これを見ればすべて解決!企業向け動画配信システムの導入スターターガイド

ビジネスで大活躍!動画配信システムのすべてをお届けしますはじめまして、私はとある企業の人事を担当しているジンジちゃんです。たくさんの企業から注目を浴びている動画配信システムについて、あなたはどれくらい知っていますか?このサイトでは、動画配信システムに詳しいドーガくんと一緒に、優良システムの選び方やおすすめの業者まで、多くの情報をお伝えしています。ぜひご参考にしてくださいね。

クラストリーム

クラストリーム_キャプチャ画像
画像引用元:クラストリーム公式HP(https://classtream.jp/)

限定ユーザーへの動画配信に特化「クラストリーム」

クラストリームは、会員や社員のみに配信するなど、ユーザー限定型の動画配信システムです。ユーザーを限定していることからセキュリティも万全で、機密情報を含んだ動画でも安心して利用できます。

また、閲覧履歴管理などログ(記録)の解析はもちろん、課金機能や購入履歴管理などの機能も標準装備。しかも、標準的なプランがリーズナブルな価格で提供されていることも、人気の理由です。

スペック

ID管理 課金機能 容量 配信方式
1,024GB(1TB) ストリーミング

費用

  スモールプラン スタンダードプラン
初期費用 0円 0円
月額費用 30,000円~100,000円 100,000円~

「クラストリーム」3つのおすすめポイント

多彩な機能が定額で使える!

クラストリームには、さまざまな機能が基本プラン内に備わっており、しかもリーズナブルという点が最大の魅力でしょう。会員限定に特化していることもあり、動画ごとの課金機能の設定や販売ができる課金機能、クレジットカード決済、会員へポイント付与といった機能も標準で搭載されています。

また動画の容量が無制限であるため、高画質な動画を何件でもアップロードし、同時再生させてもOK!他社では容量に制限があったり、容量ごとにオプション費用が発生したりするケースが多いなか、クラストリームはこれも基本プラン内に収めています。

さらに画期的なのが、2倍速の早送り再生でもしっかり聞こえる「聞こえる倍速」という機能も搭載。研修や授業など長時間の動画を効率よく視聴でき、復習や業務の効果も期待できます。

強固なセキュリティ&徹底した会員管理

ユーザー限定型の動画配信システムですから、ログインIDやパスワードなどセキュリティの点でも安心の機能を装備。動画はストリーミング方式の配信、暗号化も備わっており、いずれも基本プラン内に入っています。

また、管理のしやすさもポイント。誰がどの動画をいつ何回再生したのかといった、視聴履歴や課金状況のチェック、購入履歴なども一括管理されます。

使い方や料金体系がわかりやすい

動画配信システムについての知識やノウハウは必要なく、「インターネットで動画を視聴できる」程度の知識がある方なら、誰でも動画配信できる点が魅力です。また料金がとてもリーズナブルで、初期費用は0円、月額費用は30,000円から始められます。

このなかに、他社ではオプションとなるようなさまざまな機能が含まれているので、オプションの追加料金などの心配も一切不要。明朗会計な点もクラストリームの「わかりやすさ」です。

こんなサービスにおすすめ

クラストリームは以上の特徴などがある動画配信システムです。具体的に、どのようなサービスに活用できるのでしょうか。

クラストリームを活用しやすいサービスのひとつが、視聴者を限定するオンデマンド配信です。例えば、会社の営業マンや販売代理店のスタッフなどを対象に行う研修などに活用できます。研修動画をアップロードして営業マンなどが都合の良い場所と時間で視聴することにより、研修にかかる移動時間と移動コスト、人件費をカットできます。情報共有を速やかに行うことも可能です。もちろん、研修をライブ配信することもできます。チャット/コメント機能が搭載されているので質疑応答も可能です。研修などビジネスユースの利用に適した動画配信システムといえるでしょう。

この特徴を利用すればWebセミナーにも活用できます。クラストリームを活用するメリットは、準備の手間や会場代などがかからないことです。セミナーを録画しておけば、配信時間・配信範囲を変えるだけで何度でもWebセミナーを開催できます。アンケート機能が搭載されているので、セミナー終了後に感想を聞くことなども可能です。全国を対象にセミナーを開催できるので、ニッチな内容でも十分な集客を見込めます。

もちろん、1対1で行うサービスにもLIVE配信を活用できます。チャット/コメント機能が搭載されているので、双方向のやり取りが可能です。そのため、英会話の講義などに適しているといえるでしょう。動画配信システムの中では、低コストで導入できるので、小規模な事業者でも利用しやすいかもしれません。

導入事例

クラストリームは、次のジャンルの企業などに導入されています。どのような経緯で導入され、どのように活用されているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

大手企業

こちらの会社はファイナンシャル・グループなどと手を組んで、高品質なITソリューション・サービスを提供しています。具体的には、クレジットカード業務・銀行業務などの実績を活かし、企業の経営管理などに関わるサービスを提供しています。

同社がライブ配信の導入を検討した理由は、事業本部で上席の声を社員に伝えるため。この目的を達成するため、半期に一度行われるマネージャークラスの会議のライブ配信を検討し始めました。

会議のライブ配信で課題となったのがセキュリティ。そこで選ばれたのがクラストリームです。クラストリームには、通信の暗号化・特定ユーザーへの限定配信・ストリーミング配信などの強みがあります。これらの点が評価されて導入に至りました。今後は、全社的な取り組みとして拡大する可能性があるそうです。

以上のほかにも様々な企業などで導入されています。例えば、スキルアップに活かせる動画を社員向けに配信していたり、企業の会員向けにライブ配信や動画配信などを行っています。

もちろん、消費者に向けた動画を配信するためのシステムとしても導入されてます。この目的で導入しているのが、学習予備校です。同校では、受験生に向けて授業の動画を配信しています。また、化粧品関係の協会も、有料会員に向けて制作動画を公開しています。

以上の通り、クラストリームは幅広い企業などのサービスに導入されています。いわゆる業界大手の企業にも導入されているので、信頼性の高い動画配信サービスといえるでしょう。動画配信システムをお探しの方は、候補に加えるとよいかもしれません。

会社概要

  • 運営会社:株式会社アイ・ピー・エル
  • 住所:神奈川県厚木市中町4-9-17 ハラダセンタービル
  • 設立:1992年2月

TOPへ戻る

まずはチェック!初導入でも安心だと評判の動画配信システム業者3選

ミルヴィ

システム専用サポートセンター完備!トラブル時はいつでも相談可能

初期費用:
100,000
月額費用:
50,000円~

公式HPで詳細をチェック

クラストリーム

お得な費用と丁寧なサポートが好評!暗号化配信でセキュリティも万全

初期費用:
無料
月額費用:
30,000円~

公式HPで詳細をチェック

MOOGA

動画へテロップ挿入できちゃう!編集機能が充実したサービス

初期費用:
50,000
月額費用:
49,800円~

公式HPで詳細をチェック