これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2024年04月22日

Bizlat

自在にカスタマイズできる「Bizlat」

Bizlat_キャプチャ画像
画像引用元:Bizlat公式HP(https://www.evc.jp/product/bizlat.html)

Bizlat(ビズラット)は、パッケージ化された動画配信システムに自社に必要な機能を追加しながら、自在にカスタマイズできる動画配信システムです。導入までのスピードが速いこと、導入後も運用がしやすいことにより、導入~運用にかかる時間やコストを抑えられます。

なお、法人用として使えるのは視聴権限(ID管理)ができるBusiness版またはCommerce版。視聴履歴、課金や動画販売などはCommerce版のみ対応です。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
○(Business版とCommerce版) ○(Commerce版のみ) 要問い合わせ ストリーミング

費用

初期費用 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ

「Bizlat」3つのおすすめポイント

柔軟なカスタマイズ、既存のシステムとの連携も!

100%自社開発のBizlatは、必要な機能の追加やASPサービスへの展開、既存システムとの連携も含め、導入する企業にあわせて柔軟にカスタマイズできることが特徴のひとつ。将来を見据えた柔軟性がある動画配信システムでもありますから、導入後にもっと使いやすくしたいという要望にもフレキシブルに応えられます。

見やすさ、使いやすさへのこだわり

パソコン、タブレット、スマートフォンなど、幅広い端末に対応。いずれの端末でも見やすいデザイン、使いやすい操作性にこだわっています。また管理する側も、動画のアップロードやコンテンツ管理が、専門知識がない人でも容易にできることも、うれしい配慮。

さらに、視聴者のニーズをとらえ、見せたい動画のピックアップやおすすめコンテンツなど提示することも可能です。

視聴状況の分析やSNSとの連動も

アクセス分析ツールとの連携により、セミナーなど不特定多数の人へ動画配信する際には、ユーザーのアクセス情報の収集・整理・分析なども可能。また、FacebookやTwitterなどのSNSとの連携も可能。セミナーや株主総会といった場で、視聴者からの質問や感想などリアルタイムに応えます。

セキュリティレベルの高い動画配信
オンプレミス版システムについて確認する

「Bizlat」は、こんな企業にオススメ

世界規模で動画配信を行いたい企業

動画配信は日本国内だけでなく、世界規模で配信をしたいと思っている企業も多いでしょう。しかし世界規模で配信する場合、音声から文字起こしを行い、配信する国の言語へ翻訳し、字幕作成・挿入をしなければなりません。その手間を大幅に減らしてくれるのがBizlatです。

Bizlatでは音声から翻訳、字幕挿入に至るまでオートマティック化を実現。65か国の言語の翻訳機能があるので、様々な国々に動画配信を行うことができるでしょう。そのため企業側の作業負担がなくなり、翻訳の人手も減らすことが可能です。

動画配信を試してみたい企業

動画配信を一度もしたことがない企業にとって、導入するのはハードルが高いでしょう。それは動画配信するためには様々な機器を用意する必要があり、簡単に始めることができないからです。購入した機材が無駄になるかもと思えば、なかなか一歩が踏み出せないことも。

Bizlatならライブ配信のための機器をレンタルできるサービスがあります。そのためライブ配信の頻度が少ないとしても、機器が無駄になることがありません。さらに機器のメンテナンスもいらないので、企業にとってはメリットも多いサービスでしょう。

導入事例

導入事例1.株式会社フジテレビジョン

フジテレビでは、コンテンツ管理、編成、送出などの全ての管理を、Bizlatのクラウド上で行っているといいます。Bizlatの導入のきっかけは、クラウド上でこれまでの放送が行えるという点だったそうです。

クラウド上の放送システムをベースに新しいシステムを構築することで、より高い利便性を持つ動画配信システムを作ることに成功。さらに、これまでよりもコストパフォーマンスに優れた運用ができているようです。

導入事例2.日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社では、講演のリアルタイム配信のためにBizlatを導入したそうです。会場の聴講者に加え、インターネットの向こうで数万人が観覧している講演であり、失敗は許されませんでした。

Bizlatを選んだ理由は、動画配信システムにおいて豊富な実績を持っていることだったといいます。講演では、遅延のないシームレスな動画を配信することに成功。その講演もまた大成功となりました。

サービス・アフターメンテナンスについて

Bizlatでは実に様々なサービスを提供していますが、その中でも、特徴的なサービスについてご紹介しましょう。

動画配信プラットフォームの提供

すぐに動画配信が始められるように、Bizlatではクラウド型、オンプレミス型、アプライアンス型の3つのプラットフォームを用意しています。好みに合わせて環境を選ぶことができる上に、動画配信にかかる時間やコストを削減することも可能です。

システムに関するコンサルティングサービス

既に自社に導入されている既存のシステムを見直したいという場合、Bizlatのコンサルティングサービスが便利です。企業に適した動画配信システムを提案してもらえるので、現在のシステムに使いにくさを感じている場合でも適しているでしょう。もちろん、新規で動画配信システムを導入したいというときの相談にも乗ってもらえます。

動画配信に必要な機器のレンタルも

「動画配信システムを利用したいけど機器の購入費がかかる…」そんな悩みに応えてくれるのが、ライブ配信のための機器のレンタルサービスです。レンタルであればコストもかからずメンテナンスも不要。頻度が非常に低いライブ配信の際にも便利に利用できるでしょう。

会社概要

  • 運営会社:株式会社EVC
  • 住所:東京都千代田区神田和泉町1-1-7 東陽ビル4F
  • 設立:2003年4月22日

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

利用目的で選ぶ動画配信システム3選