これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の最終更新日: 2021年11月25日

DRM(デジタル著作権管理)とは?

DRM(Digital Rights Management/デジタル著作権管理)とは、デジタルコンテンツの著作権を保護する技術のこと。

そもそも著作権とはさまざまな著作物を違法コピーなどから守るための権利ですが、デジタルコンテンツも著作物に該当します。守るべきデジタルコンテンツをDRMによって保護することで、第三者によるコピーや再利用を防いでくれるのです。たとえば海賊版と呼ばれるコピーデータは違法であるにもかかわらず、インターネット上でアップロードされているのが現状です。

一方、DRMフリーと呼ばれるコンテンツもあります。DRMフリーとは、DRMとは異なり保護技術を施していないものをさします。著作権管理はなく、再生やコピーが自由におこなわれています。

なぜDRMが重要なの?

デジタルコンテンツでは映像や音楽、書籍、ゲームなどが挙げられますが、データコンテンツはコピーをしても品質の劣化がないのが特徴。そのためオリジナルと同じ品質のコピーを大量につくることができてしまうのです。

DRM(デジタル著作権管理)はデジタルコンテンツの著作権を守るための技術であり、さまざまな手法を用いて違法コピー・ダウンロードの対策を行っています。

DRMの手法は?

DRMの手法は数多くあり、さまざまな手法が用いられています。手法を大別すると「デジタルコンテンツのコピーをさせない」ものと「デジタルコンテンツの視聴自体をさせない」ものに分かれます。さらにもっと細かく分けるとすれば、

  • ファイルのコピー行為を制限
  • コピーは可能でも、特定のハードウェアでしか再生できないよう制限
  • コピーの世代や回数を制限
  • 再生可能期間を制限
  • DRM対応のメディアでしかコンテンツを保存できないよう制限

などが挙げられるでしょう。また、CPRMやCPPMのようにコピーと視聴両方を制限する手法もあります。

動画配信システムにDRMは必要?

たとえばストリーミング形式の動画配信では、閲覧しているユーザーの端末にデータが残りません。そのためダウンロード形式やプログレッシブダウンロード形式よりもセキュリティに信頼性があるといえます。

ただ、ストリーミング形式であっても関係者以外の閲覧ができる環境では意味がありません。閲覧制限をかけたり、コンテンツを暗号化してコピーできないようにするなどの対処が必要です。とくに機密性の高い内容の配信を行う場合はDRMをつけられるなどセキュリティ対策をしっかりとおこなっているシステムを選ぶと良いでしょう。

参照元:NTT Smart Connect(https://www.smartstream.ne.jp/useful/keyword/digital_rights_management.html)

参照元:bookend(https://bookend.keyring.net/home/service/drm/)

参照元:大塚商会(https://www.otsuka-shokai.co.jp/words/drm.html)

参照元:TECH-MAG(https://www.tdk.com/ja/tech-mag/knowledge/070)

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル

millvi ポータル_キャプチャ画像画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)
月額費用:
110,000円~
データ転送料/月:
1,000 GBまで無料
会員管理:

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング

videog_キャプチャ画像画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)
月額費用:
13,800円~
データ転送料/月:
要問い合わせ
会員管理:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

まずはチェック!
初導入でも安心だと評判の
動画配信システム業者3選

クラストリーム
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

millvi ポータル
millvi ポータル_キャプチャ画像
画像引用元:millvi ポータル公式サイト(https://millvi.jp/lpp/)

月額費用:110,000円~
データ転送料/月: 1,000 GBまで無料
会員管理:○

公式HPで詳細をチェック

IBMビデオストリーミング
videog_キャプチャ画像
画像引用元:IBMビデオストリーミング公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja/products/video-streaming)

月額費用:13,800円~
データ転送料/月:要問い合わせ
会員管理:要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

※今回は、保存容量が1000GB以上で月額費用が公式HP上で確認できた3社を紹介します。
※2022年7月時点の調査内容

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選