これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

この記事の最終更新日: 2021年12月13日

オンプレミスとクラウドの違い

オンプレミス版とクラウド版を比較!

オンプレミス版の動画配信サービスに対し、クラウド版の動画配信サービスもあります。

それぞれのサービスの違いを、あまり把握していない方も多いのではないでしょうか?

どちらのサービスを選ぶかで迷っている方は、それぞれの特徴や違いを知ることで、自社にピッタリなサービスを選べるようになりますよ。

【比較1】セキュリティ

オンプレミス版

オンプレミス版は自社内にサーバーを設置してデータを管理し、閉じられた社内ネットワーク上で運用します。そのため、外部ネットワークに触れることが無く、漏えいなどのリスクは少ないといえるでしょう。

クラウド版

クラウド版は社外の外部サーバーにデータを置き、インターネットを介してアクセスし運用します。そのため、外部からの脅威にさらされやすいという難点があります。この問題は、セキュリティサービスの利用などで軽減できます。

セキュリティの面で言えば、部外者が入り込みにくいネットワーク上で運用するオンプレミス版のほうがリスクが軽減されているということになります。

【比較2】コスト

オンプレミス版

サーバーの導入・構築の初期費用(イニシャルコスト)がかかります。また、管理のための人件費、運用費なども必要です。利用規模次第では、ランニングコストがかなり多額にかかってしまう可能性もあります。

クラウド版

自社で設備を整える必要がないため、初期導入費用はかかりません。管理は業者が行うため、管理費用もなし。ただし、利用人数やプランによって月額利用費が変動します。

短期利用・中規模ユーザー数であればクラウド版の方がコストを抑えて利用できます。ただし、クラウド版では1ユーザーごと月額料金が発生するプランもあり、ユーザー数が増えるとランニングコストはオンプレミス版を上回ることも。また、最低利用期間の定めがある業者が多く、途中解約は違約金が生じることもありますので注意しましょう。

【比較3】カスタマイズ

オンプレミス版

システムを1から構築し、自社で管理するオンプレミス版は、自社の要望や需要に合わせて自由にシステムを作ることができます。利用ユーザー数や運用の仕方の変更によってシステムを作り直すのも可能です。

クラウド版

外部サーバーを利用し、システムも既存のものから選び、その中にある機能しか使えないため、クラウド型ではそれほど自由度はありません。環境の変化などに合わせてシステムを変更することも、基本的にはできません。

オンプレミス版は、自社サーバーで管理するのですから、カスタマイズも自由。ユーザー数や必要な機能を増やすのも容易ですし、効率的に動画配信システムを使えます。

一方、クラウド版は個別対応が難しい点もあります。ユーザー数に上限があったり、与えられた機能のなかでチョイスしたりするのが一般的です。

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

クラストリーム

動画保存容量が3000時間!
研修動画等のナレッジ蓄積で
効率化を叶える

初期費用:
無料
月額費用:
55,000円~
保存容量:
1,024GB~4,096GB
(約3,000時間)

公式HPで詳細をチェック

Bizcl@sstream

1人単位でアカウント作成が可能!
利用人数に応じて
臨機応変に調整できる

初期費用:
無料
月額費用:
       
100,000円(※1)
(※1人100円で、
最低利用人数1000人~)
保存容量:
要問い合わせ

公式HPで詳細をチェック

videog

必要な機能だけオプション追加!
自社に合わせた
カスタマイズが可能

初期費用:
無料
月額費用:
5,500円
保存容量:
100GB〜

公式HPで詳細をチェック

 
※初期費用無料で、ライブ配信ができ、視聴制限機能(配信制限)に対応している3サービスをピックアップ(2021年5月調査時点)
※価格は、2021年10月の情報です。
※1.公式HPに価格の記載はありませんでした。
企業向け 安心と評判の動画配信システム3選