これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年09月06日

動画配信の知識がなくても大丈夫?

動画配信システムを初めて扱うんだけど、難しくない?

ドーガくん:「『機器の扱い方がわからない』『重要な会議の前に、動画配信システムが使えなくなったらどうしよう』と不安に思っている方もいるかもしれないね。

そんな悩みやトラブルを未然に防ぐには、『初めて使う人でも簡単に使えるものを選ぶ』ということと、『万一の時でもサポートが手厚い』という動画配信システムを選ぶのがポイントだよ」

簡単に使える動画配信システムを選ぼう

ドーガくん:「動画配信システムといっても、自社専用回線を用いた高機能なシステムもあれば、インターネット回線を用いて簡単に使えるシステムまで、実にたくさんあるんだ。

このうち、インターネット回線を活用した動画配信システムは、意外とシンプル。YouTubeやUSTREAM、ニコニコ動画などのサイトと同じように、動画をアップしたりライブで結んだりするのが簡単なものも多いんだ。

極端な話だけど、YouTubeやUSTREAMを見たことがあるという経験がある方なら、初めての人でも簡単に使えるシステムがあるってこと。そういったものを探してみよう!」

いざというときに助けてくれるサポート

ドーガくん:「動画配信システムを選ぶとき、重視したいのがサポートなどのサービス面。いざというときに頼れるパートナーがいると安心だよね。

とはいえ、どの業者のサポート体制がいいのかは、実際に導入してみないとわからない。業者によっては、サポートに力を入れていないところもあるんだ。

では、サービス面をどうやって見分ければよいのだろうか。

一つの方法として、動画配信システム会社のホームページにヒントがあるから、見てみよう。

まず、サポート情報のページがあるかどうかを探してみる。

あれば安心…というわけではない。そこに書いてあることが、『初めての人でもわかる内容か』というのがポイントだよ。

なかには、専門的な用語ばかり用いている業者もあるだろう。そういう会社は、ユーザー目線が足りていないとも考えられる。実際にサポートを依頼しても、思ったような回答が得られない可能性が高いんだ。

つまり、初めて導入する会社にはホームページの内容がビギナーでもわかりやすい業者を選ぶことが、ハズレを選ばずに済む方法だよ」

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
100,000円(※税不明)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)