これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年12月09日

予算から考える動画配信システムの選び方

多くの企業が導入し注目を集めている動画配信ビジネス。しかし実際に動画配信を導入する際に気になるのは、予算やシステムの問題ではないでしょうか。有益な情報を集めることができず、動画配信ビジネスを断念した企業も少なくないはずです。

そこで今回は、動画配信ビジネスを行う際の予算やシステム選び、動画販売の注意点や必要な機材について徹底的に解説します。動画配信ビジネスを検討している方は、ぜひ記事を参考にしていただき、上手に動画配信ビジネスをスタートさせてください。

動画配信システムの選び方と予算

動画配信をビジネスで使用する場合、必ず予算を考えながらシステムを選びましょう。費用対効果を考えることが、ビジネスのための動画配信には欠かせません。

基本料金が予算内かを確かめる

動画配信システムの料金プランは、一般的に基本料金+オプション料金によって決められています。オプション料金は必要に応じて付帯すれば良いため、まず重要になるのは基本料金です。毎月いくら必要となるのかが、動画配信システムの最初の比較対象となります。

また、基本料金と一緒に確かめておくことが基本プランの内容です。動画配信システムの費用がバラバラなのは、基本プランに含まれるものが会社によって異なっているからです。そのため、基本料金が安い代わりにオプションで機能を追加していくのか、基本料金は高いが初めからどんな機能も使えるのかなどを料金プランと合わせて考えていきましょう。

必要な機能を含めた場合の費用を考える

基本料金での比較と同時進行で行いたいのが、必要な機能を含めた場合の費用での比較です。この金額が実際に動画配信システムを利用する上での料金となっていますので、基本料金よりも予算との兼ね合いが強くなります。

この場合、重要なのはシステム運用のための総額です。基本プランで希望する内容が賄える場合、基本料金が高くてもオプションを使用しないため、予算に合わせやすいという利点があります。

また、より現実的に予算を考える場合、まずは動画配信システムを何に使用するのか、その目的を具体的に検討しておかなければいけません。ですので、欲しい機能から選ぶだけではなく、予算に合わせて必要な機能の取捨選択を行うことも必要です。あれもこれもと余分な機能を追加してしまい大きく予算をオーバーしてしまう事態だけは避けましょう。

有料動画を販売する場合の注意点

動画配信システムを活用すると、社内セミナーなどを個人、あるいは企業へ販売することが可能になります。この方法を採用すると、動画配信システムの運営費用に販売利益を充てられるようになります。特に、販売する動画を作成するための費用は必要ないため、より履歴になりやすいというメリットもあります。

ただ、有料動画を販売する場合、多くのシステムでは有料のオプションサービスとなっています。動画を販売するためには、購入者の閲覧方法によって用意するものが異なります。さらに、販売ページの作成や決済システムの整備なども必要になるため、基本プランでは賄えないのです。

また、動画を販売することはできても、それが売れるかどうかは別問題です。社内セミナーの動画はその企業の業績や働き方などが購入のきっかけとなります。販売システムを導入しても最終的には赤字となる場合もあるため、予算よりも需要を考慮しながら販売するかを決定しましょう。

予算には機材の購入費を

動画配信システムを導入する場合、予算の中に含まれないことが多いのが機材の購入費です。動画配信を行うためには、最低限カメラとマイクが必要となります。一般的なビデオカメラでも録画・録音も可能なので、システムの使用料以外にも2~3万円のカメラの購入費を予算に含めておくことが必要です。

また、ホワイトボードなどを使用する場合は画質が荒いと動画では見えづらく、話す人の音声によっては聞こえづらくなることもあります。そのため、誰がやっても一定の動画のクオリティを保つためには、カメラは画質の良さを考慮したものを選び、別途マイクを用意する必要があるでしょう。

特に、動画の販売を考えているならなおさらです。内容が良くても見えづらい、聞こえづらい動画ではリピーターは生まれません。機材の拡充は動画配信システムよりも、使いやすさへダイレクトに関係します。必要以上に高価なものを用意する必要はありませんが、可能な限り予算を機材へまわせるような計画を作成することも重要です。

システムの利用料だけを考えた予算計画の場合、機材を購入するとあっという間に予算オーバーになる場合もあります。機材の購入費用を第一に考え、それから予算に合わせて利用する動画配信システムを選ぶこともおすすめです。この場合は、導入後の使い勝手に応じてオプションサービスを利用し、配信システムの拡充を行いましょう。

動画配信システムの初期費用や月額費用を比較

動画配信を導入する際に気になるのは、やはり費用面ではないでしょうか?そこでここでは、いくつかの動画配信システムを導入した際のサービス利用料について比較してみました。どのくらいかかるのか気になる方は、ぜひ参考にしてください。

