者から購入後につけられる評価が高い傾向にあるという事実も分かりました。
評価は5点満点ですが、その5点という最高評価をつける購入者が、なんと58%を占めているというのです。
特に、ユーザーの興味を引くのは、よりサイズが大きくて解像度が高い鮮明な動画なのだそうです。自分が興味のある商品についてよく知りたいという欲求と、きれいな映像で細かいところまでチェックしたいというユーザーのニーズがこの調査結果に表れているのではないでしょうか。

また、動画の中に商品の購入ページへ移動するためのリンクやボタンを設けることで、視聴者が「購入したい」と強く思った機会を逃すことなく、次の行動へと誘導するような工夫が成されている動画は、その分、購買率アップにも貢献してくることでしょう。

今後も、商品をアピールするための手段として、またはユーザーの「知りたい」という欲求を満たすツールとして、動画配信システムを導入するオンラインショップやECサイトは増えていくのではないでしょうか。さらに、動画配信システムのこのようなメリットは、オンラインショップやECサイトなどの通販サイトでの集客と購買率アップを叶えるだけでなく、その他にもさまざまな分野で便利に使用することができるアピールツールとなることでしょう。

幅広い分野で動画配信システムが活用されることで、そのシステムを利用している側だけでなく、ユーザー側にも多くのメリットがもたらされるというのは、実に画期的なことですね。動画配信システムを積極的に活用することで人々の生活がより便利になっていくことでしょう。

オンプレミス版動画配信システムの特徴とおすすめ業者3選はコチラ!

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル

millvi ポータル_キャプチャ画像画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)
月額費用:
110,000円~
データ転送料/月:
1,000 GBまで無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング

videog_キャプチャ画像画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)
月額費用:
13,800円~
データ転送料/月:
要問い合わせ
会員管理:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

まずはチェック!
初導入でも安心だと評判の
動画配信システム業者3選

クラストリーム
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル
millvi ポータル_キャプチャ画像
画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)

月額費用:110,000円~
データ転送料/月: 1,000 GBまで無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング
videog_キャプチャ画像
画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)

月額費用:13,800円~
データ転送料/月:要問い合わせ
会員管理:要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

※今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選