これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド
動画配信システム 3選

この記事の更新日: 2023年10月19日

DOOONUT

DOOONUT_キャプチャ画像

画像引用元:DOOONUT公式HP(https://www.somethingfun.co.jp/dooonut/)

株式会社サムシングファンが提供する動画配信システム「DOOONUT」

DOOONUTは、動画に特化した戦略・マーケティング支援ツールです。すでに動画運営に慣れている企業から、そうではない企業まで動画に関する全てをサポートしています。例えば SNS 連携や動画メディアのCMS機能・エンゲージメント分析など必要な機能を多数揃えています。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
アップロード容量3GB、120分まで/本 ストリーミング

費用

  Freeプラン インタラクティブ機能限定プラン DOOONUTライセンスプラン DOOONUT活用コンサル付きプラン DOOONUT動画制作年間契約プラン
初期費用 無料 50,000円 100,000円 300,000円~ 300,000円~
月額費用 無料 50,000円 100,000円 300,000円~ 500,000円~

こんな人におすすめ

DOOONUTはすでにビジネスへ動画を取り入れている企業から、活用を検討している企業までおすすめです。自社の動画活用がどのような段階であっても、幅広く動画マーケティングをサポートしてくれます。

その操作は直感的。例えば、一般的にプログラミングの知識が必要になる動画ポータルサイトの構築であっても簡単に行えます。このように、動画制作会社や動画マーケティングに不慣れな企業まで導入・活用しやすいマーケティングツールになっています。

「DOOONUT」3つのおすすめポイント

動画のマルチユース提案が可能

DOOONUTでは、動画のマルチユース提案を可能にしています。例えば広告やWeb・SNSでの利用など、現代では動画が一定の効果を生み出すプラットフォームは多く存在。動画制作ができるのは動画制作会社だけではなく、それ以外の企業であっても動画を活用し顧客のニーズに応え、信頼を勝ち取っていくことができるのです。

言い換えればプラットフォームに左右されずに、求められている情報を適切な方法で届けることが可能なサービスとなっています。

情報分析が簡単

DOOONUTでは、動画ごとの視聴データをPDFとして簡単に出力可能。これはデータを分析する上で重要なレポートになります。また、動画制作の目的は「ユーザーに見せるだけ」ではありません。動画を通じてCTA、つまりユーザーに何らかの行動を促す必要があります。

動画を十分に活用するためには、自社での情報分析が欠かせません。従来のように動画コンテンツの公開や配信をクライアントに任せきってしまう、というわけにはいかないのです。公開や配信各種レポートについても自社での一元管理をしていく必要があります。

何を持ってCTAとするかは自社の考え方や商材にもよりますが、最終的には資料請求や実際の購入などに繋げる必要があるのです。DOOONUTにはこのような成果を生み出すために「CTA機能」も搭載しています。

管理が簡単

幅広い運用が可能で情報分析が簡単だったとしても、その管理が複雑であればツールを最大限に活かすことは難しくなります。 DOOONUTでは、一つの管理者アカウントがあれば複数企業の動画メディアのアカウントの作成・管理が可能です。動画の公開や配信はもちろん動画の確認レビュー連携もワンストップで完結できるようになっています。

また、複数パターンにおけるABテスト機能もあるため、各提案の中で効果があった動画だけを広告・サイトで運用するといったことができます。 ABテストという、比較・検討が必要な部分においての管理も容易になっていると言えるでしょう。

セキュリティレベルの高い動画配信
オンプレミス版システムについて確認する

「DOOONUT」は、こんな企業にオススメ

映像制作を手掛ける会社

DOOONUTを活用することで、動画コンテンツを制作・提供して終わりにするのでなく、DOOONUTによって収集・管理した視聴データをレポートPDFとして出力し、今後の動画制作の参考にしたり新しいプロモーションマーケティング戦略のヒントとして活用したりすることが可能となります。

そのため、映像制作会社として単に映像を制作するだけでなく、クライアントのプロジェクトの発展を下支えしていける環境を整えられることは、クライアントへのアピールポイントとして有効でしょう。