クラストリーム

初期費用

0円

月額費用

  • ライト:55,000円
  • スタンダード:110,000円
  • エンタープライズ:165,000円

特徴

様々な機能が基本プランの中に備わっているのが魅力です。しかもリーズナブルなので、できるだけ費用を抑えてたくさんの機能を使いと思っている方にもおすすめ。動画の容量が無制限なのも特徴で、何件でも動画をアップロードさせられます。セキュリティにもこだわっていて、徹底した会員管理が可能。

ミルビィ

初期費用

  • スタンダード・プロフェショナル 100,000円

月額費用

  • スタンダード 50,000円
  • プロフェッショナル 100,000円

特徴

セキリティにこだわっているのが特徴です。閲覧制限システムが整っているのはもちろんのこと、ストリーミング配信方式、動画ファイルの暗号化にも対応。プランは3つ用意されていて最上級プランであるmillviポータルの場合はより安全性が高くなります。それでいて使いやすさも工夫されているので、初心者にも向いているでしょう。

MOOGA

初期費用

50,000円

月額費用

  • ライトコース 15,000円
  • スタンダードコース 30,000円
  • プレミアムコース 50,000円
  • プラチナコース 100,000円

特徴

編集機能がいろいろと用意されているのが特徴。内容を補足するためのテロップなども簡単に入れられます。画質にもかなりこだわっているので、画質が重要な配信を行いたいと思った場合にも便利なサービスだといえるでしょう。低価格も実現しているので、中小企業にも向いています。

Jストリーム

初期費用

50,000円(Enterpriseのみ¥100,000)

月額費用

  • Expert ¥180,000
  • Enterprise ¥220,000

特徴

動画配信の分野では知名度が高く、多くのシェアを誇ります。年間で数多くの動画配信に携わっているということもあり、実績数が豊富なものを選びたい方でも納得できるでしょう。機能も充実しているのが魅力。なお、web会議などのライブ配信サービスは要問い合わせとなっています。

ビアプラッツ

初期費用

  • パブリッククラウドサービス 50,000円
  • プライベートクラウドサービス 300,000円~

月額費用

  • パブリッククラウドサービス 40,000円~120,000円
  • プライベートクラウドサービス 125,000円~

特徴

NTTグループによって提供されている動画配信システムです。ネットワーク回線や拠点間のLANなどにもすべてNTTが関わっています。予備回線なども用意しているので、とにかく繋がらないと一大事になるような会議などにも活用できるでしょう。ユーザー管理もしやすく、動画配信システム利用後にテストやアンケートができる機能も便利です。

ULIZA

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

特徴

豊富な導入実績をもちます。実績数の豊富さで選びたいと思っている方におすすめ。フルカスタマイズにも対応しているので、使いやすくアレンジできます。

ギガキャスト

初期費用

  • プリペイド制 28,000円~
  • 月額固定(ポイント発行方式) 0円
  • 月額固定(時間帯指定プラン) 98,000円

月額費用

  • 月額固定(ポイント発行方式) 9,800円(月5時間×25名)~
  • 月額固定(時間帯指定プラン) 48,000円~

月額固定プランのみ

特徴

セミナーに特化して開発されたサービスということもあり、セミナーをするのに役立つ機能が多数搭載されています。細かい文字がはっきり読めるように高画質になっているので、画質にこだわりたい方にも向いているでしょう。

ストリーミング・ジャパン

初期費用

  • あんどぅらく 4,980円
  • むーびーしょっぱー 34,000円
  • ろぼだんす 48,000円
  • ろぼぶらうざ 198,000円

月額費用

  • あんどぅらく 4,980円
  • むーびーしょっぱー 34,000円
  • ろぼぶらうざ 48,000円

特徴

様々な機能をトータル的に提案してくれます。例えば、課金機能を付けたシステムの場合は課金の回収まで対応してくれるのが魅力。ストリーミングサーバーを構築することもできます。

メガDOGA

初期費用

  • フリー:無料(最大30日間)
  • ライト・ミディアム・ラージコース:50,000円

月額費用

  • フリー:無料(最大30日間)
  • ライト:50,000円
  • ミディアム:80,000円
  • ラージ:140,000円

特徴

会員認証機能によって閲覧制限ができるのですが、会員数は無制限です。通常プランは録画した動画配信のみしかできませんが、ライブ配信をしたいと思っているか方のためにLivemoといったプランも用意されています。

Bizlat

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

特徴

パソコンだけでなく、タブレット、スマートフォンなど、幅広い端末に対応しているのが魅力です。使いやすさの点でも納得できるでしょう。視聴状況の分析やSNSとの連動もできるので、様々な場面で役立てられます。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選