これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年12月09日

製造業・建築業などものづくりの会社

日本の経済を支えてきた製造業や建築業といった業種にも、デジタル化の波がどんどん押し寄せています。動画配信システムも、そのひとつ。技術・ノウハウの継承や、経営効率アップなど、動画配信システムが製造業や建築業の企業にもたらす影響はとても大きいのです。

また、自社の製品や取り組みを広く知ってもらうツールとしても、動画配信システムが活躍します。とりわけ、アジアや欧米をはじめ全世界に情報を発信するには、インターネットを使った動画配信は魅力的なツール。新規顧客をグローバルに広げていく手段として、ぜひご検討を!

製造業・建築業の動画配信活用シーン

技術研修

新入社員に対して、製品の製造過程や注意すべきポイントなどを動画でわかりやすく。指導者によって差異が生じることもなく、技術やノウハウが正確に伝わります。

情報共有

新製品の構造や設計、施工、管理など、全社員に共有したいことも、動画配信でより正確に、よりスピーディーに。製造拠点が海外にある場合でも、対応できます。

拠点間や取引先との会議

国内外の拠点とのミーティング、あるいは取引先との打ち合わせなども、動画配信システムが活躍。移動にかかっていたコストや手間も省け、業務効率アップが期待できます。

企業PR

自社製品の紹介、CSR活動ほか企業の取り組みなど、自社を広く知ってもらうツールに。国内はもちろん、市場を海外にも目を向けている製造業には有効なツールです。

採用説明会

全国あるいは海外で採用活動をおこなう場合、本社と各会場を結んでの採用説明会を。担当スタッフが各地を回る手間も省けるほか、会場に来れない求職者にも貴社の魅力を伝えられます。

製造業・建築業で活用できる動画配信システム一覧

社員育成のための技術研修だけではなく、ライブ配信であれば拠点間との会議や取引先との打ち合わせにも活用できる動画配信。それ以外にも自社製品を宣伝したり、CSR活動から自社を知ってもらったり、様々な用途で活用できそうです。それにより、これまで研修として現場へ移動していた交通費などのコストの削減や自社を知らないユーザーに貴社の魅力を伝えられるなど、企業においてのメリットも大きいようです。そんな日本の経済を支えてきた製造業や建築業で活用できる動画配信システムについて、いくつかご紹介します。

クラストリーム

他のユーザーは見られないよう、閲覧制限を強化した動画配信システムを提供。外部に情報を漏らせない重要な会議でも、ノウハウの詰まった技術動画でも幅広いシーンで活用できるのが特徴です。

初期費用 月額費用
無料 55,000円~

公式サイトをチェックする

Jストリーム

年間1,200社以上、10,000案件以上(2021年12月時点)動画配信に携わる、動画配信システム会社。世界各国との動画配信の実績も豊富です。

初期費用 月額費用
50,000円 50,000円~

※2021年10月時点で、公式サイトで価格を確認することができませんでした。

公式サイトをチェックする

ストリーミング・ジャパン

自社の製品や技術力などをアピールする動画制作にも対応。システム構築も、ホームページ作成も一貫しておこないます。

初期費用 月額費用
37,400円 37,400円

公式サイトをチェックする

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
100,000円(※税不明)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)