動画だけでなく様々な種類のマーケティングも行いたい方

DOOONUTではメインの集客動画となる動画や関連動画、さらに企業の魅力をアピールするヘルプ動画といった動画をオンライン広告や動画CMとして提供するだけでなく、WEBサイトやSNSなど各メディアの特性に合わせた動画の作成も効率化できます。

また、DOOONUTでは動画クリエーターの派遣や動画制作の内製化サポート、SNSへの投稿管理といったサービスも提供しており、多角的なプロモーション活動を進めていきたい企業にとっておすすめです。

導入事例

データ解析・映像制作提案

総合広告代理店として東京と大阪に本社を構える矢動丸プロジェクトでは、テレビの情報番組の制作などを手がけており、2020年6月からはWEB向けの動画マーケティングツールを行うために「DOOONUT」を導入しています。

自社で制作した動画を配信した上でヒートマップ分析などを活かして視聴者からのフィードバックを収集し、新しい番組作りや動画制作へ活かすと共に、クライアント向けの商材として活用するなど幅広い利用法を取り入れているようです。

※参考元:DOOONUT公式ホームページ(https://www.somethingfun.co.jp/dooonut/case/yadoumaru)

動画マーケティング

工業製品からオフィス機器や農業製品まで様々な分野で事業を展開するマックスでは、特に建築工具製品を中心とした動画マーケティングをDOOONUTによって行っています。

DOOONUTを導入したのは2019年6月であり、クライアントのスマホ使用率が高まってきたこともあり、マルチデバイス対応の動画プラットフォームを探していたことが導入の理由でした。

2020年12月時点で94本の動画が掲載されており、動画を観た販売店からの注文も発生しているそうです。

※参考元:DOOONUT公式ホームページ(https://www.somethingfun.co.jp/dooonut/case/max)

主な機能

上記のような特徴に加えて、DOOONUTには動画マーケティングに役立つ機能が搭載されているのが魅力です。具体的には次の機能を備えています。

動画ポータルサイト構築

一口に動画ポータルサイトの構築といっても、そこには様々な機能が求められます。例えば、デザインのカスタマイズや独自ドメインの利用・スマホ対応などといった、サイトの立ち上げにおける基本的な部分です。 この基本的な部分が欠けるようであればユーザビリティとはかけ離れたサイトになってしまうでしょう。

また、ユーザビリティを強化した結果、検索エンジンの最適化もなされます。 他にもブログ・お知らせの投稿といった、更新のしやすさ魅力です。さらに会員制サイトの構築やGoogleAnalyticsとの連携も簡単に行えます。

インタラクティブ動画作成

インタラクティブを簡単に言えば「相互作用」のことです。

DOOONUTにおけるインタラクティブは動画の途中に画像やリンクを設置し画面遷移が可能になっています。この効果は非常に大きく、現代のWeb マーケティングには欠かせない手段の一つとなっています。画像と比べて動画の場合、CTAが2.5倍に増えた・ページへの誘導率が15%増加したという事例もあります。

もちろんインタラクティブ動画のクリック計測や動画CTA設置が大きな効果を生み出している要因といえるでしょう。

SNSへの一括投稿機能

各種事情の管理が一元化されているだけではなく、投稿についても一括で行います。

動画ポータルサイト・YouTubeやFacebook・Twitter といったプラットホームへの一括投稿も可能になっています。もちろん、一括投稿ができるだけではなく、予約投稿やハッシュタグの自動生成も可能になっています。

各SNSはただ投稿すればいいというわけではありません。各SNSユーザー(フォロワー)のアクティブな時間に合わせて投稿時間を調整していく必要があります。ただ、望ましい投稿時間が早朝や深夜に及ぶケースもあるでしょう。

そのような場合であっても、手動でする必要のない予約投稿は業務負担の大きな削減と効果を提供してくれるはずです。

サービスやアフターサービスなどについて

提供サービスとセキュリティ

手軽に使える低価格のものから充実したサポートを提供してくれるものまで、様々なサービスがあります。

  • Freeプラン:初期セットアップに加え無料でインタラクティブ機能を3個まで利用できるプラン
  • DOOONUTライセンスプラン・インタラクティブ機能限定プラン:インタラクティブ機能の本数無制限やオンラインサポートが可能なプラン
  • DOOONUT活用コンサル付きプラン・DOOONUT動画制作年間契約プラン:徹底的な活用を目指したサポートが魅力のプラン

