これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の最終更新日: 2022年11月22日

ソーシャルキャスト

ソーシャルキャスト_キャプチャ画像
画像引用元:ソーシャルキャスト公式HP(https://socialcast.jp/)

動画販売サイトを1から作れる「ソーシャルキャスト」

動画コンテンツを利用したビジネスを始めるにあたって、簡単に動画の販売サイトを構築・運営していけるサービスがソーシャルキャストです。ソーシャルキャストで構築した動画販売サイトなら、動画に付随する教材データや資料なども同時に販売することが可能。プッシュ通知や多様な決済方法への対応、動画の限定公開など、動画配信に欲しくなるような機能が多く揃っています。

集客の状況をチェックしたり、売れ筋や傾向を把握したりといったアフターフォローまで完備しているのも魅力的な点です。動画サイトを運営するノウハウについて解説したブログも運営しているので、動画配信の効率をさまざまな面で高められるのはマーケッターにとっては嬉しいポイントなのではないでしょうか?ツールと両軸で、動画配信を充実させられる点が魅力といえるでしょう。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
100GB~2TB プログレッシブダウンロード・ストリーミング

費用

HP上では未公開。要資料請求。

「ソーシャルキャスト」5つのおすすめポイント

動画サイトを簡単に構築できる

会員制の動画配信サイトや動画コンテンツを販売するサイトなど、自社だけの動画配信サイトを簡単に構築できるのがソーシャルキャストの強みです。動画の販売や限定配信、共有機能など、動画配信サイトとして必要な機能は全て揃っています。自由度の高いカスタマイズ機能により、他社とは違った個性的な独立した動画配信サイトを構築することが可能です。

ソーシャルキャストで実際に構築された動画サイトは、エンタメ・スポーツ系の動画販売に使用された他、eラーニングやレッスン動画の販売、社内コミュニケーションやファンクラブ・ファンサイトなど、多くのシーンで活躍しています。作り手の持つ目的に合わせた柔軟な使い方ができますよ。

一部視聴者に向けた限定公開

動画コンテンツの内容によっては、限定的なメンバーにのみ公開したいものもあるでしょう。ソーシャルキャストでは高いセキュリティ技術を駆使した限定公開機能により、限られた特定の視聴者にのみ動画を配信する機能があります。会員・購入者だけに配信したり、シリアルコードの入力で視聴権を獲得したりと、様々な方法による有料・限定視聴を実現しているのが強みです。

社内・校内での活用では、限られた部署に所属する社員のみが動画にアクセスしたり、講義内容を限られた学生のみに配信したりといった活用方法もあります。他の部外者が違法に動画へアクセスすることはできませんから、プライバシーに配慮した動画を扱う場合や、何か他の商材につける特典としての価値を高めるのにオススメです。

視聴コード発行により動画利用の幅が広がる

ソーシャルキャストで配信する動画を視聴する方法の一つが、視聴コードの発行。視聴コードとは、文字通り動画を視聴する権利を取得するためのコードのことです。これを設定することで、コードを知っている人だけが動画にアクセスできるようになります。販売用に視聴コードを発行したり、1度だけ利用可能なコードや複数本がセットになった動画を視聴できるようになったりなど、視聴コードの使い方は多種多様です。

ビジネス面での活用では、キャンペーンへの参加特典として視聴コードを配布したり、グッズ購入の得点として視聴コードを使用したりなどがあるでしょう。視聴コードは新たに発行する事も当然できますが、視聴する人たちの社員番号や学籍番号、購入した製品のシリアル番号など、すでに存在している番号を設定することもできます。これにより、特定メンバーは容易にアクセスがしやすいような、特別な動画配信を実現しています。

多彩な動画の販売方法

動画コンテンツの販売と言っても、視聴者やターゲットによって様々な販売方法が考えられますが、ソーシャルキャストではスポーツ・エンタメ・レッスンなど、さまざまなジャンルの動画に適した販売方法が用意されています。決済方法や会員の管理機能、限定公開機能など、幅広い機能で自由度の高い動画販売が可能です。

例えば月額見放題プランで動画を配信したり、課金によるセット・単品販売をしたりなど、運営したい動画サイトのイメージ像を忠実に再現することができるでしょう。決済方法はカード決済の他、コンビニ決済やWEBマネー決済、キャリア決済など多種多様。実際に塾動画のサイト運営やスポーツ番組の有料動画配信、ドキュメンタリー作品の配信など、多岐にわたる数多くの動画配信に採用されています。

マルチデバイスに対応

今日、オンライン動画を視聴するユーザーはスマホをはじめ様々な端末を用いています。視聴者の所持する端末で動画の視聴に制限がないよう、ソーシャルキャストではマルチデバイスに対応しています。PC・スマートフォン・タブレットなど、さまざまな端末からの視聴が可能です。

撮影・作成した動画の形式は関係なく、一つの元動画を用意すればマルチデバイスに配信可能な動画としてエンコードすることが可能。動画を配信するユーザーの層に関係なく、動画を見たいと思った人がいつでもどこからでもアクセスして動画を視聴できる環境が整っています。

「ソーシャルキャスト」はこんな企業にお勧め!

