これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

動画配信システムの導入スターターガイド » 無料でも使える動画配信システム

この記事の最終更新日: 2021年09月06日

無料でも使える動画配信システム

商用利用も可能な動画配信システム一例

商用利用も可能な動画サービスの一例として、YouTube・ニコニコ動画について紹介します。

有名なサービスなので普段の生活で、名前を聞く機会や視聴をする機会は数多いはずです。

企業が商用として使うのも一般化し、新しく参入するのも容易です。プラットフォームとして強みがあり、設備投資も抑えられるため知っておいて損はありません。

当然、商用利用をする際はプランや規約に注意が必要。商用利用をする上でのポイントをまとめました。

一般的な始め方

現在、どちらのサービスもスマートフォンさえあればすぐに始めることができます。企業でも同様ですので、すぐにテストできるのが強みです。

有名サービスのため、配信に必要な情報がすぐにわかり、トラブル事例も簡単に調べられます。手軽さはもちろんですが、問題を調べるコストが低いというのは魅力的です。

企業アカウントも多く、企業の導入事例を調べるのも手軽に行なえます。ただ、用途としてはクローズドな使い方ではなく、オープンにPRする使い方が向いているでしょう。

問題があるとすれば、規約の理解や動画の種類によっては思ったような効果が得られないところです。また、コミュニティやコメント管理など人が集まる場所だからこそ考えることが多い点があります。

以上を踏まえた上で、各動画配信サービスについての特徴と企業の導入事例を解説していきます!

YouTubeの特徴と企業導入事例

世界で最も有名な動画配信サービスといえば、YouTubeです。

様々な国に多くのユーザーがいて、SNSとの連携で口コミの拡散効果が非常に高いのが特徴。印象に残る動画を配信できれば、知名度は大きく向上します。

企業としてブランドチャンネルを作ることができるので、自社で幅広い活用が可能です。企業でYouTubeマーケティングを目的とした導入する際は、大きく3つの使い方があります。

動画をサイトのメインコンテンツとする場合

「無印良品」が取り入れている手法です。商品をPRしたサイトのトップに動画を埋め込み、スクロールすると自動的に再生される仕組みになっています。

動画によって商品の雰囲気が伝わりやすいため、ブランドイメージが大切な企業には効果的です。また、埋め込みをするのも簡単で、多少の知識があれば導入できるのも魅力。

公式チャンネルにPR動画をまとめ新しい集客経路にする方法

新しいチャンネルとして、YoutubeにTVCMを上げることが増えてきました。これはTVCMで使用した動画を利用して、さらに認知を広げるといったパターンです。

例えば、「キューピー」は「YouTubeカード」の機能を使いワンクリックで自社サイトへ誘導できるようにしています。このようにユーザーの離脱を防ぐ工夫も必要です。

上記の活用方法とは違う特徴を持ちますが、SNSで話題になることを目的とした動画投稿といった方法もあります。

いわゆるSNS上での盛り上がり(バズ)を目的とした、プロモーション・コンテンツとなります。この手法は動画自体のクオリティが非常に求められてしまうので、他の2つよりも難易度が上がります。

成功した場合のリターンが大きい反面、狙って出すのは困難な一面もあります。狙う価値はありますので、Youtubeでプロモーションをする際はぜひ始めていきましょう。

ニコニコ動画の特徴と企業導入事例

ニコニコ動画は、日本国内で視聴数が多いサービスです。ユーザーは、情報感度の高い若年層が多く、ゲームやアニメ・サブカルチャーなどの動画が多くなっています。

他にも、テレビの変わるメディアとして利用されることが多く、滞在時間の長いアクティブなユーザーが多いことも特徴です。導入事例としては、「Z会」や「ドミノ・ピザ」。他にも「タニタ」や「ローソン」といった企業が活用しています。

特に「Z会」は、若年層が多いニコニコ動画のユーザーがターゲットとしてマッチしています。受験生応援ストーリーというコンセプトで、クオリティの高さ・ぐっとくるストーリーや音楽を駆使。

この結果、コメント数3500、Twitterのリツイート4000をそれぞれ超えるといった大反響となりました。

さらに「タニタ」では、まだユーザー1000万人も突破していなかった頃から、率先して動画コンテンツの提供やコミュニティ形成を行ってきました。

内容も「タニタ」らしく、健康に関するもの、「ハカル君シリーズ」などの動画配信をしています。動画のなかで社員が顔を出しているといったように、企業が身近に感じられるような工夫も。

このように、親しみがある動画の世界観と生放送を積極的に行っているといった取組みを行っています。ユーザーとの親和性を意識した取り組みが大事なプラットフォームです。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選