セキュリティに関しては、サイト構築の基本である httpsによる通信暗号化に加えてIP制限やアクセスログの記録といったセキュリティ対策を行っています。またシステムの基盤にはAmazon Web Serviceを利用しているため、安定性や信頼性の確保にもつながっています。

柔軟なサポート体制

初期セットアップ は全プランで可能。DOOONUTライセンスプラン・インタラクティブ機能限定プラン以上はオンラインやキックオフミーティングを通じたサポートを行ってくれます。

活用コンサル付きプラン・動画制作年間契約プランでは戦略・運用サポート・専任ディレクターによる動画制作も可能です。なお「IT導入補助金2021」の対象ツールにもなっています。

会社概要

  • 運営会社:株式会社サムシングファン
  • 住所:東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル7階
  • 設立:2003年 3月 3日

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でもおすすめの動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」

クラストリーム_キャプチャ画像 画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)
月額費用:
55,000円~
データ転送料/月:
無料
保存容量:
1,024GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」

SmartSTREAM_キャプチャ画像画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)
月額費用:
52,800円~
データ転送料/月:
無制限(共用2Gbps以内)
保存容量:
100GB~
会員管理:
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」

ULIZA_キャプチャ画像画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)
月額費用:
9,900円~
データ転送料/月:
100GB/月~
保存容量:
50GB~
会員管理:
△(PROプランより有)
限定配信:
視聴制限(グループ機能):
実績:
500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

まずはチェック!
初導入でもおすすめの
動画配信システム業者3選

初めて動画配信システムを導入するとなると、データ転送量(流量)がどのくらいになるか、なかなか把握しづらいところです。データ転送量(流量)が少ないと、「画質」「動画尺」「再生回数」によっては、想定外の従量費を発生させてしまいかねません。また導入する社数の多いシステムであれば、それだけ信頼されているという証拠。ここではHP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社をご紹介。

大容量で選ぶなら
「クラストリーム」
クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://classtream.jp/)

月額費用:55,000円~
データ転送料/月:無料
保存容量:1,024GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:1,500社以上

公式HPで詳細をチェック

サポート対応で選ぶなら
「SmartSTREAM」
SmartSTREAM_キャプチャ画像
画像引用元:SmartSTREAM公式サイト(https://smartstream.ne.jp/)

月額費用:52,800円~
データ転送料/月:共用2Gbps以内まで月額費用内で対応
保存容量:100GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:約1,500契約

公式HPで詳細をチェック

小規模からの利用なら
「ULIZA」
ULIZA_キャプチャ画像
画像引用元:ULIZA公式サイト(https://www.uliza.jp/)

月額費用:9,900円~
データ転送料/月:100GBまで月額費用内で対応
保存容量:50GB~
会員管理:○
限定配信:○
視聴制限(グループ機能):○
実績:500社以上

公式HPで詳細をチェック

Google検索で「動画配信システム」と検索して50位以内にHPが掲載されている会社37社の中から、
HP上で「データ転送量」「実績」の情報確認ができた3社を以下の条件でニーズ分けしています。(2023年9月4日時点の調査)
大容量で選ぶなら「クラストリーム」…3社の中で保存容量が一番大きい
サポート対応で選ぶなら「SmartSTREAM」…3社の中で24時間365日の運用監視が唯一
小規模からの利用なら「ULIZA」…3社の中で10,000円(税込)以下から始められるプランが唯一

オンプレミス版動画配信システム3選

動画配信において、より高いセキュリティレベルを求めていらっしゃる企業さんは必見!ネットのアップロードが不要でより視聴範囲を限定できるオンプレミス版についてぜひチェックしてみてください。

オンプレミス版動画配信
システムを比較しました

企業向け 安心と評判の動画配信システム3選 企業向け 安心と評判の動画配信システム3選