これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2024年04月22日

smartSTREAM

smartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:NTTスマートコネクト公式HP(https://smartstream.ne.jp/)

大手企業という安心感「smartSTREAM」

NTTスマート・コネクトが提供しているライブ配信システムです。NTTと言えば知名度のある大手企業のひとつで、通信関連の業務を長年携わってきた経験や実績があります。そんな大手企業が運営しているという点では、かなり信頼度が高いのではないでしょうか。その信頼度は知名度だけから来るものではありません。ライブ配信を行うにあたって欠かすことができないのはシステムの容量やサポート体制です。smartSTREAMでは日本でも有数のインターネットの拠点である大阪府堂島の「NTTデータセンター」にシステムを設置しています。そこは複数のIXや大手のISPと直接接続できる高速で、大容量のバックボーンになっているため、大勢の視聴者がいても安定的にライブ配信を継続することができるでしょう。そんなデータセンターに拠点を置いているからこそ、柔軟にサポートを実施することも可能です。どんなに些細な悩みであっても通信業界のプロフェッショナルとして適切に対処を行い、悩みやトラブルの解消を行ってくれます。

smartSTREAMを選ぶ理由としてプランの豊富さも挙げられます。定期的な利用だけでなく、単発のイベント時だけ利用したいという要望も叶えてくれるなど幅広いプランが用意。たとえばセレクトプランであれば使いたい機能を自由に選び、パッケージにすることが可能です。そのためコストを抑えつつ、ユーザーに適したシステムになっているでしょう。

ライブ配信を初めて利用するというケースもあるでしょう。そんな方のために動画配信のプロフェッショナルがサポートを実施。より分かりやすく使えるように丁寧に説明してくれるため、初めての方でも安心して利用することができるでしょう。動画配信の活用方法が分かるコンテンツや、確認しておいた方が良いポイントなど細かな部分まで教えてくれますよ。ビジネスパートナーとして活用したい方は、ぜひ一度相談してみてくださいね。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
要問合せ 100GB~ ストリーミング

費用

  セレクトプラン 常設 スポット
プラン
オーダーメイド
初期費用 要問合せ 要問合せ 要問合せ 要問合せ
月額費用 115,000円 200,000円 100,000円/回 300,000円~

「smartSTREAM」3つのおすすめポイント

NTTスマート・コネクトという安心感

ライブ配信システムを提供している企業は多々あります。もちろん、どの企業もメリット・デメリットがあり、どの企業が一番良いのかはユーザーによって様々でしょう。smartSTREAMはNTTスマート・コネクトが提供しているサービスなので、大手企業が運用している安心感が一番の強みです。失敗の許されないライブ配信において、信頼性が高い企業に任せたいというユーザーに適切でしょう。

日本にあるインターネット拠点の中でも規模が大きい大阪の堂島に「NTTデータセンター」が設けてあり、そこにシステムを配置しています。そのためアクセスが集中したとしても、安定したライブ配信を提供することができるでしょう。

予算に合わせた豊富なプラン

配信といっても配信する規模や回数、容量などはケースバイケースでしょう。そこでsmartSTREAMは予算やニーズに合わせて、豊富なプランを用意しています。必要な機能などが搭載してあるプランを選択することで、無駄な費用を支払うことなく効率的にシステムを活用することができるでしょう。

充実したサポート体制

ライブ配信に不慣れな企業も多く、活用するにあたって疑問を抱くこともあるでしょう。smartSTREAMであればデータセンターと一体化した配信システムを提供しています。そのため柔軟なサポートを実施することができ、きめ細やかな対応を受けることができるでしょう。

セキュリティレベルの高い動画配信
オンプレミス版システムについて確認する

こんなサービスにおすすめ

smartSTREAMは以上の特徴などがある動画配信システムです。具体的に、どのようなサービスに活用できるのでしょうか。

smartSTREAMを運用しているのがNTTスマート・コネクトです。NTTという大手の企業がバックアップしているという信頼感が一番の強みでしょう。高速かつ大容量のバックボーンを持っているため、アクセスが集中したとしても安定した動画配信を行うことができるでしょう。

そのため大規模なライブ配信や安定したライブ配信を行いたいというケースに合ったシステムです。大規模なイベントの中継や音楽コンテンツの配信など様々な用途に活用することができるでしょう。

導入事例

smartSTREAMの導入事例を紹介しています。

MS&ADインターリスク総研株式会社

SmartSTREAM ビデオプラットフォームサービスを導入した事例です。社外のお客さまに対する新型コロナ対策のセミナー動画配信を契機に「SmartSTREAM」を検討するようになり、数週間でスタートできたとのこと。初めに3本ほどのセミナー動画を公開したところ、想定以上の再生数があり、活用できる手応えを感じたそうです。

smartSTREAMのアフターメンテナンス

導入からアフターケアまでコンサルティング

smartSTREAMは、24時間365日、専門の技術者が運用を監視しています。そのため、何かトラブルが起こったときでも素早く対応してもらえるのが強み。smartSTREAMのユーザーはその運用を行っているNTTスマート・コネクトによって、動画配信システムの導入開始前のコンサルティングからアフターケアまで、一貫したサポートをしてもらうことができます。

さらには導入をしたあと、疑問点やトラブルについても専門スタッフが丁寧に対応してくれます。

経験豊富な専門スタッフが対応

NTTスマート・コネクトはNTTデータセンタ基盤を利用することができ、これまでにも大規模なライブの中継など、数多くのコンンテンツ配信を行ってきた実績があります。そのノウハウは、もちろんsmartSTREAMにも活かされ、アフターケアに至ってもその丁寧で頼りがいのある姿勢は変わりません。また、日本の企業が運用していることから、アフターケアも日本語で対応してもらえるという安心感があります。

会社概要

  • 運営会社:エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
  • 住所:大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーC13階
  • 設立:2000年3月1日

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選