これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選
動画配信システムの導入スターターガイド » 実際に見てみる!動画配信システムの導入事例 » 動画配信システムの災害現場・医療現場の導入事例を紹介

この記事の更新日: 2024年04月22日

動画配信システムの災害現場・医療現場の導入事例を紹介

災害現場で動画配信システムを導入するメリット

正確な被害状況をリアルタイムで把握できる

災害時には、被害の規模や被害地域、火災や渋滞の状況など、現場に行って見なければ分からない情報をリアルタイムに把握することができます。

地震や津波、台風などの災害時に、正確で新鮮な情報を持たないままむやみに動き回るのは非常に危険ですし、体力や時間の無駄となります。

被災者にとっても、どのタイミングで避難するべきか・どこに避難できるか・どの経路が安全なのかなどの重要な情報を得ることができます。

迅速な判断が生死を分けることもある災害の現場では、動画配信による情報発信が非常に重要な責任を担っていることになります。

的確な救助配分が可能になる

現場にいる人や被災者の訴えだけでは、実際にどの程度の被害や緊急性があるのかを正確に把握することは困難です。

動画という客観的な情報があるなら、必要性の大きい現場を優先しながら消防や救急などの救助を配分することができます。

医療現場で動画配信システムを導入するメリット

手術やリハビリの様子を関係者間で共有できる

手術や治療の一部、またリハビリの様子などを、医師や看護師や機能回復スタッフなど、医療に関わる様々な人の間で情報共有することが可能です。

これにより、言葉や文面だけでは伝わらない詳細な情報を間違いなく伝達することができ、ミスを未然に防ぐこともできます。

また、スタッフが一定の基準や規則を遵守した医療行為を行っているかを可視化することもでき、治療品質を一定の水準に保つこともできるでしょう。

トラブル時の証拠として保存

動画配信システムで提供された動画は、保存することも可能です。

病院側と患者側の間では、治療に関わる意向の相違やミスの疑いなどを巡って、しばしば衝突が起きることがあります。

このような場合でも、動画による記録は動かぬ証拠となり、問題を速やかに解決することにつながるでしょう。

災害や医療現場における動画配信システム活用事例

実際に災害現場や医療現場で動画配信システムを活用している事例をご紹介します。

災害時の概況把握のためのライブ配信システム活用事例

厚生労働省のHPに掲載されている資料では、大手町・ 丸の内・有楽町地区都市再生安全確保計画における作成部会(研究会)が開発した「災害ダッシュボード」(プラットホーム)を使い、各事業所・施設のライブ映像配信を実施した事例が紹介されています。「平成29年度千代田区帰宅困難者対応訓練」に合わせ、3月9日(金)に防災訓練を行った結果、災害時の状況把握、帰宅困難者対策、負傷者対応などに活用できる見立てがたっています。

動物病院協会における動画配信サービス活用事例

公益社団法人日本動物病院協会は所属会員限定として動画配信サービスを提供しています。主にJAHAの獣医師向セミナーや動物看護師セミナー、労務税務の最新情報等の動画を視聴できるサービスです。DVD化されていないセミナーや期間限定動画を配信することで、協会所属の不可価値を高め、会員増加を目指しているのだと考えられます。

オンプレミス版動画配信システムの特徴とおすすめ業者3選はコチラ!

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

利用目的で選ぶ動画配信システム3選