これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2022年03月17日

Microsoft Stream

Microsoftが提供する動画配信システム「Microsoft Stream」

Microsoft Stream_キャプチャ画像

画像引用元:Microsoft Stream公式HP(https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-stream)

Microsoft Streamは、Microsoftが提供する企業向けの動画共有サービスです。社内・組織内のユーザーが動画データをアップロード・視聴・共有できるので、社内での会議・プレゼンテーション・研修、学校での授業やトレーニングなどに活用できます。会社でOffice 365 E1などをすでに導入している場合は費用をかけずにサービスが利用可能です。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
×(なし) テナント:500GB・ユーザー毎:0.5GB ストリーミング

費用

企業向け

  Office 365 E1 Office 365 E3 Office 365 E5
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 1,090円/ユーザー 2,500円/ユーザー 4,130円/ユーザー

教育機関向け

  Office 365 A1 Office 365 A3 Office 365 A5
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 無料 270円/ユーザー 650円/ユーザー

こんな人におすすめ

Microsoft Streamのシステムは、Office 365 E1などをすでに導入している場合におすすめのサービスです。Officeアプリケーションや法人メール、Microsoft Teamsなどを使用するためすでにOffice 365 E1などを導入している会社は多いと思います。このような場合は新たな費用をかけることなく動画配信サービスを利用できるのでおすすめです。また、Microsoft Teamsなどと連携も可能です。

「Microsoft Stream」3つのおすすめポイント

導入のハードルが低い

Microsoft Streamの最大のメリットは導入のハードルが低いこと。企業でOffice 365 E1などをすでに導入している場合は動画配信サービスのために新たな費用をかけることなくサービスを利用できます。教育機関であればOffice 365 A1は無料で利用でき、他のプランも安価で利用できるのでさらに導入のハードルは低いといえます。オンラインの会議や授業などで必要な機能がそろっており、便利な機能もさまざまなものがあるので、なるべく費用をかけずにオンラインの会議や授業で使いたいという場合におすすめです。

配信者と視聴者の密度の濃いコミュニケーションが可能

Microsoft Streamではライブ配信にも対応しており、配信者は視聴者の生の反応を見ながら会議やプレゼンテーション、授業などを進められます。また、その場で質問のやりとりができたり、視聴者が直接コメントを書き込んだり、「いいね」を残したりなどで内容を評価もできます。投票やアンケートができるMicrosoft Formsとの連携機能もあります。配信者と視聴者の間でさまざまなコミュニケーションをとることが可能です。

操作が簡単でマルチデバイス対応

Microsoft Streamは配信者にとっても視聴者にとっても操作が簡単で使いやすいというメリットがあります。配信者は動画データを任意のグループやチャンネルにドラッグ&ドロップするだけで簡単に動画のアップロードができます。また、視聴者側はスマートフォン、PC、タブレットなど、デバイスを選ばず動画が視聴できます。また、顔認証機能が備わっているので、会議などの動画を後から見直して確認する際に、発言者ごとに再生できるのも便利です。

主な機能

Microsoft Streamには動画の配信や視聴、配信者と視聴者のコミュニケーションに利用できる便利な機能がたくさん備わっています。

キャプションやコメントなどの追加

動画にキャプションをつけたりコメントや補足の説明をつけたりすることができるので、視聴者にわかりやすい動画作成が可能です。視聴者側では直接コメントを書き込んだり「いいね」を残したりして動画を評価もできます。

動画データを集中管理・マルチデバイス対応

動画データを1か所に集めて集中管理できます。集められた動画はスマートフォン、PC、タブレットなど、デバイスを選ばずどこでも視聴できます。

顔認識機能

顔認証機能が備わっており、動画内の人物の顔を認識してくれるので、会議やプレゼンテーション、授業の動画などでは発言者を選んで再生することが可能です。

権限設定

視聴権限や動画のアップロードの権限を個人だけでなくグループでも設定できます。権限を細かく設定できるので、会議やプロジェクトごとに設定を変えるなど、セキュリティや守秘義務を意識した運営が可能です。

Microsoft Formsとの連携

Microsoft Formsとの連携で、ライブ配信中に視聴者が質問やアンケート回答、投票などのができる機能が備わっています。

「Microsoft Stream」は、こんな企業にオススメ

既存の環境を利用して安価に動画配信サービスを利用したい

既存の環境を利用して安価に動画配信サービスを利用したい場合はMicrosoft Streamがおすすめです。企業ではすでにOffice 365 E1などを導入しているケースが多いので、このような場合は動画配信サービスのためだけに別途費用をかける必要がありません。既存の環境を利用して動画配信サービスが利用できます。

教育機関と連携・取引したい

大学などの教育機関では、安価でOffice 365を導入できるため、Microsoft Streamをオンライン授業などに利用しているケースが多く見られます。このため、教育機関と連携したプロジェクトやミーティングで動画配信サービスを利用したい企業には、Microsoft Streamがおすすめです。

コミュニティの中で情報共有したい

Microsoft Streamは配信者と視聴者間や、同じ動画を視聴するグループ内でコミュニケーションをとれるツールや機能が充実しているため、会議やプロジェクトなど特定のメンバー内で情報共有したい場合におすすめです。

導入事例

教育機関の授業

多くの大学などの教育機関でオンライン授業に利用されています。

企業での会議やプレゼンテーション、研修など

企業では会議やプレゼンテーション、研修などに利用されています。

サービスやアフターサービスなどについて

提供サービスとセキュリティ

セキュリティに関しては、Microsoft 365 の各種アプリケーション自体にサイバー攻撃を想定したセキュリティ機能が実装されています。Microsoft Streamでも安全に動画をアップロード、視聴、共有できます。

細かく権限設定できる

管理権限はもちろん視聴権限も細かく設定できるので、情報の漏洩や守秘義務に備えてメンバーを絞り、動画のアップロード、視聴、共有が可能です。

会社概要

  • 運営会社:日本マイクロソフト株式会社
  • 住所:東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
  • 設立:1986年2月

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選