これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2024年04月22日

ニコニコ動画

国内でも大型の動画サイト

ニコニコ動画_キャプチャ画像
画像引用元:ニコニコ動画公式HP(https://www.nicovideo.jp/)

ニコニコ動画は、国内でよく見られている動画サイトサービスです。滞在時間の長い若年層のアクティブユーザーが多く、ゲーム・アニメ・サブカルチャーなどの動画を中心に視聴が盛んといえます。テレビに変わるメディアとして利用されるケースも見られる、国内を代表する動画サービスのひとつです。

ニコニコ動画3つのおすすめポイント

膨大な会員数とトラフィック

国内でも有数の規模を誇る大規模サービスです。世界的にユーザーを抱えるYoutubeに次ぐ存在で認知度も高く、国内の若年層で知らない人は少ないと言えるでしょう。

独特な世界観

ニコニコ動画最大の特徴であり、最もユニークなポイントと言えるのがオタク文化に代表される独特な世界観と動画を介したコミュニケーションです。その影響は大きく、独特な世界観から生まれるトレンドやブームも少なくありません。

オフラインとの連動

ニコニコ超会議と呼ばれる、ネットとリアルの融合をテーマにしたイベントを毎年開催しています。従来のインターネットサービスの多くはネット上で完結していました。しかし、ニコニコ動画はネットサービスだけに収まらず、実際にイベントを開き成功を収めています。ニコニコ超会議の参加者は16万人を超え、ネットでのアクセスは660万を上回ります(2019年時点)。従来のイベントでは考えられない、大勢のユーザーが参加する集客力が強みです。

参照元:アニメ!アニメ!公式HP:https://animeanime.jp/article/2019/04/30/45203.html

費用

ニコニコ動画は無料会員と月額支払いのプレミアム会員があります。審査はありますが、法人利用を無料で利用できるのが強みです。ニコニコチャンネルという法人向けのサービスもあります。

プレミアム会員限定の主な機能

投稿できる動画数

プレミアム会員の場合は投稿動画数が無制限ですが、一般会員が投稿できる動画数は50までとなっています。週1本の動画を投稿した場合、1年で上限に達してしまう計算です。

企業での運用をする場合、過去の動画がテレビやネットニュースの影響で伸びる可能性はあるので消さない方がいいという考え方もできます。ニコニコチャンネルでの運用を考えるとよいでしょう。

優先アップロード

プレミアム会員は、動画投稿の多い時間帯の19時~26時に投稿した時に、一般会員よりも公開される順番が優先されます。無料有料会員含めて、1日あたりの投稿動画数は6000本以上。その中で優先権を取れるのはかなりの効果が期待されます。

予約公開機能(日時・時間指定)

指定した日付や時間に動画を公開することができます。SNSやブログなどでも予約投稿ができると考えると、是非押さえておきたい機能です。このような機能を活用すれば、業務時間外でも優先アップロード時間に投稿可能になります。企業が運営する場合は、機会損失の防止に大きな役割を持つと考えられます。

導入事例

導入事例1.ドミノ・ピザが注文できるサービス

ドミノ・ピザを運営する株式会社ドミノ・ピザ ジャパンは、動画共有サイト「ニコニコ動画(SP1)」のコメント機能とドミノ・ピザのオンライン注文機能を連動したサービスを2008年4月1日より実施。動画を視聴中に、ユーザーが「@ピザ」や「@ピザ食べたい」など、「@ピザ」を含むコメントを動画に書き込むと、専用の別ウインドウが開き、ドミノ・ピザの注文ページに移動する仕組みで大きな注目を集めました。

サービス・アフターメンテナンスについて

不明

会社概要

  • 運営会社 株式会社ドワンゴ
  • 住所 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー
  • 設立 1997年8月6日

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選