初めて動画の販売を行う企業

ビジネスとして初めて動画の販売を行おうと考えている企業におすすめです。デザイン豊富なテンプレートにより自由な動画販売・配信サイトが構築できるほか、販売方法が多用なため、動画配信やサイトの構築に慣れていない企業でも簡単に扱えます。

動画を幅広く利用したい企業

動画をたくさんの人に配信したいシーンや、限定的に公開して情報を共有したいシーンなど…ソーシャルキャストは動画コンテンツをさまざまな方法で活用することができます。一つの使い方だけではなく、複数の使い方をして動画を扱いたい企業に向いています。動画の活用方法が定まっていない場合でも柔軟に対応できると考えてもよいでしょう。

動画配信のノウハウをチェックしたい企業

動画を利用したノウハウについてもっと詳しく知りたいという企業には、ソーシャルキャストが行っている検討時・導入前のアドバイスや、アフターフォローとして行っている集客状況・売れ筋・傾向のチェックなどがおすすめ。動画コンテンツを本格的に収益化しようと考えている企業にとって、役立つサポートとレクチャーを行ってくれます。

管理しやすいシステムを望む企業

動画配信を行うにあたって、管理画面の操作性は非常に重要です。管理画面が複雑だと、なかなか一括で複数の動画を管理するのが困難でしょう。ソーシャルキャストでは分かりやすい管理画面を追求しています。はじめて利用する方でも、サクサクと使いこなすことができるでしょう。

たとえば視聴履歴もデータ化されており、いつでも簡単にチェックすることができます。必要な時にチェックできれば、動画制作や配信のポイントを掴むことができ、視聴数アップに繋がるはずです。

実績のある業者に依頼したい企業

動画配信のサポートを行う業者は、数多くあるでしょう。その中で質の高い業者を選ぶためには、実績がどの程度あるかも参考になります。ソーシャルキャストではBS・CS局、学習塾、オンライン予備校、資格講座や社内動画共有など、さまざまな業種にサービスを提供。国内に280以上もの導入実績(2021年5月時点)があるため、これまでに蓄積された経験やノウハウをサポートに活かすことができるでしょう。

動画配信だけでなく、動画販売など企業が求める要望に対して、的確にサポートを行います。経験豊富な業者だからこそ、きめ細やかなサービスを提供することが可能です。

ソーシャルキャストの導入事例

ソーシャルキャストの動画配信システムは、実際に次のような企業に導入されています。

導入事例1. 「株式会社リクルート」

大学受験生の間で人気の「スタディサプリ」というライブ授業動画の販売に導入されています。パッケージプランを導入したことで、多数のカスタマイズ機能を駆使してビジネスに適切な動画配信サイトを構築できています。

導入事例2. 「株式会社ドゥクエスト」

ドゥクエストの運営する「脳TEC」というサービス内で、問題集および解説動画の配信を行っています。高校カリキュラム学習を新しい切り口で、というコンセプトを満たす動画販売を実現できています。

導入事例3. 「株式会社スカイ・エー」

CSスポーツチャンネルとして知られるスカイAにて、ゴルフ番組の有料配信を行うためにソーシャルキャストが採用されています。ゴルフのライブ放送販売も行うなど、用途に応じた使い分けができています。

ソーシャルキャストのサービスとは

ソーシャルキャストのサービスは以下のものがあります。

  • 動画販売サイトの構築
  • 多数決済方法への対応
  • マルチデバイス対応
  • プッシュ通知
  • 視聴コードやアカウント毎の視聴限定
  • 視聴コードの発行
  • 導入前・検討時のアドバイス
  • 導入後の集客チェックや売れ筋把握などのアフターフォロー

ソーシャルキャストのアフターメンテナンス

充実のヘルプセンター

ヘルプセンターが充実しており、「よくある質問」を始め、チュートリアルやリファレンス、操作マニュアル・アップグレードガイド、そして「サポートあての連絡ノウハウ」まで、さまざまな項目が集約しています。

サポート窓口は、平日9時から17時までの営業。ただし、問い合わせフォーム、もしくはメールアドレスでの質問に限られており、電話には対応していません。返信は、問い合わせ後、1営業日程を目安とされています。

サポートが難しい事項を明記

ソーシャルキャストが公開している「サポートあての連絡ノウハウ」の中には、サポート窓口にさまざまな問い合わせが寄せられる中で、対応が難しいものもあるとされています。ソーシャルキャストが対応困難としているのは次のような項目です。

  • 他社製品についての使用方法サポート
  • 決済設定の確認
  • CSSやHTMLの記述に関するサポート
  • ユーザーと直接連絡を取り合っての問題解決

個人での解決が難しい事柄についてはヘルプセンターへの連絡が推奨されています。

会社概要

  • 運営会社:株式会社ストランダー
  • 住所:東京都新宿区新宿6-28-7 新宿イーストコート2階
  • 設立:2020年3月4日
  • 導入企業
    株式会社リクルート、株式会社ドゥクエスト、株式会社エイジ・エンタテインメント、国立数英ゼミ、有限会社 四ツ葉工芸、株式会社 内外出版社、株式会社 スカイ・エー、アジアンドキュメンタリーズ、株式会社rtv、株式会社スターダム、弁護士ドットコム株式会社(一部抜粋)

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル

millvi ポータル_キャプチャ画像画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)
月額費用:
110,000円~
データ転送料/月:
1,000 GBまで無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング

videog_キャプチャ画像画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)
月額費用:
13,800円~
データ転送料/月:
要問い合わせ
会員管理:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

まずはチェック!
初導入でも安心だと評判の
動画配信システム業者3選

クラストリーム
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル
millvi ポータル_キャプチャ画像
画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)

月額費用:110,000円~
データ転送料/月: 1,000 GBまで無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング
videog_キャプチャ画像
画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)

月額費用:13,800円~
データ転送料/月:要問い合わせ
会員管理:要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

※今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選