これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2023年03月28日

UIshare

UIshere_キャプチャ画像

画像引用元:UIshare公式HP(https://www.uicommons.co.jp/uishare/)

株式会社ユイコモンズが提供する動画配信システム「UIshare」

「UIshare」は、法人向けオリジナル動画共有クラウドサービスで17万人(2021年12月調査時点)が利用している動画共有プラットフォームです。

ライブ配信や動画販売などに強みを持つ機能や設定が可能で、用途別に合ったプラットフォーム提供を行っています。例えば、イベント運営やマーケティング戦略ツール・社内共有システムなど幅広い活用を実現しています。

スペック

スペックについては公式サイトでの明確な記載がなかったため、問い合わせが必要です。

費用

UIshare USER’S MANUALスタートアップ編・ チーム編管理者用の2プランを用意しています。月額1,000円から利用できますが、詳細は問い合わせが必要です。

こんな人におすすめ

「UIshare」は動画を活用したいと考える方にオススメのサービスです。

利用シーンによってプラットフォームの選択ができ、実装までのスピード感も安定しています。 使いやすいユーザーインターフェースでありながら機能は充実しており、面倒な手続きもありません。

導入ハードルも低いことから、まずは試してみて検討したいといった場合でもお勧めしたいサービスです。以下では、各おすすめポイントを詳しく解説していきます。

「UIshare」3つのおすすめポイント

プラットフォームの選択が可能

UIshareのおすすめポイントは何と言ってもプラットフォームの選択ができる点です。

有料会員サービスやオンライン学習などのマーケットプレイスに特化したプラットフォームや社内の共有・マニュアル教育などチームにおける活用も可能。さらに個人・法人を問わず広く配信行う際のマーケティングにも効果を発揮しています。

もちろん各プラットフォームは直感的な操作で動画共有ができます。ミーティングで撮影した動画をそのまま録画しすぐにチーム内での共有もOK。まさに、17万人に利用されている実績にふさわしいサービスと言えるでしょう。

即日利用開始できる

プラットフォームに加え、利用開始までのスピード感も好評の理由です。早ければ即日の利用開始もできます。

もちろん、ただ利用できるというだけではなく必要な機能も複数実装済み。コンテンツ共有やテスト機能といった、サイト運営に必要なものが揃った状態で始められます。

サイトをオープンするにあたって専門知識は不要です。オープンから運用まで専門知識の必要がなく直感的な操作のみで活用できます。

低コストの実現

機能が優れているとしても、コストの関係で活用を見送るといった企業も少なくありません。

しかし、UIshareは初期費用は無料・ 月額は1,000円から利用でき、さらに一週間のトライアル期間もあるので導入のハードルも低いと言えます。

もちろん低価格だからといって上述したような機能が全く使えないということもありません。まさに低コストと多機能・カスタマイズ性を兼ね備えたシステムの導入を実現させているのです。

主な機能

上記のような特徴に加えて、UIshareには多くの機能が搭載されているのが魅力です。その機能の一部を紹介していきます。

コンテンツ配信(4k・VR対応)

制作した動画やデータファイルの各種コンテンツを簡単にアップロードできます。もちろんスマホで撮影した動画についても対応可能。

VR対応もしているため、臨場感のある再現性の高い映像もリーチできます。

アクセスコントロール

データファイルの共有では5階層までの書式設定でアクセスコントロールができます。

権限設定についても管理者・マネージャー・メンバーの3段階で設定可能さらにグループ別や個人別というような細かい設定もできます。

テスト&アンケート機能

自社における各種認定試験や理解度チェックテストの実施ができます。回答時間や受験回数の制限も設定できるのでより精度の高いテストが可能。

オンラインアンケート機能では様々な質問タイプにも対応しているため、マーケティングへの活用も期待できます。

カード決済機能

マーケットプレイスではペイメントと課金機能を実装しています。そのため単品販売やサブスクリプションといった多彩なコンテンツの利用を促すことにもつながります。

さらにクーポン機能も利用できるため、ユーザーの購入ハードルを下げることにもつながるでしょう。

サービスやアフターサービスなどについて

提供サービスとセキュリティ

利用するケースに合わせて大きく3つのサポートプランをベースに用意しています。 また、希望をすれば自社に合わせた独自のサポートプランも可能となっています。

  • 運用サポートプラン:隠しコンテンツやユーザー登録作業を任せられるプラン
  • 初期導入パッケージプラン:動画共有システムをスムーズ・スピーディーに構築するための新サービスを提供するプラン
  • 動画コンテンツ制作サービス:オンライン学習動画制作のノウハウを活かしたコスト効率の高いコンテンツ制作サービスを提供するプラン

セキュリティに関しては、Amazon Web Serviceを使っているため常に新しい環境を提供しています。もちろん24時間体制での保守運用を実施。アプリケーションへの脆弱性診断定期的に行っているため、セキュリティ面も安心です。

テクノロジーも新しいものを積極的に実装し、日々進化できるよう努めています。

柔軟なサポート体制

充実の導入支援だけではなく動画コンテンツ制作も企画から編集までノンストップでサポートを行っています。実績で培われたノウハウを活かしクオリティの高い動画コンテンツの制作サービスを提供しています。

また、運用についてもきめ細かいサポートを受けられるでしょう。

会社概要

  • 運営会社:株式会社ユイコモンズ
  • 住所:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー7F
  • 設立:2015年4月1日

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

利用目的で選ぶ動画配信システム3選