これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年09月06日

メガDOGA

柔軟な対応力が評判の「メガDOGA」

メガDOGA_キャプチャ画像

画像引用元:メガDOGA公式HP(https://megadoga.jp/)

パソコンもタブレットも、さまざまな端末に対応した動画配信システムを提供する「メガDOGA」。動画配信システムだけでなく、配信するのに必要なWebサイトの構築からシステム開発まで、一貫して対応できることもメガDOGAの特徴でしょう。

お試し期間として無料で使える「フリーコース(2週間以内、容量は1GB)」というデモ版もあるので、管理画面や画質、機能などの確認に利用してみてはいかがでしょうか?

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
△(オプション) 1GB~2TB ストリーミング

費用

                    

  フリーコース ライトコース ミディアムコース ラージコース
初期費用 無料 50,000円 50,000円 50,000円
月額費用 無料 50,000円 80,000円 140,000円

※このほかにも多くのプランあり。

※Livemoはスポットでの使用も可能(初期費用20万円~/配信費用20万円~)。

「メガDOGA」 3つのおすすめポイント

登録数は無制限の会員認証機能

メガDOGAには、閲覧制限ができる「会員認証機能」が標準搭載されていますが、登録数は無制限というのが特徴の一つ。他社では、制限があるかオプションで増やせるところが多いなか、通常プランで制限がないのはうれしいポイントです。

もちろん、同一のIDで複数の人がログインできないよう制限をかけたり、セミナーなどで新規登録用フォームを設置したりといった機能も搭載しています。

柔軟性の高いサービス

動画配信システムの構築はもちろん、Webサイトの構築や、システム開発も含めワンストップで対応します。ホームページ作成や配信作業など、別の業者に依頼する必要もないので、運用がとてもラクチンになるでしょう。もちろん、使い方がわからないなど運用上に不明点があれば、専用スタッフがサポート。チャットで質問しながら対応するといった、気軽にアドバイスをくれるのも便利です。

ライブ配信は「Livemo」が特化

メガDOGAが提供する動画配信システムは、通常は録画した動画の配信のみ。しかし、セミナーや講演会などライブ配信に特化したクラウド型ASPも登場しています。それが「Livemo(リブモ)」です。視聴ログ、参加者データ、アンケートといった機能も標準搭載されており、録画した動画を配信することもできます。

プランは1回だけの「スポット」と、月額基本料金で何度でも使える「月額固定」の2つ。コンサルティング会社など、セミナーでの活用を検討されている方には「Livemo」がオススメです。

「メガDOGA」は、こんな企業にオススメ

綿密なサポートを受けたい企業

動画配信システムを導入したとしても、使い方など分からないことも出てくるでしょう。せっかくの便利なシステムも使いこなせなければ、導入効果が減ってしまいます。

メガDOGAなら、何かわからない時でも専門のスタッフがサポート。チャットで気軽に質問することができるので、綿密なサポートを受けたい企業にとっては嬉しいサービスでしょう。もしもチャットでの対応で解決できない問題であれば、ヘルプデスクがあるので安心です。どんな問題にもアドバイスを行い、適切な方法で解決できます。

無制限に登録者数を増やしたい企業

一般的な動画配信システムの業者は、登録者数に制限があります。またオプションで登録者数が増やせるところもありますが、メガDOGAなら通常プランで登録者数が無制限です。そのため登録者数をトコトン増やしたいと考えている企業にとっては、有難いサービスでしょう。

新規登録用フォームをセミナー開催時に設置するなどの機能もあり、より多くの人に登録してもらえるシステムもあります。

自社に適したプランを導入したい企業

企業にとって少しでも無駄は省きながら、必要なサポートは取り入れたいと思うもの。メガDOGAなら導入する企業に合わせてプランニングを実施。そのため必要なサポートだけを選択し、導入することができるでしょう。

もちろん基本的なプランも用意されており、料金表も公式サイトに掲載されています。しかし料金表に記載されていないプランであっても柔軟に対応可能です。自社にピッタリのプランがない、どのプランが良いのか分からないという場合には、メガDOGAで最適なプランを提案してくれるでしょう。

導入事例

動画配信システムであるメガDOGAは、三井住友建設、NIKKEI、NEC、unicefなどの有名企業によって利用されています。こちらでは導入事例をいくつかご紹介しますので、自社で利用するための参考にして下さい。

導入事例1.セミナーや講習会でのEラーニング

メガDOGAには「スライドショー連携」機能がついているので、その機能を利用すれば、動画の中でスライドショーの資料を確認しながらセミナーや講習会を聴講できるようになります。

動画とスライドショーは完全に連動しているため、説明している資料のページを見失うこともなく、聴講者が自分で操作することも可能。登壇者にとっても聴講者にとっても利便性に優れる事例です。

導入事例2.動画配信アプリとの連携

メガDOGAの動画配信プラットフォームを利用すれば、動画配信アプリを構築することができます。そのアプリ内では、アプリのアップデート不要で最新の動画を流すことも可能。新商品を照会する動画やキャンペーンの告知動画など、様々な使い方ができるでしょう。

また、スマートフォンのアプリだけではなく、フィーチャーフォンの公式サイトにも対応しており、公式サイトからの収益アップのためにも利用できます。

サービス・アフターメンテナンスについて

導入するときのサービスや、導入した後に困ったことがあったときのメンテナンス、アフターサービスは動画配信システムを選ぶ上でとても重要なポイントです。

自社に適したプランを提案

メガDOGAを導入するときには、導入企業に合わせたプランを提案してもらえます。自社に適した動画配信システムが見つからない、という場合は、メガDOGAを検討してみると良いでしょう。料金表に存在しないプランでもフレキシブルに対応してもらえます。

API公開でカスタマイズが自由自在

メガDOGAでは、APIが公開されています。そのため、運営会社であるフォー・フュージョン株式会社に依頼しなくても、技術者がそのシステムをカスタマイズ可能。より自社に適した動画配信システムにしたい、と思った時に自社内だけで完結させることができるのです。

アフターメンテナンス

導入してからのアフターメンテナンスとして、疑問点をいつでも質問できるチャットが利用できる点は大きなメリットです。また、チャットでは解決できない技術的な問題に関しては、ヘルプデスクが用意されているので、どのような問題にも対応してもらうことができます。

会社概要

  • 運営会社:株式会社カテノイド
  • 住所:東京都中央区新川1-2-12 金山ビル6F
  • 設立:2014年6月

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

余裕の大容量で気にせず保存可能!
社内のナレッジやノウハウ蓄積に最適!

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

月額費用1名100円(※)!
人数に応じた費用換算が可能

初期費用:
無料
月額費用:
100,000円~
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

豊富なオプション機能で、
必要に応じたカスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,000円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)